竈山神社:八雲ニ散ル花 木ノ国篇05

九州、物部族の王「彦渚武」の御子に「五瀬」がいた。 五瀬は紀元1世紀頃に、物部族の指導者にまで成長した。 「兄じゃ、ついに好機がきました。今こそ大和に向かうべきです。」 弟「三毛野」と「稲飯」は、兄「五瀬」の元に駆け寄り…