仁科神明宮

投稿日:

a020233-2018-10-19-07-50.jpg

長野県大町市に、国宝にして日本最古の神明造の社があるというので訪ねてみました。
「仁科神明宮」(にしなしんめいぐう)です。

a020218-2018-10-19-07-50.jpg

大きな一ノ鳥居が見えてきましたが、この先まで進むと駐車場があります。

a020221-2018-10-19-07-50.jpg

車から降りると、そこにはこんもりとした杜が。

a020222-2018-10-19-07-50.jpg

見上げてみると、ひときわ高い杉の先端は白骨化しています。

a020223-2018-10-19-07-50.jpg

境内に入ってすぐ目に入るのは、その「三本杉」。

a020225-2018-10-19-07-50.jpg

中央の大杉は根元しか残っていませんが、昭和五十四年の突風で倒れてしまったとのこと。

a020229-2018-10-19-07-50.jpg

参道を進むと、正面に立派な手水舎があります。

a020230-2018-10-19-07-50.jpg

奥は苔の絨毯になっており、

a020254-2018-10-19-07-50.jpg

先にはいくつかの境内社があります。

a020231-2018-10-19-07-50.jpg

「全国神社名鑑」には、末社二十二社と記されているそうです。

a020227-2018-10-19-07-50.jpg

手水舎を左に折れるとニノ鳥居があり、左手に社務所が建っています。

a020232-2018-10-19-07-50.jpg

厳かな雰囲気の参道を歩いていき、三ノ鳥居を過ぎるとお目当の社殿にたどり着きます。

a020234-2018-10-19-07-50.jpg

ここに立つと、神域に足を踏み入れたことを自ずと実感します。

a020248-2018-10-19-07-50.jpg

左手を見ると、こちらにも複数の境内社。

a020251-2018-10-19-07-50.jpg

奥には井戸も。
何か出てきそうです。

a020250-2018-10-19-07-50.jpg

社殿の説明板があります。

a020235-2018-10-19-07-50.jpg

鳥居正面に神門があり、奥に拝殿が見えています。

a020237-2018-10-19-07-50.jpg

拝殿の右脇に、元御神木の根。
かつてここに、巨木が立っていたことを物語ります。

a020236-2018-10-19-07-50.jpg

創祀年代は不詳。
一説には、当地を開拓した仁品王を祀ったとも、仁品王が勧請したとも伝えられています。

a020245-2018-10-19-07-50.jpg

白鳳元年(672年)、仁科氏が社殿を再築、その後、当地が伊勢内宮の神領・仁科御厨となったので神領鎮護のため、氏が伊勢内宮を康和年中(1100年頃)に勧請し今に続くと云います。

a020238-2018-10-19-07-50.jpg

往年は伊勢同様、式年造営で社殿すべてを立て替えていたそうですが、仁科氏滅亡後は部分的に修理するのみになっています。
現在の社殿は、寛永十三年、松本藩主松平直政により造替されたものであり、日本最古の神明造として国宝に指定されました。

a020240-2018-10-19-07-50.jpg

本殿の左手奥には、式年造営のための仮宮がありました。

a020241-2018-10-19-07-50.jpg

これほどの聖地でありながら、なぜか観光スポットとしてはそれほど知名度もなく、故に厳かな空気をゆっくり堪能することができます。
国宝を間近で見て、写真に収めることも他ではあまりできないこと。
長野に来たら、仁科神明宮へ、こっそり訪ねてみるのもおすすめです。

a020252-2018-10-19-07-50.jpg

e4bb81e7a791e7a59ee6988ee5aeae-2018-10-19-07-501.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中