宝八幡宮

投稿日:

4221278-2019-04-24-16-50.jpeg

今年に入ってTVや雑誌で人気の「宝八幡宮」に行ってきました。

4221288-2019-04-24-16-50.jpeg

宝八幡宮は大分県九重町の宝山中腹にあります。

4221286-2019-04-24-16-50.jpeg

最近はメディアでよく紹介されているので、観光客で賑わっているものと思っていましたが、

4221238-2019-04-24-16-50.jpeg

観光バスでは到底近づけない、思った以上の山奥に鎮座していました。

4221239-2019-04-24-16-50.jpeg

宝八幡宮は標高約816mの宝山に建ち、718年、奈良時代の創建。

4221241-2019-04-24-16-50.jpeg

「宇佐神宮」の分霊を奉じています。

4221243-2019-04-24-16-50.jpeg

境内にある「開運橋」は、八歩で渡れば八方円満に運が開け、「合格橋」は五歩で渡れば願いが丸く収まるとのご利益があります。

4221245-2019-04-24-16-50.jpeg

当社の鎮座する宝山には、壇の浦の戦いに敗れた平家の落人が、財宝を埋めたとの言い伝えが残っています。

4221248-2019-04-24-16-50.jpeg

また、その宝は白いイノシシによって守られており、その姿を見た者は幸を得ると云われてきました。

4221250-2019-04-24-16-50.jpeg

c1d-2019-04-24-16-50.jpg

4221252-2019-04-24-16-50.jpeg

さて、当社が今年に入ってメディアに人気な理由は、境内の左奥にあるこの建物、

4221263-2019-04-24-16-50.jpeg

そこにいらっしゃる、白イノシシ様のおかげでした。

4221255-2019-04-24-16-50.jpeg

餌をひとついただくと、

4221256-2019-04-24-16-50.jpeg

すぐにやってきて

4221257-2019-04-24-16-50.jpeg

いただきます。

4221277-2019-04-24-16-50.jpeg

こちらの白イノシシは2005年、宝山でオスの白くんが発見され、宝八幡宮にお迎えされました。

4221273-2019-04-24-16-50.jpeg

すると1ヶ月後、今度は近くの万年山(はねやま)で、メスのユメちゃんが発見され、白くんのお嫁さんに迎えられたのです。

4221283-2019-04-24-16-50.jpeg

無事夫婦となった白くんとユメちゃんは、その後2年連続で白イノシシの五つ子に恵まれました。
今は宝八幡宮に4頭の白イノシシ様がいらっしゃいますが、他の子イノシシたちは京都市の護王神社(イノシシ神社)や鹿児島市などに親善大使として派遣されているということです。

4221280-2019-04-24-16-50.jpeg

御代がわりがあるイノシシ年の今年、宝八幡宮で白イノシシ様におねだりしておけば、平家の隠し財産まで案内してくれるかも、しれないですね。

4221282-2019-04-24-16-50.jpeg

1件のコメント 追加

  1. 生きる塾 より:

    是非ともご案内願いたいですね! 笑

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください