竈門神社・紅葉ライトアップ

投稿日:

b201736-2018-11-21-07-51.jpg

太宰府の「竈門神社」(かまどじんじゃ)で、秋の紅葉に合わせてライトアップが行われていると聞いたので、行ってみました。

b201732-2018-11-21-07-51.jpg

夕刻の竈門神社、平日もさすがの賑わいです。

b201733-2018-11-21-07-51.jpg

この日の竈門神社の紅葉は、すでに枯れかけているものもあれば、まだ緑色をしたものもあり、バラエティに富んでいました。

b201741-2018-11-21-07-51.jpg

竈門神社は駐車場から10分足らずで社殿に至ることができます。

b201742-2018-11-21-07-51.jpg

が、まあまあ階段を登らなくてはならないので、運動不足の人には少ししんどい所。

b201744-2018-11-21-07-51.jpg

ライトアップといえば「夜」なのですが、僕の経験上、日が沈む直前くらいが、一番きれいに見れる気がしています。

b201746-2018-11-21-07-51.jpg

なのでこの日も日が沈む夕刻5時ごろ、訪ねてみました。

b201748-2018-11-21-07-51.jpg

c1d-2018-11-21-07-51.jpg

b201754-2018-11-21-07-51.jpg

良い頃合いとなってきました。

b201755-2018-11-21-07-51.jpg

紅葉の紅さが、いっそう増した気がします。

b201758-2018-11-21-07-51.jpg

竈門神社と言えば「縁結び」。

b201759-2018-11-21-07-51.jpg

太宰府天満宮は「縁切り」で有名ですから、高校時代、天満宮参道の脇を抜けて竈門神社まで徒歩で登って参拝したのを覚えています。

b201764-2018-11-21-07-51.jpg

竈門神社の祭神は、「玉依姫命」(たまよりひめのみこと)。

b201765-2018-11-21-07-51.jpg

「魂(玉)と魂を引き寄(依)せる」ということで、古くから「縁結びの神」として信仰されてきたということです。

b201766-2018-11-21-07-51.jpg

縁結びとは、男女の「良縁」ばかりでなく、家族、友人、仕事、自然などとの良いご縁を結んでいただけるというご利益につながるのだとか。

b201768-2018-11-21-07-51.jpg

霊峰・宝満山の里宮でもあるので、その霊験は新たかといえます。

b201770-2018-11-21-07-51.jpg

c1d-2018-11-21-07-51.jpg

b201769-2018-11-21-07-51.jpg

竈門神社は、しゃれた授与所(社務所)でも有名です。

b201775-2018-11-21-07-51.jpg

その裏手の展望所に行ってみると、美しい夕暮れの景色が広がっていました。

b201778-2018-11-21-07-51.jpg

日本の秋は、ほんと良いです。

b201782-2018-11-21-07-51.jpg

そうこうするうちに辺りは暗く、月も昇り始めました。

b201794-2018-11-21-07-51.jpg

妖艶に姿を変える境内。

b201795-2018-11-21-07-51.jpg

竈門神社は大宰府政庁の鬼門にある宝満山に、鬼門封じのために建てられたそうです。

b201796-2018-11-21-07-51.jpg

宝満山は修験の山でもありますので、長い時の人の願いが降り積もったような山でもあります。

b201799-2018-11-21-07-51.jpg

その麓にあって、当社は、全てを清らかに浄化してくれるような、慈愛を感じさせる神社です。

b201803-2018-11-21-07-51.jpg

ライトアップに関しては、ここ最近、派手に演出されたものを見ることが多いですが、

b201811-2018-11-21-07-51.jpg

当社のように、ささやかに、自然の美しさをそのまま浮かび上がらせるライトアップもまた、好感が持てます。

b201817-2018-11-21-07-51.jpg

優しい秋の景色を、堪能することができました。

b201822-2018-11-21-07-51.jpg

c1d-2018-11-21-07-51.jpg

b201824-2018-11-21-07-51.jpg

ところで、せっかく太宰府に来たなら、天満宮を素通りすることもありません。

b201826-2018-11-21-07-51.jpg

が、ひと気のない夜の天満宮は、少し不気味でもあります。

b201828-2018-11-21-07-51.jpg

決してつまづいてはいけない太鼓橋を渡り、

b201832-2018-11-21-07-51.jpg

社殿を目指します。

b201834-2018-11-21-07-51.jpg

光に浮かぶ楼門。

b201845-2018-11-21-07-51.jpg

その先は霊界に通じるかのような雰囲気でした。

b201849-2018-11-21-07-51.jpg

社殿の前にはたくさんの菊が並んでいます。

b201836-2018-11-21-07-51.jpg

「秋芳会」による菊花展が行われているようです。

b201858-2018-11-21-07-51.jpg

菅原道真公はことさら菊を愛でられたことから、菊愛好家により、菊花展が開催されています。

b201859-2018-11-21-07-51.jpg

ちょうど七五三参りの頃に重なることから、菊を背景に記念撮影を行う姿は、この時季の風物詩ともなっています。

b201837-2018-11-21-07-51.jpg

ともかくも、菊の香りが濃密に漂っていました。

b201855-2018-11-21-07-51.jpg

天満宮の楽しみの一つ、季節ごとに変わるおみくじ、

b201857-2018-11-21-07-51.jpg

今回は「吉」でした。

b201862-2018-11-21-07-51.jpg

5件のコメント 追加

  1. 太宰府天満宮、夜だと随分幻想的なんですね。
    楼門の写真、素敵です(^^♪
    大宰府へ旅行した時、ちょうど、母親の友人の娘さんが、大学受験だったので、お守りを買った記憶があります(^.^)

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      僕のお宮参りをした神社が天満宮ということで、とても縁深い神社なんです。
      受験・厄払い、とお世話になってきましたが、学生の頃は2度ここでデートをして、直後に見事フラれたのは記憶に鮮明に残っています(笑)
      梅の季節もきれいですよ。

      いいね: 1人

      1. 学業の神様だからですかね…(*_*;
        梅、きれいでしょうね。
        梅ヶ枝餅でしたっけ?名物でしたね。

        いいね: 1人

        1. CHIRICO より:

          梅ヶ枝餅を売っている店はたくさんありますが、福岡人は皆、推し店があるんですよ。
          僕の推しは「きくち」さんです。
          梅ヶ枝餅は、皆、3個くらいぺろっと食べちゃいますね。

          いいね: 1人

          1. そうだったんですか~(^.^)
            「きくち」覚えておきます。
            今度行く機会があったら、食べてみたいと思います(^^)/

            いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください