水城:八雲ニ散ル花 番外・天智伝 01

「私は、この国を滅ぼしかけた王として、歴史に名を残すであろう。」 男の顔には、深い皺が刻まれていた。 … 葛城皇子は息長系の34代「田代大王」(舒明)と、35代と37代の2代にわたり大王を務めることになる「宝姫」(皇極・…