撞賢木厳御魂天疎向津姫命神社:斎王 番外

投稿日:

4170570-2018-04-19-22-09.jpg

「撞賢木厳之御魂天疎向津姫命」を祀る神社が奈良県桜井市大福にあります。
神社の名はずばり、「撞賢木厳御魂天疎向津姫命神社」(つきさかきいずのみたまあめさかるむかひつひめのみことじんじゃ)です。

4170578-2018-04-19-22-09.jpg

その神社はローカルな線路のそばにありました。

4170573-2018-04-19-22-09.jpg

細い路地の周りには民家が立ち並び、境内のすぐ前まで田が迫る立地に、こじんまりとある小社。
撞賢木厳之御魂天疎向津姫命は、神功皇后紀の仲哀9年3月、仲哀天皇に神託を下した神の名を、審神者である武内宿禰が問うたところ、その名が出て来ます。

4170571-2018-04-19-22-09.jpg

撞賢木厳之御魂天疎向津姫は、一般には天照大神のことであり、その荒御魂であると解釈されています。
しかし富家の伝承では、出雲の太陽の女神を伊勢に移した斎王「大和姫」が、実は「向家(富家)」の出身であり、故に「向津姫」と呼ばれることもあったと伝えていました。
向津姫は大和姫のことだったのです。

4170575-2018-04-19-22-09.jpg

撞賢木厳御魂天疎向津姫命神社は、一般的には「横内神社」と呼ばれているようです。
社地は古代の横大路に近接していたことが、名の由来かもしれません。

4170574-2018-04-19-22-09.jpg

一部の人は、撞賢木厳之御魂天疎向津姫命、また天照の荒御魂は、祓戸の神「瀬織津姫」と同体であると説きます。
それは度会氏の神道五部書、「倭姫命世紀」「天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記」「伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記」などに記載されているからというのがその根拠となっているようですが、この書はどこまで信用していいのか疑問を投げかける書でもあります。

4170577-2018-04-19-22-09.jpg

奈良県史では当社の祭神は、「撞賢木厳之御魂」と「天疎向津姫命」の男女の二柱の神と伝えています。
これは意外と真実をついていて、太陽神の荒御魂と大和姫の関係を表しているのではないかなどと夢想していました。

4170576-2018-04-19-22-09.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中