富良野

投稿日:

a031025-2019-10-21-22-50.jpeg

【富良野市民憲章】

わたしたちは、北海道の中心標が立つ富良野の市民です。
わたしたちは、この美しい自然の環境につつまれながら新しい生産都市をつくりあげるために自信と誇りをもって進みます。
1 明るく健康で働くまち富良野
1 あたたかくみんなの幸せを願うまち富良野
1 大きく未来に生きる知性のまち富良野

― 昭和44年7月28日制定

c1d-2019-10-21-22-50.jpg

a030943-2019-10-21-22-50.jpeg

北海道のほぼ中央にある「富良野」は、花に彩られた優しい町でした。

a030941-2019-10-21-22-50.jpeg

無料で開放された農園も多く、「かんのファーム」もそうしたところの一つです。

a030944-2019-10-21-22-50.jpeg

なだらかな丘にラベンダーをはじめとした季節の花畑が広がるかんのファームは、美瑛で宿泊した「おかせん里」のご主人に勧めていただきました。
駐車場も入場料も無料で開放してくださっている、良心的なファームです。

a030946-2019-10-21-22-50.jpeg

時間の都合で早朝に立ち寄りましたので、外側から写真を撮らせていただきました。

a030937-2019-10-21-22-50.jpeg

かんのファームの駐車場からは、CMに使われた「嵐の木」も見えていました。

a030934-2019-10-21-22-50.jpeg

c1d-2019-10-21-22-50.jpg

a030960-2019-10-21-22-50.jpeg

富良野は今や北海道を代表する観光地の一つとなりましたが、その火付け役となったのは、テレビドラマ『北の国から』でその舞台とされたことが大きな要因となったのは間違い無いでしょう。

a030961-2019-10-21-22-50.jpeg

「美しい日本のむら景観百選」「かおり風景100選」「人と自然が織りなす日本の風景百選」などに選定されており、市町村の魅力度ランキング調査では常にトップ10入りを果たしています。

a030992-2019-10-21-22-50.jpeg

「かみふらの八景」と呼ばれる場所の一つに、驚く景色がありました。

a030989-2019-10-21-22-50.jpeg

波打ちながら、まっすぐに伸びた道。

a031001-2019-10-21-22-50.jpeg

「ジェットコースターの道」と呼ばれる道の両端には、のどかな田園風景が広がっています。

a031011-2019-10-21-22-50.jpeg

かみふらの八景の「パノラマロード江花」も、

a031016-2019-10-21-22-50.jpeg

「第2のジェットコースターの道」と呼ばれているようです。

a031003-2019-10-21-22-50.jpeg

富良野の名の由来は、アイヌ語の「フラヌイ」(hura-nu-i 臭・もつ・所)が転訛したとする説が有力であり、十勝岳を水源とする富良野川が硫黄の臭気を含むことから呼ばれたと考えられています。

a031004-2019-10-21-22-50.jpeg

初夏から秋にかけてはのどかな景色を見せますが、冬季は降雪量が多く、「特別豪雪地帯」に指定されています。

a031005-2019-10-21-22-50.jpeg

最低気温は-20℃を観測することも多く、しばしばダイヤモンドダストを観測することができるのだそうです。

a031006-2019-10-21-22-50.jpeg

このなだらかな丘陵の畑は、画家「後藤純男」も愛した富良野の景色だと、おかせん里のご主人に教えていただきました。

a031008-2019-10-21-22-50.jpeg

c1d-2019-10-21-22-50.jpg

a031018-2019-10-21-22-50.jpeg

富良野は、ちょっとおしゃれな田舎町「ルーバン・フラノ構想」(「ルーラル・田舎」と「アーバン・都会」の造語)を掲げたまちづくりに積極的です。

a031019-2019-10-21-22-50.jpeg

富良野も美瑛と同じように観光することに集中するのではなく、のんびりと滞在する方が向いています。

a031021-2019-10-21-22-50.jpeg

富良野で有名な「ファーム富田」にやってきましたが、こちらも駐車・入場無料ということに驚きました。

a031032-2019-10-21-22-50.jpeg

カラフルな花畑が、まるで絨毯のように広がっています。

a031043-2019-10-21-22-50.jpeg

流行りのSNS映えにぴったりな場所。

a031026-2019-10-21-22-50.jpeg

優しい時間を過ごせました。

a031053-2019-10-21-22-50.jpeg

4件のコメント 追加

  1. iiduka39 より:

    う~ん!

    リアル北海道!😊

    仙台に住んでいながら未だ

    「行ったことが無い~😆」

    やっぱり北海道は長期で行かないともったいないですよね!

    何度も行けるならいいけど

    やっぱり一週間くらいは欲しいですね!😊

    来年には是非行きたいです!

            いーづか39

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      いーづか39さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      北海道、福岡からはずいぶん遠いので羨ましいです。
      でも、東北も素晴らしい。
      福岡ー仙台便を何度も利用して、東北もずいぶん旅しました。
      帰りは「ずんだ茶屋」でお土産を買って帰るのがルーティンになっています。
      芋煮巡り、したいです!

      いいね: 1人

      1. iiduka39 より:

        返信、ありがとうございます!

        もうすでに、お召し上がりになっていらっしゃると思いますが、「はらこめし」「定義山の三角油揚げ」も結構ジワジワ来てます😊

        九州の佐賀にお友達がいます。

        そして、福岡には大親友がいます!

        逢いたいな~!

        ソフトバンク日本一!

        おめでとうございます!⚾🎉

             いーづか39

        いいね: 1人

        1. CHIRICO より:

          はらこめしは以前一度いただいたことがあります。
          鮭の味が濃厚で美味でした!
          もう一度食べたくなりますね。
          定義山の三角油揚げは知りませんでしたが、福島に行った際に「栃尾の油揚げ」をいただきました。
          びっくりするほど肉厚でジューシー、2度目の福島旅でも食べたほどです。

          ソフトバンク、勝っちゃいましたね。
          僕はスポーツ全般に疎いので、街のお祭り騒ぎには乗り遅れていますが、スーパーなどが安売りをしてくれるのは嬉しいです。
          広範囲にお友達がいらっしゃるのですね、羨ましいです!
          福岡・佐賀にも美味しいものがたくさんありますので、ぜひ遊びにいらしてください。

          いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください