幸福論

「人は失ったのちに、その本当の価値を知ることができる」 とは、僕の持論です。 人は手にしているときは、それがど…