春日大社 後編:八雲ニ散ル花 72

御蓋山の西麓、朱の楼門「南門」にたどり着きました。 堂々たる風格。 南門の手前に、玉垣に囲まれた地面から突き出た石がありますが、これは「神石」と呼ばれています。 神が降り立った「神籬・磐座」であると云います。 もしくは「…

春日大社 前編:八雲ニ散ル花 71

奈良で最も有名な神社のひとつである「春日大社」、 その姿はとても優美で、広大な境内に囲まれた社殿は古から続く聖地としての風格を感じさせます。 春日大社といえば「鹿」。 鹿は神鹿として保護され、境内一帯に多く生息しています…

枚岡神社:八雲ニ散ル花 番外

大阪と奈良の境に連なる生駒山麓、その木々に囲まれた幽玄な杜に「枚岡神社」(ひらおかじんじゃ)があります。 枚岡神社は河内の国の一の宮で、「かおり風景100選」に選ばれる梅の名所でもあります。 参道を進むと狛犬ならぬ狛鹿が…