上高地:大正池〜河童橋

投稿日:

pa0400552-2018-10-30-23-59.jpg

長野県西部、飛騨山脈南部を流れる梓川上流に位置する「上高地」(かみこうち)を、早朝散策してきました。
美しく、清々しい風が吹く景勝地です。

a040011e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2018-10-30-23-59.jpg

人気の観光地である上高地は、春から秋にかけて、年間150万人もの人が訪れているそうです。
中部山岳国立公園の一部であり、国の特別名勝・特別天然記念物に指定されている上高地は、自然保護のために、年間を通してマイカー規制がかかっています。
通常、観光客は、沢渡(さわんど)か、平湯温泉からシャトルバスに乗って上高地を訪れることになります。

a040013-2018-10-30-23-59.jpg

上高地ではバスの停留所が数カ所あります。
くまなく上高地を散策するのであれば、最初に止まる「大正池」で下車します。

map-2018-10-30-23-59.jpg

帰りのバスは「上高地バスターミナル」から乗ることになるので、下から登っていくのが効率的でもあります。

p9034855-2018-10-30-23-59.jpg

細い道を降りていくと、すぐに大正池が見えてきます。

a040014-2018-10-30-23-59.jpg

グリーンの美しい水面。

a040020-2018-10-30-23-59.jpg

この美しい大正池は、大正4年(1915年)6月6日、焼岳の大爆発による土砂流によって梓川が堰き止められてできました。

a040019-2018-10-30-23-59.jpg

当初、梓川湖・大正湖などと呼ばれていましたが、今は「大正池」の名で呼ばれています。

a040027-2018-10-30-23-59.jpg

梓川を堰き止めた土砂は、少しずつ流出していて、それは今も続いています。

a040023-2018-10-30-23-59.jpg

現在は大正池ができた当時の1割以下の規模になっているといいます。

a040026-2018-10-30-23-59.jpg

つまり大正池は、そう遠くない未来に消滅してしまう可能性があるのです。

a040028-2018-10-30-23-59.jpg

やがて失われる儚さがあるから、この池はかくも美しいのかもしれません。

a040029-2018-10-30-23-59.jpg

c1d-2018-10-30-23-59.jpg

a040031-2018-10-30-23-59.jpg

次の目的地、「田代池」までは大正池の縁にある自然研究路を歩いて行きます。

a040034-2018-10-30-23-59.jpg

表情豊かな水辺の植物たち。

a040039-2018-10-30-23-59.jpg

アップダウンはほとんどなく、とても気持ち良く歩いて行けます。

a040043-2018-10-30-23-59.jpg

カメラのファインダーを覗けば、

a040049-2018-10-30-23-59.jpg

全ての場所が撮影スポットになり得ます。

a040051-2018-10-30-23-59.jpg

再び河原に出ました。

a040053-2018-10-30-23-59.jpg

立ち枯れた大木が印象的な場所です。

p9034863-2018-10-30-23-59.jpg

「かみこうち」の名称は本来「神垣内」と表記されたと云います。

a040064-2018-10-30-23-59.jpg

神垣内とは、穂高神社の祭神・「穂高見命」(ほだかみのみこと)が穂高岳に降臨し、この地に祀られていることに由来します。

a040066-2018-10-30-23-59.jpg

上高地の再奥部には、その絶景の聖地があるのです。

a040069-2018-10-30-23-59.jpg

林道の気配が変わってきました。

a040070-2018-10-30-23-59.jpg

光が差し込み、

a040072-2018-10-30-23-59.jpg

道の上を水が流れています。

a040081-2018-10-30-23-59.jpg

そして真っ赤に燃える湿原に出ました。

a040082-2018-10-30-23-59.jpg

田代湿原です。

a040089-2018-10-30-23-59.jpg

その奥にあるのが「田代池」。

a040087-2018-10-30-23-59.jpg

この澄んだ浅い池にはイワナが泳ぎ、いくつかの小さな島が浮かんで見えます。

a040090-2018-10-30-23-59.jpg

地下に湧泉があり冬でも全面結氷しない田代池ですが、ここも霞沢岳から流れ込む土砂によって、年々小さくなりつつあるということです。

a040092-2018-10-30-23-59.jpg

田代池もいつか、無くなってしまうのかもしれません。

p9034887-2018-10-30-23-59.jpg

c1d-2018-10-30-23-59.jpg

a040100-2018-10-30-23-59.jpg

再び自然研究路を歩き出すと、思わぬ出会いがありました。

a040103-2018-10-30-23-59.jpg

それもかなりの数、猿の軍団です。

a040107-2018-10-30-23-59.jpg

早朝散策であたりに人影はありません。

a040112-2018-10-30-23-59.jpg

さりげなく撮影しつつも、彼らを刺激しないように気をつけます。
が、

a040121-2018-10-30-23-59.jpg

道の真ん中で踏ん反り返る奴と目が合ってしまいました。
めちゃくちゃ威嚇され、5分ほど、前に後ろに歯をむき出して纏わり付かれました。
いつ襲ってくるか、久々にヒヤヒヤした瞬間です。

a040115-2018-10-30-23-59.jpg

c1d-2018-10-30-23-59.jpg

a040123-2018-10-30-23-59.jpg

無事、猿エリアを脱しました。

a040128-2018-10-30-23-59.jpg

長野県産のカラマツとヒノキだけが使われた木製の田代橋・穂高橋を渡ります。

a040129-2018-10-30-23-59.jpg

清らかな水が流れ、

a040130-2018-10-30-23-59.jpg

素晴らしい景観を作り出しています。

a040134-2018-10-30-23-59.jpg

川沿いの遊歩道に出ました。

a040139-2018-10-30-23-59.jpg

10月初旬、

a040140-2018-10-30-23-59.jpg

上高地は、秋の装いに入りかけたところです。

a040142-2018-10-30-23-59.jpg

「ウエストン碑」というものがありました。

a040143-2018-10-30-23-59.jpg

ウォルター・ウェストン(1861~1940)は、イギリス人宣教師で、ケンブリッジ大学卒業後、英国国教会から派遣されて27歳で初来日しました。

a040147-2018-10-30-23-59.jpg

登山家として日本各地の名峰を制覇し、その記録を『日本アルプスの登山と探検』に著し世界に紹介しました。
上高地をこよなく愛し、日本近代登山の父と呼ばれました。

a040145-2018-10-30-23-59.jpg

レリーフが埋め込まれた岩は、苔やシミで、どことなくハートの形になっていました。

c1d-2018-10-30-23-59.jpg

a040151-2018-10-30-23-59.jpg

白樺の並木道になりました。

a040153-2018-10-30-23-59.jpg

時折巨木に目を奪われます。

a040154-2018-10-30-23-59.jpg

大正池から3.5km、

a040155-2018-10-30-23-59.jpg

70分ほど歩いてきました。

a040158-2018-10-30-23-59.jpg

そこで前半の最終地点、「河童橋」に到達しました。
河童橋の名の由来は、昔ここに河童が棲みそうな深い淵があったとか、橋のなかった時代に着ていた衣類を頭にのせて川を渡った人々が河童に見えたから、など幾つかの説が伝えられています。
眼前の穂高連峰から流れ来る山の気を一時受けながら、その光景に見惚れていました。

a040161-2018-10-30-23-59.jpg

2件のコメント 追加

  1. wakasahs15th より:

    上高地には素晴らしい景色が広がってますね(^^♪神垣内の事は知りませんでした(^^)/

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      二度目の上高地でしたが、変わらず美しい景色の中で、ゆったりと時間を過ごしました。
      人の少ない早朝散策が正解でした。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中