珈琲 森の時計

投稿日:

a031166-2019-10-23-21-05.jpeg

「ニングルテラス」は新富良野プリンスホテルの目の前にあります。

a031172-2019-10-23-21-05.jpeg

そこは森の中に広がるショッピングエリア。

a031169-2019-10-23-21-05.jpeg

まるで妖精の森に迷い込んだような錯覚に陥ります。

a031171-2019-10-23-21-05.jpeg

ニングルとは、アイヌに伝わる森に住む身長15cmくらいの小さな妖精のことで、脚本家「倉本聰」氏の舞台「ニングル」にも登場します。
ニングルテラスは倉本聰氏がプロデュースした、小さな手作りクラフトショップが集まる、森の妖精の村。

a031176-2019-10-23-21-05.jpeg

オリジナル作品を販売する14軒の店があり、どれも個性豊かです。

a031178-2019-10-23-21-05.jpeg

「森のろうそく屋」は「北の国から」でもロケが行われました。

a031179-2019-10-23-21-05.jpeg

c1d-2019-10-23-21-05.jpg

a031174-2019-10-23-21-05.jpeg

ニングルテラスの奥にある喫茶店が「森の時計」です。
ここは倉本聰氏のドラマ「優しい時間」で主人公が開いた喫茶店ですが、撮影終了後もそのまま営業しています。

mg_2584-2019-10-23-21-05.jpeg

店内に入ってメニューを見たら、森の野菜を使ったカレーがありました。
小腹が空いたので、これを注文。
なかなかスパイシーで美味しかったです。

mg_2586-2019-10-23-21-05.jpeg

そして珈琲を注文。
すると、スプーンに山盛りに盛られた豆とミルが差し出されました。
「ご自分で豆をお挽きください」というスタイル。
これは「優しい時間」での設定そのまま。

mg_2587-2019-10-23-21-05.jpeg

ゴリゴリゴリゴリ・・・
ミルのハンドルを無心に回します。
自分で豆を挽いたのは何年振りだろうか。
挽き終えると、カウンターのお姉さんが豆をボウルに取り出して、
「香りをご確認ください」
と差し出されます。
すんすんと豆の香りを楽しみます。
うん、芳しい。

mg_2594-2019-10-23-21-05.jpeg

ドリップでじっくり湯を落として、芳醇な珈琲ができあがります。

mg_2593-2019-10-23-21-05.jpeg

演出もさることながら、なんと香り高い珈琲であることか。
北海道旅行の最後まで、実にゆったり楽しませていただきました。

a031175-2019-10-23-21-05.jpeg

2件のコメント 追加

    1. CHIRICO より:

      È una caffetteria interessante!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください