二荒山神社 瀧尾神社

投稿日:

4020472-2019-04-5-08-52.jpg

日光二荒山神社の別宮、奥地にある「瀧尾神社」(たきのおじんじゃ)は、壮絶な神気の宿る聖地でした。

c1d-2019-04-5-08-52.jpg

4020437-2019-04-5-08-52.jpeg

日光東照宮、二荒山神社本社の裏手を、その道が合っているのか不安になるくらい深く進んでいくと、その神社はあります。

4020438-2019-04-5-08-52.jpeg

実際は車で行けばそう遠くもなく、歩いてだと30分くらいの道のりなのですが、道は狭く山は深みを増しています。

4020440-2019-04-5-08-52.jpeg

今ご紹介の写真は、瀧尾神社の手前にある「瀬尾高徳水神社」という社。
水の女神「罔象女神」(みずはのめのかみ)を祀ります。

4020441-2019-04-5-08-52.jpeg

神使は可愛いカメとカエル。

4020442-2019-04-5-08-52.jpeg

辺り一帯は深い水の底にいるような、重くしっとりとした気に包まれています。

4020444-2019-04-5-08-52.jpeg

c1d-2019-04-5-08-52.jpg

4020445-2019-04-5-08-52.jpeg

瀧尾神社に向かいます。

4020448-2019-04-5-08-52.jpeg

参道はさらに山奥へ石段となって続いています。

4020451-2019-04-5-08-52.jpeg

階段を昇り終えると開けた場所がありました。
立て札には「別所跡」とあります。

4020452-2019-04-5-08-52.jpeg

ここは東照宮が出来る以前の、日光参詣の中心地だったそうです。

4020454-2019-04-5-08-52.jpeg

こんな山奥が、と思ってしまいますが、永正6年(1509年)に日光へ来た連歌師「宗長」は彼の紀行文「東路のつと」で、
「ここより谷々を見おろせば、院々僧坊およそ五百坊にもあまりぬらん。」
と記しており、当時の隆盛を物語っています。

4020456-2019-04-5-08-52.jpeg

またそこには、弘法大師が神霊の降下を祈願したところ、美しい女神が現れたという「影向石」(ようごうせき)がありました。

4020458-2019-04-5-08-52.jpeg

さて、石の鳥居が現れ、ただならぬ気配に覆われてきました。
徳川3代目将軍家光の懐刀であり忠臣でもあった「日光山守護・梶定良」(かじさだよし)によって、元禄2年(1689年)に奉納されたと云う鳥居。

4020459-2019-04-5-08-52.jpeg

この鳥居は「運試しの鳥居」と呼ばれ、小石を3つ投げて、真ん中の丸い穴を通ると運が良いと云われています。
穴を通った数が多いほど幸運なのだそうですが、もちろんノーコンの僕に幸運が訪れることはありません。

4020460-2019-04-5-08-52.jpeg

鳥居を過ぎると、鮮やかな朱塗りの楼門が見えてきます。

4020461-2019-04-5-08-52.jpeg

なぜこんなところに、と狐に化かされたような立派な門に、足が止まります。

4020493-2019-04-5-08-52.jpeg

楼門の奥、聖域に踏み入れば、これまた見事な拝殿・唐門・本殿があります。

4020464-2019-04-5-08-52.jpeg

祭神は弘法大師が820年に祀ったと云う「田心姫命」(たごりひめのみこと)です。

4020465-2019-04-5-08-52.jpeg

田心姫はここでは、水の神様として祀られています。

4020466-2019-04-5-08-52.jpeg

唐門の横には、良縁を願うと云う「縁結びの笹」が。

4020492-2019-04-5-08-52.jpeg

本殿前に立っているだけでピリピリとくるものがあるのですが、真の聖域はこの裏にありました。

4020470-2019-04-5-08-52.jpeg

身を清め、俗界と縁を切ると云う「無念橋」を渡ると、

4020475-2019-04-5-08-52.jpeg

ぶわり、と洪水のような神気が、三本直立する杉の木から吹いてきました。
この三本の御神木は「滝尾三本杉」と呼ばれ、滝尾神社境内で最も神聖な場所であると云われています。

4020467-2019-04-5-08-52.jpeg

この杉は2代目だそうで、樹齢250年~300年。
300年以上前に倒れた先代の御神木もそのまま苔むして、自然と命の神秘を次代に受け渡していました。

4020477-2019-04-5-08-52.jpeg

本殿の左奥には、「酒の泉」と呼ばれる湧き水があります。

4020489-2019-04-5-08-52.jpeg

今は口にすることができませんが、かつて弘法大師がこの泉の水を神様に奉納したことで知られ、酒のような味がすることから、その名が付いています。

4020479-2019-04-5-08-52.jpeg

さらに川を渡った奥にも鳥居が。

4020481-2019-04-5-08-52.jpeg

そこにあるのは「子種石」です。

4020483-2019-04-5-08-52.jpeg

子宝・安産にご利益があると伝わる磐座。

4020487-2019-04-5-08-52.jpeg

それは確かに、ちょっと変わった風貌の石でした。

4020486-2019-04-5-08-52.jpeg

真ん中が盛り上がって尖っていて、平たい栗のよう。

4020485-2019-04-5-08-52.jpeg

愛嬌のある妖怪のようにも見える子種石、

4020488-2019-04-5-08-52.jpeg

思わず頭を撫でてみたくなりました。

4020490-2019-04-5-08-52.jpeg

014-2019-04-5-08-52.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください