阿紀神社:斎王〜倭姫命世記を追う02

投稿日:

4160361-2018-05-28-11-00.jpg

トヨスキリビメから後事を託されたヤマトヒメは、生まれながらにして容姿端麗、聡明叡智、貞潔で神明に通じる、と云われていた。
崇神60年、ヤマトヒメは大和国の宇多秋宮に遷り、4年間奉斎した。

ある時、ヤマトヒメの夢に天照大神が現れ言った。
「高天原に坐した時、私が見た国に、私を祀りなさい」
そこで、ヤマトヒメは日の昇る東を向いて
「私の志に沿って行くところに、佳きところあれば、未婚の童女に逢えますよう」と祈祷し、幸行した。

ヒメがしばらく進むと、佐々波多の門、菟田の筏幡に差し掛かった時、童女が現れた。
「汝は誰ぞ?」
ヤマトヒメが問うと、、
「私は天見通命の孫、八佐加支刀部(やさかきとめ)の子、宇太乃大称奈(うだのおおねな)と申します」
と童女は答えた。

さらにヤマトヒメは、
「汝は私ともに、アマテラス様にお仕えされますか」
と問うと、宇太乃大称奈は、
「仕えさせていただきます」
と言った。

そして、ヤマトヒメはこの宇太乃大称奈を「大物忌」(おほものいみ)に定め、天岩戸の鍵を預け、近くに仕えさせたと云う。

c1d-2018-05-28-11-00.jpg

4160321-2018-05-28-11-00.jpg

宇陀市の山村に、「阿紀神社」(あきじんじゃ)がありました。

4160322-2018-05-28-11-00.jpg

元伊勢「宇多秋宮」に比定される当社の前には、五十鈴川と言わんばかりの小川が流れています。

4160323-2018-05-28-11-00.jpg

しっとりとした雰囲気の神社です。

4160324-2018-05-28-11-00.jpg

先ほどの小川には、降りて禊ができるようになっています。

4160328-2018-05-28-11-00.jpg

当社古文書では、神武東征の折、紀州熊野の難所を越し、大和国宇陀へ出て、当地阿騎野において御祖の神を祀ったとあります。

4160330-2018-05-28-11-00.jpg

その際、朝日を後に戴き、日神の御位勢を借りて賊軍を打ち払い、御運を開かせたのだと云います。

4160332-2018-05-28-11-00.jpg

神明造の社殿です。

4160335-2018-05-28-11-00.jpg

倭姫命世記によると、ヤマトヒメはここに4年滞在し、奉斎したとあります。

4160337-2018-05-28-11-00.jpg

その時天照大神から、自分の望む場所へ祀るよう、神託を受けます。

4160331-2018-05-28-11-00.jpg

それに対し、ヤマトヒメはその神託を確かめるため、真ならこの先で童女に合うよう祈祷しました。

4160338-2018-05-28-11-00.jpg

すると正しくその通りに、宇太乃大称奈という童女に出会ったということです。

4160339-2018-05-28-11-00.jpg

宇太乃大称奈は、「黒き心を無くして、丹き心を以って、清く潔く斎み慎み、左の物を右に移さず、右の物を左に移さず、左を左とし、右を右とし、左に帰り右に回ることも、万事違うこともなくして、アマテラスに仕えた」と記されています。
はじめをはじめとし、もとをもとにする所縁と伝えられていました。

c1d-2018-05-28-11-00.jpg

4160343-2018-05-28-11-00.jpg

ヤマトヒメの旧跡、「照巣」(てれす)なるものがあると、境内に記されていましたので訪ねてみます。

4160346-2018-05-28-11-00.jpg

境内を出てすぐに、「高天原」という看板を見つけました。

4160344-2018-05-28-11-00.jpg

ここは阿紀神社の旧社地で、かつて天照大神を祀っていた場所だと云います。
そして「照巣」とは、さらにその昔に、天照を祀っていた聖地なのだということのようです。

4160348-2018-05-28-11-00.jpg

とりあえず高天原とやらを目指します。

4160349-2018-05-28-11-00.jpg

しばらく丘を登っていくと、

4160352-2018-05-28-11-00.jpg

その場所が見えてきました。

4160353-2018-05-28-11-00.jpg

高天原と記された石垣の上には、

4160355-2018-05-28-11-00.jpg

小さな石が置かれていました。

4160362-2018-05-28-11-00.jpg

c1d-2018-05-28-11-00.jpg

4160364-2018-05-28-11-00.jpg

阿紀神社境内にあった地図を頼りに、照巣を探します。

4160365-2018-05-28-11-00.jpg

しかし特に案内板・看板があるわけでもなく、

4160366-2018-05-28-11-00.jpg

難航しました。

4160367-2018-05-28-11-00.jpg

山の神と彫られた、小さな石を見つけましたが、どうやらこの辺り一帯が「照巣」のようで、明確な石碑などは無いようです。
ヤマトヒメはこの辺りで、天照大神を祀った、ということになるのでしょうか。
ここで神託を受け、ヒメの長い旅が始まるのです。

4160368-2018-05-28-11-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中