平戸、海のものがたり

投稿日:

a161026-2018-10-17-20-53.jpg

長崎の平戸で、平戸城を中心としたライトアップが行われていましたので、行ってきました。

a160802-2018-10-17-20-53.jpg

会場内の入り口はいくつかあるようですが、僕は正面入り口と思われる「亀岡神社」参道から伺いました。

a160811-2018-10-17-20-53.jpg

まっすぐに伸びた参道の入り口が、最初のモニュメント「光の参道」。

a160810-2018-10-17-20-53.jpg

いきなり気持ちを持って行かれました。

a160805-2018-10-17-20-53.jpg

怪しく浮かぶ鳥居と、時とともに色が移ろう光の参道。

a160804-2018-10-17-20-53.jpg

かっこいい。
これは期待できます。

バチバチ音がしているのは雨の音です。。

a160813-2018-10-17-20-53.jpg

c1d-2018-10-17-20-53.jpg

a160818-2018-10-17-20-53.jpg

続いて「デジタル歴史絵巻」というコーナーがあります。

a160822-2018-10-17-20-53.jpg

平戸ゆかりの歴史人の紹介が、巻物を広げるように流れていきます。

a160824-2018-10-17-20-53.jpg

奥の石垣が

a160827-2018-10-17-20-53.jpg

爆発したかと思うと、

a160825-2018-10-17-20-53.jpg

中から鎧武者の姿が浮かび上がります。

a160836-2018-10-17-20-53.jpg

この「平戸城」のライトアップは、再築城300周年を記念して行われているそうです。

a160839-2018-10-17-20-53.jpg

手がけるクリエイティブチームは3つ。

a160830-2018-10-17-20-53.jpg

ZERO-TEN
各種映像、CG制作、WEB、アプリなどの開発・制作、イベント運営企画などを展開。
長崎市「軍艦島デジタルミュージアム」「DRUMTAO」の映像制作などを手掛けているクリエイティブカンパニー。

a160844-2018-10-17-20-53.jpg

FJ.eWorks
商業施設の総合プロデュースを行うマネジメントのプロ集団。
福岡城さくらまつりなど、大型イベント等のプロデュースも手掛ける。

a160862-2018-10-17-20-53.jpg

NAKED
1997年、村松亮太郎を中心に設立されたクリエイティブカンパニー。
映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。

a160846-2018-10-17-20-53.jpg

と紹介されています。

a161022-2018-10-17-20-53.jpg

このライトアップのタイトルが – 光と音が織りなす幻想祭 -『平戸、海のものがたり』。

a160812-2018-10-17-20-53.jpg

コンセプトは「海で栄えた城の、音と光の歴史絵巻」なのだそうです。

c1d-2018-10-17-20-53.jpg

a160858-2018-10-17-20-53.jpg

再び鳥居が見えてきました。

a160870-2018-10-17-20-53.jpg

階段を上ると、これまた輝く、光の参道です。

a160872-2018-10-17-20-53.jpg

素晴らしい演出です。

a160873-2018-10-17-20-53.jpg

個人的には、「teamLab」の演出の上を行っているように思います。

a160881-2018-10-17-20-53.jpg

御船山楽園のライトアップは確かに綺麗でしたけど、連続性や演出の密度が、平戸城の方が質が上だと思われます。

a160890-2018-10-17-20-53.jpg

亀岡神社の社殿が見えてきました。
まるで龍宮城のよう。
奥に天守も見えています。

a160892-2018-10-17-20-53.jpg

そう、参道を歩いていると、まるで龍宮城に訪れたような錯覚を感じさせます。

a160900-2018-10-17-20-53.jpg

アトラクションの中でも、一番僕が気に入ったのが「海の神楽殿」。

a160897-2018-10-17-20-53.jpg

ほんとうにそこに、巨大な水槽があるかのような演出。

a161010-2018-10-17-20-53.jpg

神楽殿には透けて見えるシルクスクリーンが張られ、3台のプロジェクターを使用してホログラム演出しているようです。

a160893-2018-10-17-20-53.jpg

ゆったり流れるBGMも素敵です。

a160910-2018-10-17-20-53.jpg

かなりの時間、佇んでいました。

a160911-2018-10-17-20-53.jpg

そして社殿へ。

a160901-2018-10-17-20-53.jpg

しっかり参拝も忘れてはなりません。

a160903-2018-10-17-20-53.jpg

c1d-2018-10-17-20-53.jpg

a161018-2018-10-17-20-53.jpg

社殿前にはステージが設けられています。
週末と祝日にはショーも行われているそうです。
残念ながら、今日は平日。

a160913-2018-10-17-20-53.jpg

諦めて平戸城天守閣に向かうとします。

a161005-2018-10-17-20-53.jpg

暗い道を歩いて行くと、

a161004-2018-10-17-20-53.jpg

城が見えてきました。

a160923-2018-10-17-20-53.jpg

美しくライトアップされる城。

a160920-2018-10-17-20-53.jpg

しばらくすると、当イベントのクライマックス、城のプロジェクションマッピングショーが始まりました。

a160927-2018-10-17-20-53.jpg

勇壮・幽玄なBGMとともに、姿を変える天守閣。

a160928-2018-10-17-20-53.jpg

時には妖艶に、

a160939-2018-10-17-20-53.jpg

時には華やかに、

a160940-2018-10-17-20-53.jpg

絵巻を見るように、装いを変える城。

a160945-2018-10-17-20-53.jpg

潜伏キリシタンの歴史から西洋・東洋のデザインまで、物語のように映像が流れます。

a160968-2018-10-17-20-53.jpg

5分ほどのショーですが、あっという間に終わってしまいました。

a160974-2018-10-17-20-53.jpg

c1d-2018-10-17-20-53.jpg

a160981-2018-10-17-20-53.jpg

天守閣の先には物見櫓もライトアップされていました。

a160982-2018-10-17-20-53.jpg

そこから見える平戸の海。

a160985-2018-10-17-20-53.jpg

ロマンチックです。

a161008-2018-10-17-20-53.jpg

ライトアップは、実際の風景より劣るものだと思っていましたが、どうしてこれほど楽しませてくれます。

a161009-2018-10-17-20-53.jpg

「平戸、海のものがたり」は2018年10月31日まで。
はるばるやってきた甲斐がありました。

a161020-2018-10-17-20-53.jpg

2件のコメント 追加

  1. 匿名 より:

    CHIRICO, thanks! And thanks for sharing your great posts every week!

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      You are welcome!
      Sorry,I don’t speak English…

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中