3度目の月山

投稿日:

9180501-2018-09-23-23-00.jpg

好きになり過ぎた山形。
昨年10月から、この9月までの一年間で、地元福岡から訪れた回数4回。

9180403-2018-09-23-23-00.jpg

そしてその4回のうち、出羽三山の最高峰「月山」へ登った回数、3回。
いったいどんだけ、

9180416-2018-09-23-23-00.jpg

月山好きなんだ~~~~~~~~~

9180415-2018-09-23-23-00.jpg

~~~ぁ!
と、赤面告白をしながら、三たび登って来ました。

9180420-2018-09-23-23-00.jpg

今回選んだコースは最初に登った「志津リフト口コース」をチョイス。
序盤はなだらかな木道が続きますが、

9180424-2018-09-23-23-00.jpg

やがて本格的な山道となっていき、傾斜の激しい岩場へとつながっていきます。

9180502-2018-09-23-23-00.jpg

昨年10月の登山では、完熟の紅葉を見せてくれた月山。
完熟すぎて初雪(吹雪)のおまけ付きでした。

9180499-2018-09-23-23-00.jpg

今回は9月中旬ということもあり、紅葉は期待していませんでしたが、成り始めの山紅葉は、それはそれで美しい景色を見せてくれます。

9180434-2018-09-23-23-00.jpg

足が悲鳴を上げ始める岩場においても、

9180437-2018-09-23-23-00.jpg

視線を移した先の紅が、疲れを忘れさせてくれるのです。

9180492-2018-09-23-23-00.jpg

c1d-2018-09-23-23-00.jpg

9180486-2018-09-23-23-00.jpg

今日は基本的に晴れているものの、月山は標高1,984mの山であり、山頂は雲に覆われていることも少なくありません。

9180485-2018-09-23-23-00.jpg

この日も日が差し込んでいるかと思いきや、急に暗い霧が覆いかぶさって来たり、身をとられそうになる風に襲われたり、油断できません。

9180496-2018-09-23-23-00.jpg

月山の初心者用登山コースとして、登頂約2時間の、この志津リフト口コースと、
登頂約3時間の「羽黒山口コース」があります。

9180442-2018-09-23-23-00.jpg

初心者用とはありますが、僕の感覚では宝満山を2回登るに等しいくらいのそれぞれのコース。

9180445-2018-09-23-23-00.jpg

もういい、もうこれっきりで月山はいいだろう、といつも思いながら、
気付けばまた登っています。

9180446-2018-09-23-23-00.jpg

そして心がくじけそうになる頃、ようやく山頂の神殿が姿を表すのです。

pastedgraphic-2018-09-23-23-00.png

前回は解読不能だった芭蕉の碑も、

p9180448-2018-09-23-23-00.jpg

「雲の峰いくつ崩れて月の山」
はっきり見ることができました。

9180466-2018-09-23-23-00.jpg

月山はほとんどと言っていいほど、山頂は雲に覆われています。

9180463-2018-09-23-23-00.jpg

しかし風が吹きすさぶその時、

9180470-2018-09-23-23-00.jpg

真の天空の神殿が姿を見せるのです。

9180480-2018-09-23-23-00.jpg

恥ずかしがり屋な女神が見せる一瞬の姿。
今回の登山はこの景色を見るために登ってきました。
そしてまた彼女に会うために、度々僕は、この山を登るのでしょう。
完全に晴れ渡った時は、背後に鳥海山も見えるそうです。

p9180441-2018-09-23-23-00.jpg

紅葉もまばらではありましたが、緑の中に染まる紅は、侘びて美しさを奏でていました。

9180473-2018-09-23-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください