忌部神社:八雲ニ散ル花 番外

投稿日:

c051820-2018-03-15-16-22.jpg

島根県東忌部町宮内、そこは忌部の里と呼ばれ、忌部川のそばに「忌部神社」(いんべじんじゃ)がありました。

c051821-2018-03-15-16-22.jpg

忌部氏といえば、玉造に所縁ある氏族ですが、若い女性の参拝客で華やいだ玉作湯神社に比べて、当社はやや侘びた風情があります。

c051822-2018-03-15-16-22.jpg

当地は、富家の分家の「太玉命」が住んでいたと云います。

c051823-2018-03-15-16-22.jpg

太玉の名は、勾玉を造ったことに依るそうです。

c051824-2018-03-15-16-22.jpg

彼は東出雲王家の事代主の息子「クシヒカタ」に従って、大和の葛城へ移住しました。
日本書紀にも、「忌部首の遠祖、大玉」の記述が残っています。

c051825-2018-03-15-16-22.jpg

由緒によれば、当社は明治期まで、大宮神社と称して天太玉命を主祭神としたとあります。

c051826-2018-03-15-16-22.jpg

創建は平安期で、天照大神を日御碕から、天児屋根命を春日大社よりそれぞれ勧請し、忌部神戸の神社の総社としての地位占めてきたそうです。

c051827-2018-03-15-16-22.jpg

拝殿内はとても清浄でした。

c051829-2018-03-15-16-22.jpg

太玉命は大和でも玉を造り続け、大和朝廷でも重要な役職を得るようになっていきます。

c051830-2018-03-15-16-22.jpg

忌部氏はのちに宮中祭祀を受け持ち、役職を首(おびと)から連(むらじ)へ、さらに物部族の重鎮に与えられる宿祢(すくね)ヘと昇位しました。

c051831-2018-03-15-16-22.jpg

そして平安期には、苗字を斎部と改めます。

c051832-2018-03-15-16-22.jpg

境内には様々な摂社が祀られています。

c051837-2018-03-15-16-22.jpg

その神跡を見渡すと、出雲王国の名残を色濃く残しています。

c051838-2018-03-15-16-22.jpg

さらにそれら摂社の奥には、とても神秘的な杜がありました。

c051833-2018-03-15-16-22.jpg

杜の中は散策できるようになっています。

c051834-2018-03-15-16-22.jpg

神社の隣は小学校になっていますので、昼下がりには子供たちで賑わうのでしょうか。

c051835-2018-03-15-16-22.jpg

宮中祭祀を任されるようになる忌部氏ですが、後に台頭してくる渡来系「中臣氏」によってその座を奪われてしまいます。

c051836-2018-03-15-16-22.jpg

故に忌部氏は、現代に謎多き氏族へとなっていったようです。

c051839-2018-03-15-16-22.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中