霧幻峡

投稿日:

7020512-2019-07-19-17-50.jpeg

山深い奥会津に、まこと夢か幻か、白昼夢のような絶景があるというので訪ねてみました。
人はいつしかその場所を、「霧幻峡」と呼ぶようになったと云われています。

7020505-2019-07-19-17-50.jpeg

霧幻峡は、福島県の金山町と三島町にまたがる只見川沿いの渓谷のことをいいます。

7020507-2019-07-19-17-50.jpeg

早朝に宿を出発し、朝一で目的地を目指しました。
途中、手前の方の川を見てみると、山奥から霧が川のようの流れてきていました。
これは期待できます。

7020509-2019-07-19-17-50.jpeg

霧幻峡で幻想的な川霧が見れるのは、夏の朝晩の30日間程度なのだそうです。
つまり幸運も必要ということ。

7020594-2019-07-19-17-50.jpeg

着きました。
が、いや、これは霧が深すぎ、、ですか?!

7020511-2019-07-19-17-50.jpeg

すんごい霧が出ていて、川がほどんど見えません。

7020590-2019-07-19-17-50.jpeg

しかしこれはこれで、とても美しい。

7020519-2019-07-19-17-50.jpeg

東山魁夷のような世界が、そこにありました。

7020514-2019-07-19-17-50.jpeg

川縁の方へ降りていけるようなので、行ってみます。

7020516-2019-07-19-17-50.jpeg

するとようやく水面が見えて、舟が三艘浮かんでいるのが分かりました。

7020525-2019-07-19-17-50.jpeg

この舟は「霧幻峡の渡し」(むげんきょうのわたし)と呼ばれます。

7020591-2019-07-19-17-50.jpeg

かつて、この川幅の広い只見川をはさんだ対岸に、10戸ほどの三更という小さな集落があったそうです。

7020518-2019-07-19-17-50.jpeg

この三更のある対岸へ渡る交通手段は、住民自らが漕ぐ小舟しかありませんでした。

7020592-2019-07-19-17-50.jpeg

ところがこの奥で行われていた硫黄採掘のため三更集落の地盤が不安定となり、度重なる山崩れが発生。
住民は土地を捨てざるを得なくなり、1964年以来、この渡し舟は長い間途絶えていました。

7020526-2019-07-19-17-50.jpeg

しかし地域復興を願う郷土写真家の「星賢孝」氏の働きかけで、2010年に渡し舟の定期運航が復活。
今では霧に浮かぶ渡し舟の姿がとても幻想的であると、じわじわ人気スポットになりつつあるそうです。

7020593-2019-07-19-17-50.jpeg

残念ながら早朝ということもあり、舟が浮かぶ姿は捉えられませんでしたが、どのみち霧が深すぎて舟は出せなかったでしょう。

7020523-2019-07-19-17-50.jpeg

なぜ只見川にこれほどの霧が出るのか。
それはこの川の豊富な水量と、ダムによって堰き止められ流れが非常にゆるやかであること、そして尾瀬などを水源とする冷たい水が流れ込むことなどが相まって、夏のあたたかい空気が水面に触れることにより、大量の川霧が発生するのだそうです。

7020529-2019-07-19-17-50.jpeg

ということは、この幻想的な景色は完全に自然によるものではなく、ダムという人の文明とのハーモニーであるということになります。

7020521-2019-07-19-17-50.jpeg

霧の世界というのは、僕の描く原風景のひとつ。
この真っ白な世界に、しばらくの間ひたっていました。

7020598-2019-07-19-17-50.jpeg

13件のコメント 追加

  1. Tyakura より:

    水墨画のようですね!マイナスイオンたっぷりな感じですね!

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      そう、まさに水墨画の世界です。
      マイナスイオンというか、霧で体もしっとり、てな感じでした(笑)

      いいね: 1人

  2. 随分幻想的な場所ですね(^^♪ 本当に絵画のようです(*^^)v

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      岸からの撮影ポイントは限られていますので、似た写真になりがちですが、それでもうっとりするような景色が広がっていました。
      この先もまだ、こんな素敵な場所が残っているのかと思うと、ワクワクします。

      いいね: 1人

  3. 翔子 より:

    三次の雲海を思い出しました。幻想的で美しいですね。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      そうですね、霧といえば、僕も三次を思い浮かべます。
      あそこは忘れられない、大切な場所です。

      いいね

  4. Array より:

    Wow ! Ma che foto stupende hai fatto Chirico! Che sensazione di mistero la nebbia! Infonde anche tranquillità!

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      Sì, la nebbia è molto misteriosa.
      La nebbia si presenta bene in Italia?
      Poiché il Giappone è umido, si verifica spesso la nebbia.

      いいね: 1人

      1. In Italia il periodo della nebbia è ottobre/novembre di solito in pianura e campagna aperta. La nebbia viene a volte anche sul lago. 😃

        いいね: 1人

  5. wakasahs15th より:

    霧幻峡!まさに名の通りの秘境です。知りませんでした。私も一度は訪ねてみたいです(^_-)-☆

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      WAKASAHSさんなら、きっと素敵な写真を収められることと思います。
      おすすめです!

      いいね: 1人

  6. 生きる塾 より:

    まんま!
    東山魁夷ではないですか( ゚д゚)

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      まんま、でした!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください