白嶽:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇番外

投稿日:

b051154-2018-11-7-13-17.jpg

ついに、再び彼の地へ足を運ぶことになりました。
神秘の島「対馬」。
そして安曇族の謎を知るため、まずは念願だった霊山「白嶽」(しらたけ)登山に踏み切ったのです。

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051035-2018-11-7-13-17.jpg

白嶽登山口は、洲藻(すも)と呼ばれる場所にあり、正式には「洲藻白嶽」と呼ばれます。

b051040-2018-11-7-13-17.jpg

登山口までは対馬空港から車で15分、厳原港から25分ほど。
その麓に、まずは参拝するべき神社があります。

b051036-2018-11-7-13-17.jpg

「白嶽神社」です。

b051037-2018-11-7-13-17.jpg

大イチョウの木に守られるように建つ社殿。

b051038-2018-11-7-13-17.jpg

祭神は、「大山祗神」(オオヤマズミノカミ)と、なんとあの天道信仰の神「多久頭魂神」(タクヅタマノカミ)です。

b051039-2018-11-7-13-17.jpg

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051042-2018-11-7-13-17.jpg

登山口手前にある第二駐車場から、白嶽の山頂が見えます。
トイレはこの先ないので、きちんと用を足しておきます。

b051043-2018-11-7-13-17.jpg

巨大な岩が二峰突き出た白嶽は、古来より霊山として崇められた対馬のシンボル的存在です。

b051044-2018-11-7-13-17.jpg

標高は519メートル、『(一社)対馬観光物産協会』さんの情報では、登山口から頂上コースタイムは、往路90分、復路75分。
この(一社)対馬観光物産協会さんは対馬の情報を得る上で、とても頼もしい存在です。
あの「オソロシドコロ 」についても、とても詳しい情報を提供していただいてます。

b051045-2018-11-7-13-17.jpg

さて、登山口に着きました。
不動明王が佇むこの滝の近くに、車を数台駐車することができます。

b051049-2018-11-7-13-17.jpg

さっそく登山です。

b051051-2018-11-7-13-17.jpg

序盤は清らかな沢に沿って登ります。

b051052-2018-11-7-13-17.jpg

なだらかで楽勝ムード漂う登山道。

b051053-2018-11-7-13-17.jpg

いたるところで岩盤がむき出しになっています。

b051055-2018-11-7-13-17.jpg

よく見ると、沢の水も、岩の上を流れていました。

b051056-2018-11-7-13-17.jpg

白嶽は日本系と大陸系の植物が混生しているとのこと。

b051058-2018-11-7-13-17.jpg

そうした植物観察も楽しめば、きつい山道も楽しいものとなってきます。

b051060-2018-11-7-13-17.jpg

凹凸のある岩がありました。

b051062-2018-11-7-13-17.jpg

そこには意図的に、小石がはめ込められています。

b051198-2018-11-7-13-17.jpg

登り始めて30分頃、異様な雰囲気の巨岩に出会いました。

b051072-2018-11-7-13-17.jpg

3つの巨岩が折り重なるその隙間が、

b051067-2018-11-7-13-17.jpg

神々しく輝いています。

b051068-2018-11-7-13-17.jpg

ここは「行者(ぎょうじゃ)の岩屋」と呼ばれているようで、

b051069-2018-11-7-13-17.jpg

修験道の行者が寝泊まりしたといわれています。

b051074-2018-11-7-13-17.jpg

が、少しばかり足を踏み入れてみると、寝泊りするのは畏れ多いように感じました。
ここは往古の祭祀場だったのではないでしょうか。

b051075-2018-11-7-13-17.jpg

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051079-2018-11-7-13-17.jpg

登山開始から45分、鳥居がありました。

b051197-2018-11-7-13-17.jpg

この鳥居が登山口方面・山頂方面・上見坂方面の分岐点になります。
ここから山頂へは45分、距離的には2/3ほど歩いたことになりますが、時間的にはちょうど半分です。

b051081-2018-11-7-13-17.jpg

鳥居をくぐって進みます。

b051085-2018-11-7-13-17.jpg

巨大な岩と石の祠があります。

b051084-2018-11-7-13-17.jpg

これは「祓戸神社」なのだそうです。

b051087-2018-11-7-13-17.jpg

序盤の楽勝ムードはなんだったのか、真の白嶽登山がここにあります。

b051088-2018-11-7-13-17.jpg

道々の小さな神社に挨拶をし、

b051091-2018-11-7-13-17.jpg

ただひたすらに、上へ上へと登っていきます。

b051093-2018-11-7-13-17.jpg

太ももがパンパンに腫れ上がってきた頃、山頂らしきものが見えてきました。

b051104-2018-11-7-13-17.jpg

この辺りはロープを伝って登ります。

b051097-2018-11-7-13-17.jpg

何か赤い社が見えてきました。

b051102-2018-11-7-13-17.jpg

大岩に寄り添うように置かれた小さな祠。

b051098-2018-11-7-13-17.jpg

手前には何かを燃やした跡が。

b051100-2018-11-7-13-17.jpg

奥には水が流れたような跡もあり、

b051099-2018-11-7-13-17.jpg

水神を祀る祓戸のようです。

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051105-2018-11-7-13-17.jpg

石垣のようなものが見えてきました。

b051106-2018-11-7-13-17.jpg

おお、着いたのか、

b051109-2018-11-7-13-17.jpg

そう思いましたが、

b051111-2018-11-7-13-17.jpg

まだ上があるようです。

b051113-2018-11-7-13-17.jpg

こちらを微笑むように見下ろす祠。
これが奥宮ではないのだろうか、

b051114-2018-11-7-13-17.jpg

しかし道は続きます。

b051116-2018-11-7-13-17.jpg

とにかく登ります。
もう一息。

b051117-2018-11-7-13-17.jpg

つ、着いた!

b051121-2018-11-7-13-17.jpg

爽やかな風が吹き抜けます。
気持ち良い。

b051123-2018-11-7-13-17.jpg

後で聞いた話では、先ほどのロープは以前は無かったのだそうです。
つまり岩にへばりついて、ロッククライミングばりに登らなくてはならなかったようですが、滑落して大怪我したした人がいたそうで、ロープが張られたのだとか。
でしょうね、ってか死人が出なくて良かったです。。

b051119-2018-11-7-13-17.jpg

下を見れば、そこにも社が。

b051124-2018-11-7-13-17.jpg

穏やかなお地蔵さんと、

b051125-2018-11-7-13-17.jpg

お不動さん。

b051127-2018-11-7-13-17.jpg

見上げると、
えっ?

b051128-2018-11-7-13-17.jpg

いやいや、

b051130-2018-11-7-13-17.jpg

いやいやいや、

b051168-2018-11-7-13-17.jpg

いやいやいやいや、

b051166-2018-11-7-13-17.jpg

もう、これ以上はやばいっすよ。。

b051137-2018-11-7-13-17.jpg

でもこっち来いって、天の声が聞こえます。
いやでも、もうここロープないっす。
今流行りのボルタリングです。
天然ボルタリングやってます、今。

b051140-2018-11-7-13-17.jpg

うわ~、こわ~~っ!

b051138-2018-11-7-13-17.jpg

もう終わりだろうと思いきや、まだ道らしきものがあるんですよ。
わかります、この茂みの手前。
もちろんこの茂みの先は断崖絶壁です。

b051139-2018-11-7-13-17.jpg

その結界には、ささやかにロープが張ってあるだけ。

b051141-2018-11-7-13-17.jpg

そしてこの上に登ります。
手が滑ってころんてなったらもうOUT。
人生のゲームオーバーです。

b051142-2018-11-7-13-17.jpg

登ります。

b051143-2018-11-7-13-17.jpg

登ります。

b051144-2018-11-7-13-17.jpg

のぼった~~~!

b051145-2018-11-7-13-17.jpg

登ったど~~~!

b051146-2018-11-7-13-17.jpg

恐る恐る立ち上がります。
登ってきた後方、

b051148-2018-11-7-13-17.jpg

右手、

b051149-2018-11-7-13-17.jpg

左手、

b051147-2018-11-7-13-17.jpg

そして前方。
対馬360°の展望です。

b051152-2018-11-7-13-17.jpg

そして前方へ進みます。
勇気フルスロットルです。

b051150-2018-11-7-13-17.jpg

・・・!

b051151-2018-11-7-13-17.jpg

絶句!
母なる地球の姿が、そこにありました。

b051156-2018-11-7-13-17.jpg

再び後ろを見て見れば、そう、まるで竜の背中に乗っているようでした。

b051158-2018-11-7-13-17.jpg

地球自体が、大きな竜だったのだと思わせられます。
さて、幸い風は穏やかでしたが、長居は無用です。
命あるうちに降りなければ。

b051159-2018-11-7-13-17.jpg

しかし登山はそうなのです。
登りよりも、降りの方が、数倍怖いのです。

b051164e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2018-11-7-13-171.jpg

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051129-2018-11-7-13-17.jpg

山頂から降りてくると、目の前にもう一つの峰が見えます。
白嶽は西岩峰の「雄岳」と東岩峰の「雌岳」からなります。
登頂できるのは雄岳のみとなっていますが、少し気になったので雌岳の方へ足を向けました。
すると、

b051171-2018-11-7-13-17.jpg

すごい、見事な磐座がありました。

b051174-2018-11-7-13-17.jpg

ここが白嶽神社の奥社だったのです。

b051175-2018-11-7-13-17.jpg

なるほど、雌岳と、

b051118-2018-11-7-13-17.jpg

雄岳、立派な幸神信仰です。

b051169-2018-11-7-13-17.jpg

しかしこれは出雲族の信仰地ではないでしょう。

b051173-2018-11-7-13-17.jpg

秦氏がもたらした、道教のそれだと思われます。

b051177-2018-11-7-13-17.jpg

この島を拠点とした安曇族が祭祀した、古代の聖蹟だと思われます。
麓からも目立つ白嶽に登り、その双峰にこの造形を見た時、安曇族の彼らは神秘を感じないはずはなかったのです。

c1d-2018-11-7-13-17.jpg

b051182-2018-11-7-13-17.jpg

さて、あふれる興奮を治めるため、小さな広場「岩のテラス」へやってきました。
山頂付近の石垣の広場から、平坦な道を1,2分歩くと到着です。

b051181-2018-11-7-13-17.jpg

山頂は狭く、10人程度しか滞在できない広さの上、突風が吹けば本気で命を失いかけません。
ここ、岩のテラスは20人ほどがくつろげるスペースがあり、ほっと一息つくことができます。

b051184-2018-11-7-13-17.jpg

この景色を眺めながらおにぎりを頬張れば、登頂の感動をゆっくり噛みしめられることでしょう。

b051185-2018-11-7-13-17.jpg

さて、この度の白嶽登頂の目的を改めて思い返せば、太古の海人族「安曇族」の謎に端を発するものでした。

b051186-2018-11-7-13-17.jpg

志賀島・壱岐島・津島(対馬)を拠点とし、荒海の玄界灘を制する航海術に長けた一族。
最盛期には朝鮮半島との交易で富をなし、大和王朝にも影響力をもった一族は、仲皇子のクーデター加担と白村江の戦いでの大敗により、土地を追われ、信濃の山中に聖地を求めます。

b051187-2018-11-7-13-17.jpg

なぜ海で暮らした一族が、あんな途方もない山奥に聖地を求めたのか、ずっと謎でしたが、しかしここ対馬に至ってその謎が解けました。
彼らは海人族であると同時に、山民族でもあったのです。

b051195-2018-11-7-13-17.jpg

宗像族が辺津宮の他に、大島、沖ノ島に聖地を求めたように、安曇族は志賀島・壱岐島・津島に聖地を求めました。
つまり対馬は、安曇族にとっての沖ノ島だったということになります。

b051194-2018-11-7-13-17.jpg

その対馬は岸から上陸すれば、すぐ眼前まで山が迫り、砂浜の海岸や平地は極端に少ない、海上の山地と言えます。
彼らは山で暮らすノウハウを持ち、日本アルプスに至ったとしても、その規模に戸惑いはすれ、生きていくことになんの躊躇いも無かったことでしょう。

b051189-2018-11-7-13-17.jpg

そう思い返せば、白嶽山頂からの景色は、どことなく日本アルプスを思わせなくもない、などと感じたものでした。

b051200-2018-11-7-13-17.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中