日出処ノ子ラヘ

投稿日:

p2031127-2019-03-28-00-57.jpg

僕の旅は、日本の美しさを探す旅と言えます。
地球という星はまさに奇跡の惑星です。
世界中を旅すれば、その素晴らしさに酔いしれることでしょう。
しかしながら、僕にはその時間も財もなく、日本を旅するのが精一杯。
でもそれでいいと思っています。
なぜなら日本にはまだまだ際限なく、美しい世界が溢れているのですから。

800px-flag_of_japan.svg-2019-03-28-00-57.png

ところで我が国の国旗、これをデザインした人はすごいね。
これほどシンプルで、これほど象徴的な国旗を有している国があるでしょうか。
日本人はその原初より太陽崇拝でしたが、現代に至る全ての日本というものを、この日章旗に簡潔に図案化しています。
普通、太陽って言えば「白」か「黄」(金)色なんですよ。
しかし日章旗は「赤」なんです。
それは「出づる太陽」だからなんだと、個人的には思っています。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e383882019-03-2723.41.41-2019-03-28-00-57.png

今日、我が国「日本」について記事を書こうと思ったのは、ある方からいろいろ面白いお話を伺い、気持ちが昂ぶって眠れなくなってしまったからです。
明日も朝早いのにね(笑)
例えば「日本を逆さにして見てみて」と言われたのですが、なるほど、見事に「蓋」してますね。
これは野心に囚われた、かの国々の人たちにしてみれば目の上のたんこぶ、邪魔な存在でしょうね。
でも「蓋」はするためにあるのです。
「蓋」は丈夫に創られているのです。
誰が創ったかって?
それはもう、あの方しかいらっしゃらないでしょう。
西洋風に言うなら、「なんとかの思し召し」ってやつですよ。
台湾とも協力して、蓋をしろってことです。

1031048_10.-pangea_politik-2019-03-28-00-57.jpg

https://www.indy100.com/article/what-world-looked-like-300-million-years-ago-panega-maps-7710571

変わった世界地図を紹介します。
これは「パンゲア大陸」と言う地図で、ペルム紀から三畳紀にかけて存在した超大陸であるとされています。
1912年にアルフレート・ヴェーゲナーが提唱した大陸移動説の中で、現在の諸大陸は分裂する前に一つであったとの仮説を考え、この大陸を古代ギリシャ語の「pan」(πᾶν, 全ての、全体の)「Gaia」(Γαῖα、ガイア、大地の女神)から命名したそうです。
この中で、日本はどこにあるのでしょうか。

1031048_10.-pangea_politik2-2019-03-28-00-57.jpg

ここです。
トップ・オブ・ザ・ワールドで、頑張って「蓋」をしてますね。
日本はこのような意味合いをもって創られたので、そこに住まう日本人は「世界の良心」でなくてはならないと、あの方は考えたのでしょう。
小さな島国に、勤勉で慎ましく、贅を好まず、家族を愛し、実りに感謝することのできる、世界一充足を得て、世界一幸せな民族を住まわせ、そして「天皇制」という他に類を見ない「理想の君主制」が与えられたのには、理由があったのです。

japan-2019-03-28-00-57.jpg

ここに面白い画像を見つけました。
これは第二次大戦中、アメリカが反日プロパガンダのために製作した絵だそうです。
日本人にとっては色々と煮え湯を飲まされた大戦でしたが、この図だけはアメリカも、粋なものを残してくれたもんだと感心しました。
「龍」、いいじゃないですか。
よく、日本列島は「龍」に似ていると言われます。
そうすると、「琉球」とは「龍球」なのでは?とさえ思えてきます。
まあ、この図でいくと尻尾の先あたりになっちゃいますが。
そう、日本は「龍」なんですよ、本当に。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e383882019-03-2723.08.18-2019-03-28-00-57.png

http://maps.ontarget.cc/azmap/

日本は「蓋」でもあるのですが、実は世界の「盾」として、世界の「龍」という役目を担っていることの方が重要なのです。
この話も、ある方から教えていただいたのですが、日本という国の位置は、世界から見たときに「鬼門」にあたるのだそうです。
ちなみに人類が発祥したとするアフリカ大陸を中心に世界を見ると、確かに日本は北東、鬼門にあります。
自然災害が世界一多い国、「日本」はその災厄を龍の身に受けて、世界を守っているのだそうです。
そしてそれに耐えうるよう、日本人の精神は強く創られているのです。
傲慢な国は勘違いして「反日だー」って嘯いていますが、日本を、日本人を世界が失ったら、災厄は世界に降り注ぎ、人類は終焉を迎えるのです。
それは風水でも、陰陽でも、カバラでも、どのような教え・教典にも示されています。

そして今、日本人はその魂を失いつつあり、世界中に災いは増えつつある。

日本は日本を愛するものは、いかなる国の方でも迎え入れてきました。
日本を愛せない方は、どうぞそのまま自国へお引き取り下さい。
そして日本人を自負するのなら、その誇りをもって日本を、日本人の種と魂を守るべきです。
そうすれば、この国は、世界は、私たちに永遠の恵みをもたらしてくれるのです。

最後に世界中が「まるで龍のようだ」と絶賛したNASAの画像を紹介します。
あゝ美しいこの国に、僕を産んでくれて、ありがとう。

photos-terre-espace-nuit_7-2019-03-28-00-57.jpg

http://www.philopolitics.org/nasa-photos-discover-development-of-the-earth/

1件のコメント 追加

  1. asesorlegal 999 より:

    美しいですね!!

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください