塔のへつり

投稿日:

7020797-2019-07-23-07-00.jpeg

「近くの塔のへつりまで行ってみたらいいよ」

大内宿へ行く話をしたら、美容室のお客様からそんなご提案をいただきました。
せっかくなので足を伸ばしてみたら、驚く景観が待っていました。

7020749-2019-07-23-07-00.jpeg

「塔のへつり」とは福島県南会津郡の景勝地。
福島の新観光名所三十景に選ばれ、国の天然記念物に指定されてます。

7020750-2019-07-23-07-00.jpeg

へつりとは会津の方言で、川に迫った険しい断崖を言います。

7020751-2019-07-23-07-00.jpeg

「へつり」は山冠に弗で「岪」と書きますが、

7020758-2019-07-23-07-00.jpeg

そこには正に、塔のように林立する仏(佛)の姿がありました。

019-07-2220.21.44-2019-07-23-07-00.png

http://shimogo.jp/sightseeing/tonohetsuri/

塔のへつりは凝灰岩ほか多種類の岩が互い違いに重なる崖を、100万年かけて川の流れによって浸食され、このような景観になったといわれます。

7020757-2019-07-23-07-00.jpeg

この塔のへつりは、対岸から眺めるだけでなく、「藤見橋」という吊り橋を渡って上陸することが可能。

7020756-2019-07-23-07-00.jpeg

見た感じは割と頑丈ですが、

7020759-2019-07-23-07-00.jpeg

橋板は木製で、渡るとギシギシ音を立てて揺れます。

7020763-2019-07-23-07-00.jpeg

多種類の岩の層はそれぞれ浸食の度合いが異なり、不思議な縞模様を生み出しています。

7020764-2019-07-23-07-00.jpeg

「阿賀川」の色も不思議なグリーンで、一面に緑の世界を創り上げています。

7020789-2019-07-23-07-00.jpeg

塔のへつりの岩々は、その下を巡るように通路が彫られていますが、経年による崩落等で今は立ち入り禁止となっています。

7020766-2019-07-23-07-00.jpeg

ただ、吊橋を渡った先の、舞台岩周辺は上陸が可能となっています。

7020768-2019-07-23-07-00.jpeg

それでも不安定な足場を滑り落ちないよう、注意が必要。

7020770-2019-07-23-07-00.jpeg

さらにそこから、舞台岩の上へ登るには、壊れかけた石の階段を登らなくてはなりません。

7020769-2019-07-23-07-00.jpeg

侵食で抉れた洞穴には、積まれた小石がびっしりと。

7020771-2019-07-23-07-00.jpeg

階段を上った先には「虚空像菩薩」が祀られた岩の御堂がありました。

7020786-2019-07-23-07-00.jpeg

御堂は奇岩の洞穴に造られており、807年に「坂上田村麻呂」が創建したと伝えられています。

7020772-2019-07-23-07-00.jpeg

虚空像菩薩は、知恵や福徳をもたらし、悩めるすべての人々を救済する力を持つとされています。

p7020772-2019-07-23-07-00.jpeg

本堂は立派な龍の彫刻がなされたものでしたが、のちに調べてみると撮影禁止というので掲載は控えさせていただきます。

7020779-2019-07-23-07-00.jpeg

さらに舞台岩の上へ上がります。

7020780-2019-07-23-07-00.jpeg

その先端は足がすくむ高さ。

7020787-2019-07-23-07-00.jpeg

土俵岩はまるで爬虫類の顔のよう。

7020781-2019-07-23-07-00.jpeg

眼下に藤見橋も垣間見えていました。

7020795-2019-07-23-07-00.jpeg

元来た岸へ戻って茶店でお団子をいただきました。
甘い味噌を塗って焼き上げた、ほくほくの逸品です。

7020788-2019-07-23-07-00.jpeg

茶店の奥様にお聞きすると、以前この阿賀川は水位も高く、渦を巻くほど猛烈に激しい流れだったということです。
その流れが創り出した奇景・塔のへつり、足を延ばす価値ある神の芸術がここにありました。

7020792-2019-07-23-07-00.jpeg

2件のコメント 追加

  1. 匿名 より:

    ‘へつり’は意味が分らなかったですが会津弁でしたか。それにしても昔に凄いものを造ったんですね。私は高所は苦手です(^_-)-☆

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      方言は味わいがありますね。
      高所へ至った時の、眼下に広がる俯瞰の風景はぐっと胸にくるものがあります。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください