宇都宮二荒山神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇08

投稿日:

4031146-2019-04-15-06-30.jpeg

宇都宮をぶらり車走らせていると、不思議な光景が目に入りました。

4031148-2019-04-15-06-30.jpeg

「長岡百穴古墳」です。

4031155-2019-04-15-06-30.jpeg

この横穴は、7世紀前半に作られた家族墓的なものだと推察されています。

4031150-2019-04-15-06-30.jpeg

穴の中には、様々な観音像と思しきものが彫られています。

4031151-2019-04-15-06-30.jpeg

これら観音像は後世の室町時代になって掘られたものだということです。

4031153-2019-04-15-06-30.jpeg

そして百穴といえば、これがヒカリゴケか!
と思いましたが、調べてみればヒカリゴケが見れるのは埼玉県の「吉見百穴」でした。

4031165-2019-04-15-06-30.jpeg

長岡百穴古墳もなかなかな遺跡だと思うのですが、無造作に放置されてる感があり、保護しなくて良いのか心配になりました。

4031167-2019-04-15-06-30.jpeg

c1d-2019-04-15-06-30.jpg

4031117-2019-04-15-06-30.jpeg

さて、お目当の「宇都宮二荒山神社」(うつのみやふたあらやまじんじゃ、ふたらやまじんじゃ)へとやってきました。

4031118-2019-04-15-06-30.jpeg

下野国一宮であり、宇都宮の名の由来となった神社だそうです。

4031119-2019-04-15-06-30.jpeg

この長い階段は上段の48段が「いろは坂」と呼ばれていますが、それは日光のいろは坂に因んだもの。

4031120-2019-04-15-06-30.jpeg

日光に同じ社名の「二荒山神社」があるのですが、『延喜式神名帳』に記載のある「下野国河内郡 二荒山神社」の論社として、2社がそれぞれ主張しているのだそうです。

4031121-2019-04-15-06-30.jpeg

「宇都宮」の名の由来ですが、

・一宮(いちのみや)の訛り説
・南側の荒尾崎(現 摂社下之宮)から承和5年(838年)に現在地「明神山」に遷座したことから「移しの宮」の転である説
・二荒山の神の現宮(うつつのみや)説」という説
・豊城入彦命が東国の総監として此処に住し国がよく治まったことから「宇津くしき宮」と呼ばれた説

など、諸説あるようです。

4031123-2019-04-15-06-30.jpeg

祭神は「豊城入彦命」 (とよきいりひこのみこと)。
相殿に三輪山の神として「大物主命」、その子として 「事代主命」が祀られます。

4031125-2019-04-15-06-30.jpeg

記紀によると、豊城入彦は第10代崇神天皇の第一皇子で、天皇の命で東国を鎮め、毛野国(のちの下野国・上野国)の開祖となったとされます。
また社伝では、仁徳天皇41年に下野国国造に任じられた奈良別王(ならわけのきみ)が曽祖父・豊城入彦命をこの地区の氏神として祀ったのに始まると伝えており、それ以前は豊城入彦命によって三輪山から勧請された「大物主命」が祀られていたとも伝えられています。

4031124-2019-04-15-06-30.jpeg

富王家伝承では、筑紫・物部国の王「イニエ」(崇神)と宇佐王国の「豊玉女王」は大和東征を目論み、宮崎の都萬国に物部・宇佐連合王国を成します。
「イクメ」(11代垂仁)は二人の間にできた皇子であると思われます。
しかし豊玉女王の子「豊彦」と「豊姫」は、その名から、豊玉女王の連れ子であったと推察します。

4031128-2019-04-15-06-30.jpeg

この豊彦こそ「豊来入彦」(豊城入彦)であり、母・豊玉女王はかの邪馬台国の女王「卑弥呼」と伝えられる人物です。

4031134-2019-04-15-06-30.jpeg

イニエ王の死後、物部イクメ王は豊玉女王の指揮下、豊彦・豊姫らと共に大和東征を決行します。
彼は但馬のアメノヒボコの子孫「田道間守」に、大和と出雲を挟み撃ちで攻めることを打診します。

4031129-2019-04-15-06-30.jpeg

東征侵攻の最中、瀬戸内沖で豊玉女王が亡くなる事件が発生。
ひとまず女王の葬儀が、広島の宮島で執り行われます。
この時当然、豊彦と豊姫は母を弔うため、宮島に残ります。
イクメ王らの軍だけは、そのまま大和侵攻を続けることになりました。

4031130-2019-04-15-06-30.jpeg

イクメ王は大和を制圧し、念願だった大和入りを果たします。
しかし共闘した田道間守や、後から大和入りした豊彦らが支配地を増やし王のように振舞い出すと、これを目障りに感じ始めます。

4031131-2019-04-15-06-30.jpeg

イクメ王は攻め落とした出雲東王家の「野見太田彦」に田道間守討伐を依頼し、これを成し遂げた太田彦に宿禰の称号を与えます。
彼が相撲の開祖と呼ばれる「野見宿禰」です。

4031133-2019-04-15-06-30.jpg

豊彦は大和に入ると、出雲王家出身の「登美家」の聖地、三輪山とその遥拝所「鳥見山霊時」を占拠、三輪山の「大和笠縫邑」では豊姫が宇佐の月神を祀ることになります。
この豊姫が「豊来入姫」と呼ばれ、記紀に「豊鍬入姫」と記されるようになります。

4031136-2019-04-15-06-30.jpeg

この豊彦が目障りだったイクメは、彼に大彦らの残党「蝦夷」の討伐を持ちかけます。
根が真面目だったのでしょう、豊彦はこれを真に受け、軍を率いて東国へ出陣します。

4031139-2019-04-15-06-30.jpeg

しかし彼らの背後から刃を突き付けたのは、他ならぬイクメ王が差し向けた軍でした。
イクメは登美家らに、鳥見山霊時と大和笠縫邑の奪還をそそのかし、豊彦らを攻めさせたのです。

4031142-2019-04-15-06-30.jpeg

豊彦が没したのが、当地ではないかと思っています。
卑弥呼の子らの王国の夢は、東国に散ったのです。

018-2019-04-15-06-30.jpg

しかし意外なところで、彼の血は目的を果たすことになります。
邪魔者を排したイクメ王はいよいよ大和の大王に就任しますが、その3代後の「ワカタラシ」(13代成務帝)の妻「神功皇后」が三韓征伐を果たして帰国します。
その後生まれた皇子が「応神天皇」であるとなっていますが、富王家が伝えるところでは、皇后の嫡子は7歳で夭折、その後密かに養子に迎えたのが豊彦の末裔であると云います。
ゆえに八幡宮総本宮の「宇佐神宮」では応神天皇が主祭神になっているのです。

4031127-2019-04-15-06-30.jpeg

野望を抱き、裏切りに散った偉大な女王の皇子「豊彦」。
彼のフロンティア精神は、東国開拓の礎となったのです。

4031143-2019-04-15-06-30.jpeg

c1d-2019-04-15-06-30.jpg

4031145-2019-04-15-06-30.jpeg

帰り道、興味深い通りに出会いました。

mg_1373-2019-04-15-06-30.jpeg

行列のできる有名店とお聞きした店に入ります。

mg_1370-2019-04-15-06-30.jpeg

値段の安さにびっくり。

mg_1372-2019-04-15-06-30.jpeg

一番ゴージャスなコースにしてみましたが、お味は。。
いや、普通に美味しいですが、テレビ番組は少々あおり過ぎかと、そして我々一般人は乗せられ過ぎかと思いました。

mg_1371-2019-04-15-06-30.jpeg

1__40__018-2019-04-15-06-30.jpg019-2019-04-15-06-30.jpg020-2019-04-15-06-30.jpg

2件のコメント 追加

  1. asesorlegal 999 より:

    昨日、私がコメントした大谷資料館で、「匿名」と表示されていたのは何か投稿の仕方が悪かったのですかね??

    宇都宮の餃子が有名になったのは最近の事です!
    駅周辺に支那人が多く住み出してからです。私が宇都宮の名物として餃子が挙げられていることを知ったのは約10年ほど前からですからね!!笑
    TVで煽るのは何かの利権絡みかもしれませんね。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      コメントは、文面から生きる塾さんだろうと思っていました 笑
      WordPressは時によくわからないことになりますね。
      他の方のコメントがスパム扱いになっていて、しばらく気づかないこともありました。

      宇都宮の餃子には、そんな裏があったのですね。
      どうりでピンとこなかったものです。
      でも今だに行列ができているようですから、リピートする人、クチコミする人も多いのか、乗せられる日本人も日本人です。
      食べ物くらいならそれでもいいですが、もっと自分で判断して決断することが、日本人にも求められますね。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください