金富神社

投稿日:

1150156-2018-02-2-10-02.jpg

福岡県築上町にある「金富神社」(きんとみじんじゃ)は、金富八幡宮とも呼ばれ、宇佐八幡宮の元宮と伝わる神社です。

1150154-2018-02-2-10-02.jpg

しかしながら、近年はそのネーミングから、宝くじ当選祈願で人気だとか。

1150158-2018-02-2-10-02.jpg

宇佐八幡宮の元宮といえば、神功皇后伝承で訪れた「大分八幡宮」や「筥崎宮」が有名ですが、ここもそうした神社の一つ。

1150160-2018-02-2-10-02.jpg

しかし宇佐神宮の謂れをを知った今となっては、宇佐神宮は宇佐神宮、元宮も何もないと思われます。
豊玉姫は宇佐の地に眠っているのですから。

1150162-2018-02-2-10-02.jpg

境内右手の高台に「菅原神社」があり、

1150159-2018-02-2-10-02.jpg

左手には池の中の小島に厳島神社がありました。
そこに祀られるのは「イチキシマヒメ」でしょう。

1150161-2018-02-2-10-02.jpg

池の中に小島を造って祀るのは、秦国から渡来した物部族が広めた祭祀形態です。
稲荷社も物部族が広めたと云います。

1150163-2018-02-2-10-02.jpg

この小島は道教の蓬莱山を表しているそうで、そこに徐福に嫁いだ市杵島姫を祀っているのだそうです。

1150164-2018-02-2-10-02.jpg

拝殿です。
御祭神は「仲哀天皇」「応神天皇」「神功皇后」とお馴染みの顔ぶれに、「高龗神」(たかおかみのかみ)「木花咲夜姫命」(このはなさくやひめのみこと)となります。

1150165-2018-02-2-10-02.jpg

由緒によると、豊前国京都郡の辛島族などが「ヤハタノカミ」を創祈、鎮座地は「ヤハタノカミ」の国魂としての古代宮址とされるそうです。

1150169-2018-02-2-10-02.jpg

「神亀元年(724年)、豊前守男人、藤井連毛が勅を奉じて宇佐に八幡神を祀る神殿(宇佐神宮)を造営するにあたり、神託により当地で斧立神事を行った。
その際に仲哀天皇・応神天皇・神功皇后の三神を勧請して創建された」と伝えられています。
一方、それ以前から宇佐八幡宮の元宮、若しくは霊地であったという説もあり、現在は「八幡神顕現の霊地」などと呼ばれています。

1150166-2018-02-2-10-02.jpg

創建当初は単に「やはた」「やばた」と呼ばれていましたが、9世紀頃から「八幡」を「はちまん」と読むようになったことから、「やはた」に相当する名称を「矢幡」と書き、矢幡八幡宮になったと推定されるそうです。

1150168-2018-02-2-10-02.jpg

社号が「絹富八幡」「金富八幡」へと変遷したのは、備前国各地に散在する国衙領であった「絹富名(きぬとみみょう)」の遺称に由来すると考えられているそうです。
かくして縁起良さげな社名となったのでした。

1150153-2018-02-2-10-02.jpg

社名・由緒はともかくとして、確かに霊地然とした深い杜が、そこに広がっていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中