白ひげの滝

投稿日:

a030887-2019-10-16-06-02.jpeg

青い池まで来たので、ついでに美瑛のブルーリバー「白ひげの滝」まで足を伸ばしました。

a030876-2019-10-16-06-02.jpeg

白ひげの滝は青い池から車で5分程度の距離。

a030877-2019-10-16-06-02.jpeg

車を駐車場に停めたら、この鉄橋を目指します。
その上から滝を眺めるのですが、

a030884-2019-10-16-06-02.jpeg

思った以上の絶景!
正直、期待していませんでしたが、青い池以上の衝撃です。

a030878-2019-10-16-06-02.jpeg

岩の隙間から流れ出る滝は川に降り注ぎ、青い池のように綺麗な青を作り出しています。

a030889-2019-10-16-06-02.jpeg

この辺りは白金温泉地区であり、川の水に温泉水が混じることによって青く見えると考えられています。

a030888-2019-10-16-06-02.jpeg

よく見ると、滝の水は全て岩の隙間から流れ出ています。

a030885-2019-10-16-06-02.jpeg

これは「潜流瀑」(せんりゅうばく)と呼ばれ、日本でも珍しい滝なのだとか。

a030891-2019-10-16-06-02.jpeg

白ひげの滝の水は、十勝岳連峰の地下水が溶岩層の隙間を流れてきて、その時多くの火山性物質を含むことによりこのような神秘的な青を生み出します。

a030883-2019-10-16-06-02.jpeg

真冬でも水は凍らず、滝から立ちのぼる水蒸気が木の枝に付着すると樹氷になり、非常に幻想的な景色となるのだそうです。

a030890-2019-10-16-06-02.jpeg

白ひげの滝の下の美瑛川の青は、青い池のそれよりも淡く、天候条件によっては綺麗なブルーリバーに見えないこともあるそうです。
アクセスも良く、手軽に絶景を楽しめるので、青い池まで来たら白ひげの滝までセットで訪れないともったいない話です。

a030886-2019-10-16-06-02.jpeg

c1d-2019-10-16-06-02.jpg

a030893-2019-10-16-06-02.jpeg

十勝岳連邦が、阿蘇外輪山のような涅槃像を作り出していました。
こちらは胸よりお腹がちょっと出っ張っています。

a030894-2019-10-16-06-02.jpeg

さて、白ひげの滝を見た後はそのまま帰ろうとしましたが、道路対岸が何やら気になり足を向けます。

a030895-2019-10-16-06-02.jpeg

すると小高い丘の中になんと神社が。

a030896-2019-10-16-06-02.jpeg

ひっそりと杜の中に鎮座する「白金神社」。

a030899-2019-10-16-06-02.jpeg

湧き水の手水舎と

a030900-2019-10-16-06-02.jpeg

苔むした石の階段が風情を感じさせます。

a030904-2019-10-16-06-02.jpeg

祭神は不明ですが、

a030907-2019-10-16-06-02.jpeg

山神を祀っているようです。

a030902-2019-10-16-06-02.jpeg

それよりもユニークなのが狛犬。

a030903-2019-10-16-06-02.jpeg

どことなくシーサーにも似た狛犬が三角のピラミッドの中にお住まいになっています。

a030905-2019-10-16-06-02.jpeg

十勝の霊気たっぷりの、小さな神社でした。

a030906-2019-10-16-06-02.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください