八方池

投稿日:

a030456-2018-10-18-08-00.jpg

北アルプス・飛騨山脈北部に位置する白馬連峰(しろうまれんぽう、はくばれんぽう)。
その唐松岳に伸びる「八方尾根」中腹に、白馬連峰を映す神秘の池「八方池」があるというので行ってみました。

happo_map1-2018-10-18-08-00.jpg

白馬といえばスキーで有名なところ。
リーフレットを見てみると、ゴンドラとリフトを乗り継げば、トレッキング気分で八方池に行けそうです♪

happo_map2-2018-10-18-08-00.jpg

ちょいちょいっと行けば、この絶景が堪能できるんですよ、これは行くっきゃない!
と、ここで敢えてよそ様の写真を引用していることから、察しの良いあなたはこの先の展開を予想するかもしれません。

c1d-2018-10-18-08-00.jpg

a030393-2018-10-18-08-00.jpg

まずはアルペンラインの八方駅からゴンドラに乗ります。

a030401-2018-10-18-08-00.jpg

ここから標高630m分を、わずか8分で駆け上がります。
駅から飛び出すゴンドラは、ジェットコースターを思わせる勢いです。

a030484-2018-10-18-08-00.jpg

到着した場所は標高1400mの兎平(うさぎだいら)。
オープンテラスもあり、見晴らし最高です。

a030409-2018-10-18-08-00.jpg

続いて2つのリフトを乗り継いで、標高1830mの「八方池山荘」まで登ります。

a030412-2018-10-18-08-00.jpg

ひとつ目のリフトは7分。
ぐいぐい上ります。

a030411-2018-10-18-08-00.jpg

鎌池と呼ばれる場所に到着。

a030413-2018-10-18-08-00.jpg

この辺りからぼちぼち紅葉も見れます。

a030418-2018-10-18-08-00.jpg

標高1680m、鎌池湿原が広がります。

a030419-2018-10-18-08-00.jpg

季節によっては、様々な高山植物も花を咲かせるそうです。

a030420-2018-10-18-08-00.jpg

再びリフトに乗ります。

a030421-2018-10-18-08-00.jpg

これらのリフトも、勢いよく駅を飛び出します。
ここから5分、なかなかのスリル。

a030422-2018-10-18-08-00.jpg

美しい尾根が見えてきました。
標高2696mの唐松岳から、四方八方に尾根が延びていることから名付けられたという「八方尾根」。

a030424-2018-10-18-08-00.jpg

流石にこの辺りまで来ると空気の薄さと寒さを実感します。
長袖シャツ一枚で来ていた僕は、売店でフリースの上着を購入しました。

a030426-2018-10-18-08-00.jpg

さて、いよいよ到着です。

a030431-2018-10-18-08-00.jpg

横を望めば、そこにはもう白馬連峰の姿が。
わくわくです。

a030433-2018-10-18-08-00.jpg

しかぁし、見上げて愕然。
…これを登るのか。

a030434-2018-10-18-08-00.jpg

お気楽トレッキングを想像していた僕は、全く意表を突かれました。

a030435-2018-10-18-08-00.jpg

でも横を見れば絶景が。

a030437-2018-10-18-08-00.jpg

登ります。

a030438-2018-10-18-08-00.jpg

絶景。

a030439-2018-10-18-08-00.jpg

駅があんなに遠くに。

a030440-2018-10-18-08-00.jpg

八方池に行くルートは2つあって、険しい岩場の登山コースと、なだらかな木道コースが用意されています。

a030441-2018-10-18-08-00.jpg

なだらかな木道コースを行けばいいじゃない、って思いますが、下りの岩場は膝を痛めやすいので、登りで岩場を行くコースを勧めてあります。
なので、この険しい道を登っているのです。

a030442-2018-10-18-08-00.jpg

途中ケルンと呼ばれる指標のようなものが建っています。
そして標高2005mの、この第二ケルンまで来たらもう一息ってリーフレットには書いてありますよ。

a030443-2018-10-18-08-00.jpg

でもそんな甘い言葉に惑わされてはいけません。
まだまだ道は続きます。

a030445-2018-10-18-08-00.jpg

なんか人の顔のような塔が建っています。
標高2035mの「八方ケルン」です。

a030446-2018-10-18-08-00.jpg

眺めはいいです。

a030447-2018-10-18-08-00.jpg

でも道は続きます。

a030448-2018-10-18-08-00.jpg

そしてようやく目的地へ。

a030450-2018-10-18-08-00.jpg

リーフレットをよく読めば、八方池山荘から八方池までは約2.5km、目安の所要時間(片道)は約90分とありました。

a030451-2018-10-18-08-00.jpg

きた~っ!!

a030452-2018-10-18-08-00.jpg

ぜっけ~いっ!!

a030454-2018-10-18-08-00.jpg

あれ?

a030455-2018-10-18-08-00.jpg

なんか意外に小さい、八方池。

happo_map2-2018-10-18-08-00.jpg

こんな感じじゃなかったのか?!

a030457-2018-10-18-08-00.jpg

写真じゃ分からんもんです。

a030458-2018-10-18-08-00.jpg

まあ、風景は間違いなし、ってあれ?

a030470-2018-10-18-08-00.jpg

真っ白になって来ました。。
何も見えません。。。

a030459-2018-10-18-08-00.jpg

登山中にすれ違った老夫婦は、「いい時に来たね!」って話していました。
きっとさっきまでは絶景が広がっていたのでしょう。
時遅し。。

a030465-2018-10-18-08-00.jpg

んでも悔しいので、なんか面白い写真を撮ってみます。

a030463e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2018-10-18-08-00.jpg

おお、なんかウユニ塩湖みたいな写真が…
いや、真っ白やし。。

a030468-2018-10-18-08-00.jpg

a030474-2018-10-18-08-00.jpg

a030475-2018-10-18-08-00.jpg

帰るか。。

a030476-2018-10-18-08-00.jpg

この日の朝は戸隠巡りをしたので、到着が遅くなったんですよね。
やはりここぞという場所は、朝一で出かけないとダメだなという教訓。

a030478-2018-10-18-08-00.jpg

こいつが「また来いよっ!」って言っていました。。

a030479-2018-10-18-08-00.jpg

下りは木道。

a030481-2018-10-18-08-00.jpg

そして下りのリフトは絶叫ものでした。
ヒャッホーゥ!

a030482-2018-10-18-08-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中