東照宮

「久能山に納め、御法会を江戸増上寺、靈牌は三州大樹寺、御周忌終て下野国日光山へ小堂を營造、京都には金地院に小堂をいとなみ所司代はじめ武家の輩進拜せしむべし。」 ― 徳川実紀(台徳院殿御実紀四十二巻) 元和2年4月17日(…

日光山輪王寺

日光二社一寺の一雄、徳川三代将軍「家光公」の霊廟「日光山輪王寺」(にっこうさんりんのうじ)を訪ねます。 神橋をスタートし、日光観光を歩み出すと、最初にたどり着くのが輪王寺です。 日光山輪王寺は、1200年以上もの昔、日光…

二荒山神社 瀧尾神社

日光二荒山神社の別宮、奥地にある「瀧尾神社」(たきのおじんじゃ)は、壮絶な神気の宿る聖地でした。 日光東照宮、二荒山神社本社の裏手を、その道が合っているのか不安になるくらい深く進んでいくと、その神社はあります。 実際は車…

二荒山神社 御本社(新宮)

「日光二荒山神社」(にっこうふたらさんじんじゃ)本社へとやってきました。 日光二荒山神社と宇都宮二荒山神社は、延喜式に記載のある「二荒山神社」の論社として、共に「下野国一之宮」を掲げて論争しています。 傾斜のある参道の途…

二荒山神社 神橋・本宮神社

奈良時代の末、下野の人沙門勝道は、その伯父・大中臣諸清たちと、かねて深く尊崇する霊峯二荒山(男体山)の登頂によって鎮護国家、人民利益のための大願をたてました。 天平神護2年3月(766年)勝道上人一行は大谷川のほとりにた…

ノートルダム大聖堂の火災に思う

「フランス・パリのノートルダム大聖堂で15日夜(現地時間)、大規模な火災が発生した。」 驚きました。 そしてニュースで燃え盛る大聖堂の映像を見て、心が痛くなりました。 僕はクリスチャンではありませんが、美しいものが崩れゆ…

古峯神社

栃木県鹿沼市草久古峯ヶ原(こぶがはら)に坐します「天狗の御社」に参拝してまいりました。 「御朱印」ブームで人気の「古峯神社」(ふるみねじんじゃ)です。 古峯ヶ原へ向かうと、大きな鳥居が見えてきます。 車はさらに進み駐車場…

志賀海神社大祭・山誉め祭~神功皇后紀 番外

君が代は 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりて こけのむすまで あれはや あれこそは わが君の御舟なり うつろうがせ みがいに命 千歳という 花こそ咲いたる 沖のおんづの 潮早にはえたらぬ つるおにくわざらぬ 潮…

宇都宮二荒山神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇08

宇都宮をぶらり車走らせていると、不思議な光景が目に入りました。 「長岡百穴古墳」です。 この横穴は、7世紀前半に作られた家族墓的なものだと推察されています。 穴の中には、様々な観音像と思しきものが彫られています。 これら…

氷川神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇07

さいたま市大宮に鎮座する「氷川神社」(ひかわじんじゃ)、武蔵国一宮と称される当社は、宮中の四方拝で遥拝される一社でもあります。 駐車場からはすぐに三の鳥居に出ましたが、参道入口の一の鳥居からは長い長い参道が続いています。…

若山農場

宇都宮の若竹の杜「若山農場」へ行ってきました。 若山農場は、親子三代に渡り丁寧に育んできた広大な竹林農園です。 園内に入ると栗林があり、ここで採れる栗もとても美味しいのだとか。 すぐに爽やかな、青竹の森が見えてきます。 …

大谷資料館

日頃、自然美を求めて秘境にまで足を運ぶような僕ですが、人間もたまにはすごいものを造り出すもんだと感心した話です。 宇都宮市大谷町へ車を走らせると、巨大な岩山が見えてきます。 大谷石凝灰岩でできた山で、よく見る日本の山とは…