古峯神社

投稿日:

4010026-2019-04-16-08-30.jpeg

栃木県鹿沼市草久古峯ヶ原(こぶがはら)に坐します「天狗の御社」に参拝してまいりました。
「御朱印」ブームで人気の「古峯神社」(ふるみねじんじゃ)です。

4010002-2019-04-16-08-30.jpeg

古峯ヶ原へ向かうと、大きな鳥居が見えてきます。

4010054-2019-04-16-08-30.jpeg

車はさらに進み駐車場までやってきました。

4010051-2019-04-16-08-30.jpeg

いくつもの鳥居を過ぎていきます。

4010004-2019-04-16-08-30.jpeg

古峯ヶ原とは神社の所在する一帯の地名であり、その面積は凡そ500haにおよぶ広大な領域になります。

4010006-2019-04-16-08-30.jpeg

標高は約700m。

4010050-2019-04-16-08-30.jpeg

その中に古峯の大神が鎮まっていると云われています。

4010007-2019-04-16-08-30.jpeg

崇敬者に「こみねさん」、「こぶがはらさま」、などと親しまれる古社。

4010008-2019-04-16-08-30.jpeg

その境内では、天狗の彫り物を目にします。

4010010-2019-04-16-08-30.jpeg

天狗が御祭神かと思いきや、祭神は「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)でした。

4010049-2019-04-16-08-30.jpeg

ヤマトタケルは幼少に「小碓尊」(オウスノミコト)、「倭男具那命」(ヤマトオグナノミコト)などと呼ばれ、12代「景行天皇」の皇子と伝えられます。
父親に疎まれ、遠方の遠征に幾度も駆り出され、上総国へ向かう海上で妻「弟橘媛」を亡くし、本人も遂には恋い焦がれた大和の地を踏むことなく亡くなった、悲劇の英雄と語り継がれます。

4010013-2019-04-16-08-30.jpeg

由緒によると、今を去る1300余年の昔、隼人という人が京都よりこの古峯ヶ原の淨地にミコトを遷座したのが創始であると記します。

4010014-2019-04-16-08-30.jpeg

その後、日光の開祖「勝道上人」が当地に入り、古峯ヶ原深山巴の宿において3年の修行を積み、天応2年(782年)日光の男体山に初めて登頂し、大日光開山の偉業を成しとげたと云われています。

4010012-2019-04-16-08-30.jpeg

この縁起にもとづき、多くの僧坊・修験者が古峯ヶ原に登山、深山巴の宿で修行する慣わしとなり、それは明治維新に至るまで行われました。
その彼らの姿が「天狗」と結びついたのでしょう、

4010047-2019-04-16-08-30.jpeg

当社は別名「天狗の社」と呼ばれるようになりました。

4010043-2019-04-16-08-30.jpeg

古峯神社の社殿内は、所せましと天狗の面、扁額・威儀物(火ばし、下駄、わらじ、天狗人形)などが掲げられています。

4010024-2019-04-16-08-30.jpeg

これらは熱心な崇敬者から心願成就の暁に奉納されたものばかりなのだそうです。

4010044-2019-04-16-08-30.jpeg

天狗は祭神の使いとして、偉大なる威力の持主として広く民間信仰を集めています。
そうした人々から当社がいかに慕われてきたかを、これらの奉納品が示しています。

4010036-2019-04-16-08-30.jpeg

宿泊も可能という広い社殿内を歩いていると、

4010025-2019-04-16-08-30.jpeg

「天狗の間」という異様な一室が。

4010028-2019-04-16-08-30.jpeg

中には見上げんばかりの巨大な天狗の面がありました。

4010029-2019-04-16-08-30.jpeg

その顔の長さは1.5mを超える大きさ。

4010027-2019-04-16-08-30.jpeg

ケヤキでできた大面は、霊気を放っていました。

4010033-2019-04-16-08-30.jpeg

また社殿奥では創祀以来燃え続けているという「不滅の御神火」が赤く揺らめいていました。

4010035-2019-04-16-08-30.jpeg

c1d-2019-04-16-08-30.jpg

4010022-2019-04-16-08-30.jpeg

拝殿に来ました。

4010037-2019-04-16-08-30.jpeg

木彫りの大きな天狗像が2体奉納されています。

4010038-2019-04-16-08-30.jpeg

顔が赤く鼻の長いこちらの天狗は「大天狗」、

4010017-2019-04-16-08-30.jpeg

黒いくちばしのある天狗を「烏天狗」と申すのだそうです。

4010018-2019-04-16-08-30.jpeg

さて、古峯神社をネットで調べていると、巫女さんや神職さんの態度が悪い、天狗になった天狗の神社などという旨の書き込みが多いことに驚きました。

4010016-2019-04-16-08-30.jpeg

確かに、僕も広く神社を参拝していると、とても親切な神社もあれば、そうでないところもあります。

4010019-2019-04-16-08-30.jpeg

当社はどうであるか、と言われれば、愛想が良いとは言いませんが、態度が悪いという印象は全くなかったです。

4010048-2019-04-16-08-30.jpeg

当社がテレビなどで人気になっていることのひとつが、このユニークで多様な御朱印の存在です。
印刷した朱印はいつでもいただけるのですが、朱印帳に直接描いてもらう絵柄は、その時の担当の神職さんによるそうです。
そこで希望の絵柄を描いて欲しい人との間でトラブルになることもあるそうで、それが先ほどの態度が悪いという噂にも関連しているようです。

4010039-2019-04-16-08-30.jpeg

時に、最近の御朱印ブームは少々エスカレートし過ぎているように思います。
僕は、御朱印は、参拝の記念に気軽に受けてもいいと思っている一人なのですが、本来御朱印は、お寺で写経を納めた印にいただくものです。
寺院名を示す朱色の印に、ご本尊の名を墨書きでいただくといったのが、本来の御朱印。
イラストなどをばばーと書くようなものではないのです。

4010041-2019-04-16-08-30.jpeg

神社の御朱印は、社名の朱印に社名を墨書きしたもので、本来の御朱印とはちょっと違います。
なので伊勢神宮などでは朱印のみをポンと押すだけで、社名の墨書きは入れません。
それでもいいと思いますし、社名の朱印の上に「天照大御神」と主祭神の名の墨書きが入るとかっこいいのに、とも思っています。

4010040-2019-04-16-08-30.jpeg

何れにせよ、御朱印は、謹んでいただくものであり、我先にと争っていただくものでもなければ、注文をつけるものでもなく、ましてネットで売買するような品物でもありません。
荒んだ気持ちでいただく御朱印に、どれほどの神徳が宿るというのでしょうか。

4010042-2019-04-16-08-30.jpeg

兎にも角にも、日本の聖地というものは、御神職も参拝者も、日本人であるならば自然と慎ましい気持ちになるものだと思います。
外国からの参拝者も、良識ある方はきちんと御神徳を感じて帰られているようですよ。

4010021-2019-04-16-08-30.jpeg

c1d-2019-04-16-08-30.jpg

4010055-2019-04-16-08-30.jpeg

古峯神社を参拝されたら、御朱印をもらって帰るだけではもったいない。
是非訪ねたい場所が古峯ヶ原高原の山頂付近にあります。
それは「深山巴の宿」(じんぜんともえのしゅく)。

4010081-2019-04-16-08-30.jpeg

特に目につく案内板などは出ていませんので、あらかじめ場所を把握しておいた方が良いです。

4010056-2019-04-16-08-30.jpeg

2•3台分の車を停めるスペースはありますが、うっかり通り過ぎてしまいそうです。

4010057-2019-04-16-08-30.jpeg

車を停めて100mも歩くと、

4010058-2019-04-16-08-30.jpeg

案内板がありました。

4010060-2019-04-16-08-30.jpeg

その向かいに、侘びた鳥居とともに聖域が広がります。

4010062-2019-04-16-08-30.jpeg

「深山巴の宿」は、その名から宿場・道場跡みたいなものを想像していましたが、全く違いました。

4010070-2019-04-16-08-30.jpeg

勝道上人が、修行の地として定めた所で、多くの修験者がここで修行を積みました。

4010067-2019-04-16-08-30.jpeg

聖地を取り囲むように、巴形に清水が湧き出る池があり、現在は禊場として使用されています。

4010066-2019-04-16-08-30.jpeg

そこには龍神が祀られ、

4010065-2019-04-16-08-30.jpeg

手前の池には捧げものの卵が沈んでいます。

4010068-2019-04-16-08-30.jpeg

足を踏み入れると、淀みのない、凛とした空気を感じます。

4010071-2019-04-16-08-30.jpeg

天に吸い込まれるような感覚。

4010072-2019-04-16-08-30.jpeg

なるほど、これが天狗様のお力かと、妙に納得させられます。

4010075-2019-04-16-08-30.jpeg

この美しき聖地が永く保たれることを、願います。

4010079-2019-04-16-08-30.jpeg

92001-2019-04-16-08-30.jpg92102-2019-04-16-08-30.jpg

3件のコメント 追加

  1. asesorlegal 999 より:

    古峰神社、やはり寄られましたか!!
    私の娘がまだ小学生の頃に連れて行きましたが、天狗の面を見た途端に大泣きしました。笑笑

    拝殿の蝋燭立て!
    何処ぞの紋章に見たことはありませんか??

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      おはようございます!
      蝋燭立て、メノラー燭台ですね。
      そう言えば、山伏・天狗の姿はユダヤ人に似ていると云う話を聞いたことがあります。
      「虎の巻」も虎が居なかった日本で、「トーラーの巻物」が伝わったものだと。
      そういうことなんですかね!?

      あの天狗の大面は大人が見ても泣き出しそうでした 笑

      いいね: 1人

      1. asesorlegal 999 より:

        さすが👍

        いいね: 1人

asesorlegal 999 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください