穂垂

早良区をのんびりドライブしていると、ちょっと気になる看板を見かけました。 「お竈ダイニング 穂垂」(おくどだいにんぐ ほたる)さんです。 伊万里牛100%ハンバーグ、魅力的です。 この日、お目当てにしていたお蕎麦屋さんが…

そらおじいちゃん

我が家のフェアリーハニー「そら」くんも、すっかりおじいちゃんになりました。 サロンの夏のマスコットを務めていた彼も、その仕事を終える時がきたようです。 かく言う僕も、40代終盤の老骨に鞭打ってきました。 ’15年、 ’1…

諏訪大社 上社前宮:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇09

「御名方様、洩矢の長老が話に応じると言ってきました」 「そうか、わかった」 タケミナカタらが諏訪にたどり着いた時、先住の洩矢一族の激しい抵抗を受けた。 「彼らの抵抗を受け流すのだ。決して殺しても、殺されてもならぬ。遺恨を…

朝の吸い殻と政治家

朝、掃除をしていて思う。 毎日のように捨てられたタバコの吸い殻。 それもよくこれだけ、と思えるほどの量。 毎朝これを掃除していると、喫煙者のマナーについて良いイメージは持てない。 きちんとマナーを守り、携帯灰皿を常備する…

足長神社:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇07

【手長神社】 諏訪湖の南東、本宮から北東に2km程の場所に桑原郷と呼ばれた場所があります。 その桑原郷はいつの頃か、上桑原と下桑原に分かれ、上桑原に足長神社、 下桑原に手長神社が祀られて今日に至ります。 手長神社は諏訪湖…

諏訪大社 上社本宮:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇06

第二の出雲、諏訪王国の真実を求めて、ついに諏訪大社を訪ねることにしました。 タケミナカタの足跡を感じ、ここに彼の築いた王国を確認して帰る旅の予定でした。 が、知れば知るほど、深い諏訪の深淵へ入り込んでいくことになったので…

金田城:八雲ニ散ル花 番外・天智伝03

對馬国下県郡の城山にあった日本の古代山城「金田城」(かなたのき/かねだじょう)を訪ねてきました。 と、その前に、糸島にある「伊都国歴史博物館」を拝観しました。 倭の境界『對馬国』という特別展が行われていましたが、残念なが…

宿坊・対馬西山寺

対馬の宿坊「西山寺」(せいざんじ)さんへ泊まってきました。 西山寺は厳原港と目と鼻の先にあり、宿泊は朝食のみとなっていますが、繁華街も近いので食事にも困りません。 当院に至るには少しだけ狭い道を進むことになりますが、駐車…

萬松院

日本三大墓所、対馬宗家累代の菩提寺「萬松院」(ばんしょういん)を訪ねました。 萬松院は対馬の中心地「厳原」(いずはら)にあり、アクセスも容易です。 当院は度々の火災によって焼失しており、今の本堂は明治12年(1879年)…

オソロシドロコ(裏八丁郭)

前回の対馬旅から2年、心残りだったオソロシドコロ 「裏八丁郭」を訪ねる旅へ、ついに重い腰を上げました。 それはまた、新たな発見に満ちた旅だったのです。 【多久頭魂神社】 今回の「裏」オソロシドコロの旅において、最初に訪ね…