伊太祁曽神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇02

一書に曰く、 素戔嗚尊(すさのおのみこと)曰く、 「韓郷の嶋には、是金銀有り。吾児の治める国に浮宝(船)有らざるは、よからず」 乃ち鬚(ひげ)髯(ほおひげ)を抜きて散つと、これ杉に成る。 又、胸の毛を抜き散と、これ檜に成…