鳥海山・丸池様

投稿日:

p6040630-2018-07-3-21-00.jpg

山形と秋田の県境にある「鳥海山」、その麓に、「丸池様」と呼ばれ信仰される、奇跡の池がありました。

c1d-2018-07-3-21-00.jpg

6040547-2018-07-3-21-00.jpg

福岡を飛び立ち、仙台空港に降り立ちます。
山形に向かうのに、なぜ宮城の仙台なのかと言うと、福岡からの直行便は主に仙台便になるからです。
東北は高速道路が充実していますので、仙台からレンタカーを利用すると便利です。
仙台空港には、「東北地方太平洋沖地震」の時の、津波の水位が記してありました。

6040678-2018-07-3-21-00.jpg

レンタカーを走らせて約3時間、「丸池様」を目指しますが、そこで見えてくる美しい山が「鳥海山」(ちょうかいさん)。
その姿から「出羽富士」と呼ばれ親しまれています。
また秋田県では「秋田富士」、山形県では「庄内富士」とも呼ばれます。

6040680-2018-07-3-21-00.jpg

この辺りの長閑な田園風景は、映画「おくりびと」の舞台にもなっています。

6040565-2018-07-3-21-00.jpg

道の駅があったので、腹ごなしに”ふらっと”立ち寄りました。

6040556-2018-07-3-21-00.jpg

そこで目についた串焼きにされた物体。
それはなんと「カレイ」でした。

6040560-2018-07-3-21-00.jpg

カレイの串焼きは、びっくりするほどジューシーで、中から油がジュワッと溢れるほどです。
他にも魚介類が豊富で、海の養分をたっぷり補充することができました。

6040564-2018-07-3-21-00.jpg

c1d-2018-07-3-21-00.jpg

6040567-2018-07-3-21-00.jpg

丸池様を訪れる前に、「鳥海山大物忌神社」へ向かいます。

6040573-2018-07-3-21-00.jpg

鳥海山大物忌神社は、鳥海山山頂の「御本殿」とその麓にある「吹浦口ノ宮」、「蕨岡口ノ宮」の三社で構成されています。

6040575-2018-07-3-21-00.jpg

鳥海山の登山口は、主要なものだけで矢島、小滝、吹浦、蕨岡の4ヶ所があり、各登山口ごとに異なる伝承・信徒が構成されていました。
かつて、それぞれの信徒らが互いに反目し、どこが一山を支配するかでもめることも多かったそうです。

6040578-2018-07-3-21-00.jpg

現在はこの「吹浦口ノ宮」に社務所が置かれ、当社と「蕨岡口ノ宮」を里宮、山頂に御本殿という形で落ち着いています。

6040579-2018-07-3-21-00.jpg

「吹浦口ノ宮」の社伝によれば、第12代景行天皇の御代当国に現れ、神社の創祀は第29代欽明天皇25年(564年)の御代と伝えられています。

6040581-2018-07-3-21-00.jpg

鳥海山は活火山で、噴火などの異変が起こると朝廷から奉幣があり鎮祭が行われました。

6040582-2018-07-3-21-00.jpg

後に「出羽国一之宮」となり、歴代天皇の崇敬篤く、鎌倉幕府や庄内藩主の社殿の造修など、時々の武将にも崇敬されてきたと云います。

6040583-2018-07-3-21-00.jpg

かつての山上は、蕨岡宗徒が直接奉仕し、吹浦はその末社であるとの位置付けでした。
しかし明治元年(1868年)の神仏分離令への対応で吹浦は蕨岡に先行し、明治2年、当社は大物忌神社としての主要な位置付けになりました。

6040587-2018-07-3-21-00.jpg

長い階段を登り終えると、拝殿が姿を現しました。
標高2,236mの鳥海山。
その龍脈のひとつが吹浦口之宮付近にあると云います。

6040588-2018-07-3-21-00.jpg

そのパワーは、この拝殿前に溜まっているのだとか。

6040594-2018-07-3-21-00.jpg

本殿は二棟あり、手前に大物忌神、奥に月山神を祀ります。

6040598-2018-07-3-21-00.jpg

向かって左奥にさらに階段があり、

6040599-2018-07-3-21-00.jpg

上には白山神社、境内社、

6040603-2018-07-3-21-00.jpg

雷電神社などが鎮座します。

6040600-2018-07-3-21-00.jpg

横を見れば、月山神社の本殿が間近に、

6040606-2018-07-3-21-00.jpg

奥に大物忌神社の本殿が見えます。

6040605-2018-07-3-21-00.jpg

朱色鮮やかな、雅な社殿でした。

6040608-2018-07-3-21-00.jpg

c1d-2018-07-3-21-00.jpg

6040687-2018-07-3-21-00.jpg

古来より信仰厚い鳥海山。
その支配権においては、各宗派の壮絶な論争がありました。

6040689-2018-07-3-21-00.jpg

最終的には蕨岡の信徒がその権利を得、勢力を伸ばしたので、通常山頂を通る県境は、鳥海山では不自然に秋田側へ張りだしていて、鳥海山は完全に山形県の山になっています。

6040691-2018-07-3-21-00.jpg

その「蕨岡口ノ宮」へやってきました。

6040692-2018-07-3-21-00.jpg

古びた神門に、往年の風格を感じます。

6040695-2018-07-3-21-00.jpg

鳥居から参道を折れると、

6040696-2018-07-3-21-00.jpg

大きな社殿があります。

6040700-2018-07-3-21-00.jpg

ここは、2014年公開の映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』で、ロケに使われたところだそうです。
そのシーンは、緋村剣心と沢下条張が決戦を行う京都の神社の舞台でした。
沢下条張はホウキ頭の「刀狩の張」です。

6040702-2018-07-3-21-00.jpg

ところで祭神の「大物忌大神」、

6040703-2018-07-3-21-00.jpg

この神は記紀に登場せず、謎の多い神とされます。

6040705-2018-07-3-21-00.jpg

『神祗志料』や『大日本国一宮記』では、大物忌大神と倉稲魂命が同一視されています。

6040706-2018-07-3-21-00.jpg

大物忌という響きは、三輪山に祀られる「大物主」を連想させます。
この神が同一の神であるとするなら、大物忌大神の正体は「事代主」であるということになります。

6040708-2018-07-3-21-00.jpg

事代主は、古代出雲王国の偉大な8代目副王「八重波津身」でした。

6040709-2018-07-3-21-00.jpg

同じ山形の修験の山「出羽三山」にも出雲系大和族の登美家「健角身」の足跡があります。

6040710-2018-07-3-21-00.jpg

また出雲にある霊山の一つ「船通山」(せんつうざん)は、古来「鳥上山(鳥髪山)」と呼ばれており、「鳥海山」との響の類似も気になります。

6040712-2018-07-3-21-00.jpg

境内の奥にあった、苔むした階段を登ると、「峯中碑伝」(ぶちゅうひで)という石碑がありました。

6040713-2018-07-3-21-00.jpg

これは山伏の峯入り修行の記念碑で、梵字が刻まれています。

6040715-2018-07-3-21-00.jpg

この先に鳥海山の拝殿跡があるようですが、それはもう、道の相を呈していませんでした。

6040714-2018-07-3-21-00.jpg

c1d-2018-07-3-21-00.jpg

6040611-2018-07-3-21-00.jpg

いよいよ「丸池様」へ向かうことにします。

6040613-2018-07-3-21-00.jpg

そこは田園の中の、こんもりとした森にありました。

6040614-2018-07-3-21-00.jpg

ひっそりと人目を偲ぶように佇む、青い池。

6040646-2018-07-3-21-00.jpg

そのほとりに神社があります。

6040616-2018-07-3-21-00.jpg

「丸池神社」と呼ばれ、瑠璃色の池そのものを御神体とし、「田心姫命」「多岐津姫命」「市杵島姫命」の宗像三女神を祀ります。

6040624-2018-07-3-21-00.jpg

当社は鳥海山の大物忌神社境外末社になっていました。 

p6040662-2018-07-3-21-00.jpg

丸池様の周りはロープが張っており、基本的に淵に近づくことはできませんが、

6040661-2018-07-3-21-00.jpg

一箇所だけ手水場が設けてあり、そこだけは池の水に触れることができるようになっています。

6040648-2018-07-3-21-00.jpg

畏怖を感じさせるほどの透明度、

p6040621-2018-07-3-21-00.jpg

その水は光を受けて鏡面のように、周囲の景色を映し出します。

6040651-2018-07-3-21-00.jpg

晴れた日の正午前後が最も美しいと言われ、

6040653-2018-07-3-21-00.jpg

その池に腐敗することなく沈む倒木は、龍神のようにさえ見えます。

6040655-2018-07-3-21-00.jpg

前九年の役の時、源氏の「鎌倉権五郎景政」という者が「安部宗任」(あべのむねとう)に左の眼を弓で射られました。
景政は同輩に矢を抜いてもらい、この丸池で眼を洗ったところ、池は真っ赤に染まり、それ以来この池に棲む魚はみな片目になったと云われています。

6040669-2018-07-3-21-00.jpg

景政は「平景政」(たいらのかげまさ)とも呼ばれる、平安時代の武将だそうです。

6040672-2018-07-3-21-00.jpg

この話を聞いた時、「蟲師」のある一話を思い出しました。
雰囲気といい、元ネタは案外、丸池様なのかもしれません。

6040674-2018-07-3-21-00.jpg

鳥海山からの伏流水を水源とする丸池様は、山上の湖「鳥海湖」と水脈が地中で通じているとも云われています。
近辺には小山崎遺跡、柴燈林遺跡など縄文の遺跡群も存在し、ロマンあふれる聖域となっていました。

p6040667-2018-07-3-21-00.jpg

1703e9b3a5e6b5b7e5b1b1e5a4a7e789a9e5bf8ce7a59ee7a4be-2018-07-3-21-001.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください