初御代桜

投稿日:

3120419-2018-03-12-19-31.jpg

那珂川の一角にある「初御代桜」(ハツミヨザクラ)を見に行きました。

3120457-2018-03-12-19-31.jpg

那珂川には山中にマイガーデン「咲庵」があるので、この時期、遠目に見える四角いピンクの何某かが気になっていました。

3120451-2018-03-12-19-31.jpg

以来、何度か訪れていましたが、3月も上旬の頃、僕はこの花を梅とばかり思い込んでいました。

3120405-2018-03-12-19-31.jpg

改めて調べて見ると、初御代桜という桜だと言うではないですか、思い込みとは恐ろしい。。

3120450-2018-03-12-19-31.jpg

ここは間違いなく、個人の敷地です。
地主さんの心意気で、自由解放されています。
節度を持って、ありがたくお邪魔させていただきましょう。

3120408-2018-03-12-19-31.jpg

足を踏み入れると、桜が満開を迎えていました。

3120409-2018-03-12-19-31.jpg

まるで夢の世界に迷い込んだようです。

3120413-2018-03-12-19-31.jpg

初御代桜は、宮崎県の「篠原邦明」氏が、寒緋桜(カンヒザクラ)に啓翁桜(ケイオウザクラ)を交配して育成されたものなのだそう。

3120417-2018-03-12-19-31.jpg

枝の分岐から気根をだす性質があり、容易に繁殖することができるそうです。
開花時期が早めということもあって、各地で植栽されているということです。

3120418-2018-03-12-19-31.jpg

ネットで調べてみたら、滋賀とこの那珂川の情報がたくさん出ていました。

3120416-2018-03-12-19-31.jpg

この花房のかたまりよう、紛うことなき桜です、ね。

3120425-2018-03-12-19-31.jpg

少し高台を登って見ると、桜のトンネルができていました。

3120428e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2018-03-12-19-31.jpg

満点の星空を見ているようです。

3120430-2018-03-12-19-31.jpg

ところで思いますが、桜って撮影が難しいです。
もっと難しいのは梅ですね。

3120431-2018-03-12-19-31.jpg

花の美しさを十分に伝えるだけの構図が難しいです。

3120434-2018-03-12-19-31.jpg

丘の上まで登ると、古代祭祀跡のような磐座がありました。
ここは岩門城という城跡と、神功皇后が三韓出兵のおりに造らせた用水路「裂田の溝」(さくたのうなで)のすぐそばです。
古代にここで、祭祀が執り行われていたとしても、不思議ではありません。

3120433-2018-03-12-19-31.jpg

その先にも、ひっそりと桜が咲いていました。

3120438-2018-03-12-19-31.jpg

これは何でしょうか、桜以外の花々も咲いていたりします。

3120442-2018-03-12-19-31.jpg

気の早い満開の桜に、春と嘯くまぼろしを見せられているようでした。

3120449-2018-03-12-19-31.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください