一休

投稿日:

2260401-2019-03-7-15-55.jpeg

僕の旅は日が昇る前から日が沈むまで遊びたおすというもの。
宿は寝られればいい、といった具合で予約することがおおいのですが、今回は「どうせなら沖縄らしい宿はないか」と思いつきで探してみました。
と、その思いつきにふさわしい宿はありました。
美ら海水族館にほど近い沖縄本島中部、国頭郡本部町の瀬底島にある「一休」さんです。

2250345-2019-03-7-15-55.jpeg

瀬底島へは本島から橋を渡って行ける島。
とても小さな島です。

2261022-2019-03-7-15-55.jpeg

その瀬底島のちょうど中心あたりにある建物が「一休」。

2261020-2019-03-7-15-55.jpeg

宿?、
ん!?
そう、宿。

2261021-2019-03-7-15-55.jpeg

一休さんは、1日1組限定の、琉球古民家の一棟貸しのお宿なんです!

2261026-2019-03-7-15-55.jpeg

白い屋根はオーナーさんが度々修復を兼ねて塗り替えているよう。
かわいくて、オーナーさんのセンスの良さを感じさせます。

2260400-2019-03-7-15-55.jpeg

一休のオーナーさんは大阪から沖縄へやってこられたようで、ご夫婦、おじいさん共に、とても親切で気さくな方です。

2261025-2019-03-7-15-55.jpeg

この古民家を購入後、リフォームをしてお宿としてお貸しされていますが、そのリフォームの大部分はハンドメイドと思われます。

2261023-2019-03-7-15-55.jpeg

とても素敵な宿を贅沢に一棟貸しですが、お値段はとてもリーズナブル。
シーズンオフだと1泊五千円ほどです。

2260395-2019-03-7-15-55.jpeg

レビューでは人に教えたく無い宿とよく紹介されています。
全くその通り!
一歩足を踏み入れただけで、素敵な予感がします。

2260407-2019-03-7-15-55.jpeg

ゆったりとした琉球時間が流れていました。

2260388-2019-03-7-15-55.jpeg

c1d-2019-03-7-15-55.jpg

2261033-2019-03-7-15-55.jpeg

建物に入ると、小さなカウンターキッチンがあります。

2261040-2019-03-7-15-55.jpeg

キッチンでは主な食器なども用意されていて、自炊することができます。

2261036-2019-03-7-15-55.jpeg

コンパクトなお風呂も素敵です。
南国らしいブルーの壁が、ロマンティック。

2271078-2019-03-7-15-55.jpeg

トイレも何気に可愛らしい。

2261034-2019-03-7-15-55.jpeg

部屋は4.5畳と6畳くらいのスペースのふた部屋。
ファミリーというよりカップル向けの間取りです。

2261035-2019-03-7-15-55.jpeg

低めの屋根に開放的な空間。
これぞ琉球家屋です。
窓を開け放てば、優しい風が室内を吹き抜けていきます。

2261043-2019-03-7-15-55.jpeg

c1d-2019-03-7-15-55.jpg

2260408-2019-03-7-15-55.jpeg

1日ゆっくり宿で過ごすのも魅力的ですが、少し瀬底の島を散策してみましょう。

2261048-2019-03-7-15-55.jpeg

パワスポマニアの僕のアンテナに引っかかったのは、集落の少し奥気味にあった「瀬底土帝君」という建物。

2261049-2019-03-7-15-55.jpeg

土帝君とは中国の土地神のような存在です。

2261050-2019-03-7-15-55.jpeg

農耕神的側面もあるようですが、沖縄は中国文化にもずいぶん影響を受けてますね。

2261052-2019-03-7-15-55.jpeg

そして瀬底といえば「瀬底ビーチ」!

2261058-2019-03-7-15-55.jpeg

白い砂浜と透き通った青い海。

2261066-2019-03-7-15-55.jpeg

思わず裸足で駆け出しそうです。

2261057-2019-03-7-15-55.jpeg

愛を語らうにも最高のシチュエーション。

2261059-2019-03-7-15-55.jpeg

瀬底ビーチは西側にありますので、夕日も素敵なんだとか。

2261072-2019-03-7-15-55.jpeg

c1d-2019-03-7-15-55.jpg

2250367-2019-03-7-15-55.jpeg

さて、夕暮れになりました。

2250361-2019-03-7-15-55.jpeg

沖縄は夜も長い。

2250364-2019-03-7-15-55.jpeg

お湯に浸かって一汗流します。

2250378-2019-03-7-15-55.jpeg

と風呂場にあった花を見ると、造花ではなく生花でした。
オーナーさんの心遣いが、心地よい宿です。

2271080-2019-03-7-15-55.jpeg

8件のコメント 追加

  1. 創生塾 より:

    偲フ花様
    「一休」とはまた粋ですね!
    私も次に行く時は、益々仕事抜きで行きたくなりました。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      特別なサービスがあるわけでもありませんが、オーナー夫妻の心遣いが染み渡った宿です。
      昼寝でもして午後を過ごす、なんてのがこの宿の本当の過ごし方かもしれません。

      いいね: 1人

      1. CHIRICO より:

        時にメディアの話ですが、愕然とするばかりです。
        自分自身の見聞力を磨くほかなさそうですね。

        いいね: 1人

  2. wildsum より:

    素敵な宿ですね。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      はい、特に何があるわけでもありませんが、ゆったりとした沖縄時間を過ごせる宿です。

      いいね: 1人

      1. wildsum より:

        何でもそうですが、ゆとりがあって、ゆったりすること、ゆったりできることがいちばん大切だと思います。

        いいね: 1人

        1. CHIRICO より:

          ほんとうにそうですね、僕らが今、一番失っているものかもしれません。

          いいね: 1人

          1. wildsum より:

            日常的に言って、時間がないので、つい、ファーストフードを求めてしまいますが、やはり、本来的に欲しいものはスローフードですね。そして、ゆっくり時間が流れ、ゆっくり食事したいものです。

            いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください