玉城城跡

投稿日:

2250322-2019-03-6-19-00.jpeg

沖縄県南城市(旧玉城村)に「アマミキヨが築いた城」と伝わる城跡があるので訪ねてみました。

2250340-2019-03-6-19-00.jpeg

小高い丘へ車を走らせると、見えてきました。
これが先の城跡「玉城城」(たまぐすくじょう/玉城グスク)です。
頂上まで続く階段を、唖然と眺めている自分がいます。。

2250296-2019-03-6-19-00.jpeg

城跡の麓には、車を停めれる、割と広いスペースがあります。

2250299-2019-03-6-19-00.jpeg

さて、そこから頂上を目指すのですが、入口は今にも動き出しそうな、森の精木が迎えてくれます。

2250300-2019-03-6-19-00.jpeg

見えました、階段。

2250302-2019-03-6-19-00.jpeg

見た目以上に急な木の階段を、一歩ずつ登ります。

2250303-2019-03-6-19-00.jpeg

途中、横を見ると拝所がありました。

2250335-2019-03-6-19-00.jpeg

この階段ができたのは割と最近で、10年前くらいは、斜面をロープを伝ってよじ登っていたそうです。

2250304-2019-03-6-19-00.jpeg

眼前に迫る城壁、

2250306-2019-03-6-19-00.jpeg

やがてその城門が見えてきます。

2250308-2019-03-6-19-00.jpeg

城門と呼ぶには、あまりにワイルドなその風貌。

2250341-2019-03-6-19-00.jpeg

この城門は、天然の一枚岩をくりぬいて造られています。

2250307-2019-03-6-19-00.jpeg

夏至の日にはこの穴から朝日が差し込み、城内をてらすのだそうで、「太陽の門」とも呼ばれています。

2250309-2019-03-6-19-00.jpeg

そして太陽の門をくぐり、天空の城へ足を踏み入れると、

2250342-2019-03-6-19-00.jpeg

その正面には拝所(ウガンジュ)があります。

2250343-2019-03-6-19-00.jpeg

この何気無い拝所は、琉球開闢の七岳の一つとされる「天つぎあまつぎ御嶽(雨粒天次御嶽)」(神名:アガル御イベ、ツルベ御イベ)であり、東御廻り(アガリウマーイ)の巡礼最後の聖地とされます。

2250312-2019-03-6-19-00.jpeg

何気無いとは言いましたが、夏至の日に太陽の門から陽が差し込むと、それはえも言われぬ神々しい景色だったことと思われます。

2250327-2019-03-6-19-00.jpeg

また天つぎあまつぎ御嶽の背後には、南国植物の生い茂った壊れかけの石積みがあります。

2250316-2019-03-6-19-00.jpeg

この石積みも御嶽の一部だったのでしょう、踏み込むのをためらわせる神気が残されています。

2250318-2019-03-6-19-00.jpeg

天つぎあまつぎ御嶽の真裏あたりから石積みを屈み見ると、まっすぐ太陽の門が見えていました。

2250315-2019-03-6-19-00.jpeg

敷地内はさほど広くなく、その割に拝所や井戸が点在しています。

2250325-2019-03-6-19-00.jpeg

別名アマツヅ城とも称される玉城城跡は、築城年代や歴代の城主については定かではないそうですが、石垣の積み方から約600年前のものと推定されています。

2250328-2019-03-6-19-00.jpeg

その様相は城としては小さく、軍事的なものというよりも祭祀的性格が強く残されているので、宗教的聖地としての要素が大きかったのではないかと考えられます。

2250319-2019-03-6-19-00.jpeg

城壁から外を望めば、この日はあいにくの天気でしたが、アマミキヨが降り立った神の島「久高島」も見渡せます。

2250331-2019-03-6-19-00.jpeg

東御廻りを終えた王と聞得大君は、ここで何を想ったのでしょうか。

2250321-2019-03-6-19-00.jpeg

天つぎあまつぎ御嶽から見た太陽の門は、少しゆがんで、ハートの形に見えていました。

2250324-2019-03-6-19-00.jpeg

1件のコメント 追加

  1. 創生塾 より:

    偲フ花様
    私は沖縄へは仕事で行くばかり…
    と云うお話しはさせて頂きましたが、この地にだけは、勿論仕事だったのですが、時間の合間に少しだけ見て廻れたのです。
    非常にリラックス出来たのと同時に、沖縄は本当に素晴らしいと心から感じた貴重な時間でした。
    何故この地へ仕事で足を運んだのか??…
    「玉城」… お解り頂けたと思います。
    この案件、後ほどまた!!

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください