東赤谷連続洞門(東赤谷連続隧道)

投稿日:

b041286-2019-11-12-11-00.jpeg

カタン
カタン
カタタン

君のつま先から弾かれた
小さなかけらは羽ばたいて
吐息のような歌声と
淡雪のような体温と
匂いを乗せて転がって
光たゆたう昼下がり
私に風立ち儚い空へ

c1d-2019-11-12-11-00.jpg

b041237-2019-11-12-11-00.jpeg

最近「絶景」系の雑誌などで紹介され始めている、新フォトジェニックな場所を訪ねてみました。
「東赤谷連続洞門」(ひがしあかたにれんぞくどうもん)です。

b041243-2019-11-12-11-00.jpeg

訪ねてみると、大きな3つのスノーシェードと小さな1つのスノーシェードが連続してありました。

b041246-2019-11-12-11-00.jpeg

地図にもその明確な場所は明記されておらず、新潟県道335号滝谷上赤谷線を目指してなんとかたどり着けました。

b041248-2019-11-12-11-00.jpeg

東赤谷連続洞門は、廃墟を思わせる古びた景観で、不思議な感覚を覚えます。
普通に写真を撮っても絵になりますが、色調を少々変えても楽しい。

b041249-2019-11-12-11-00.jpeg

ただ、現在も使用されている車道であり、道幅は狭く、しかも割と行き交う車も多いので、撮影者は細心の注意が必要です。

b041251-2019-11-12-11-00.jpeg

当地を名付け、世に紹介されたのは、おそらく下記のサイトだと思われます。

– スゴログ –
https://www.sugolog.jp/2010/06/014-higashiakatani.html

b041257-2019-11-12-11-00.jpeg

スゴログさんによるとこの道は、明治時代に鉄山で栄え、昭和には日鉄鉱業に経営された赤谷の鉱山専用線だったものの名残だそうです。

b041255-2019-11-12-11-00.jpeg

赤谷は最盛期には集落に数百人もの職員とその家族が暮らし、人々は毎日飯豊川の橋を渡って鉱山に出勤していました。
橋を渡った先には建造物が林立し、トロッコや人間がいつも走り回っていたということです。

b041252-2019-11-12-11-00.jpeg

シェードの天井をよく見てみると、黒く煤けています。
これは当時の蒸気機関の煙によるもの。
そんな細かなところにも、歴史が刻まれています。

b041269-2019-11-12-11-00.jpeg

深い谷の先に、

b041271-2019-11-12-11-00.jpeg

二つ目の洞門がありました。
こちらには信号機が設置されています。

b041275-2019-11-12-11-00.jpeg

それはこの二つ目の洞門の距離がとても長いため。
もともと機関車の単線だったため、道路幅が狭く、中で離合できません。
それで先の見通しがきかないこの洞門は、交互通行のために信号機が不可欠なのです。

b041262-2019-11-12-11-00.jpeg

それにしても美しい。

b041273-2019-11-12-11-00.jpeg

スゴログさんでは、当初、このスノーシェードを「東赤谷連続隧道」として公開されていました。
するとその幻想的な美しさから多くの人に再紹介され、「東赤谷連続隧道」の名前が浸透していくことになります。

b041274-2019-11-12-11-00.jpeg

しかし「隧道」(すいどう)というのは、いわゆる「トンネル」のことで、山など地中を掘って貫通させたものをいいます。

b041263-2019-11-12-11-00.jpeg

それに対し、山の側面に作られたスノーシェードなどは「洞門」や「覆道」(ふくどう)と呼ぶのが相応しいようです。

b041266-2019-11-12-11-00.jpeg

スゴログさんでは、より正確性を期すため、「東赤谷連続隧道」を改め「東赤谷連続洞門」として紹介されていました。
ですので、当ブログ「偲フ花」でも洞門のほうを採用して紹介させていただきます。

b041277-2019-11-12-11-00.jpeg

廃墟感漂う東赤谷連続洞門にて、雑多な日常を鑑みて思います。
人類が滅亡し、人工物が自然に呑み込まれるその刹那に至って、ようやく我々の生み出したものは美を得るのではないか、と。

b041278-2019-11-12-11-00.jpeg

c1d-2019-11-12-11-00.jpg

b041280-2019-11-12-11-00.jpeg

3つ目の洞門です。

b041287-2019-11-12-11-00.jpeg

こちらは比較的新しい修復箇所が見られます。

b041304-2019-11-12-11-00.jpeg

距離もそう長くはないのですが、曲線が柔らかく、僕はこの洞門が一番美しいと感じました。

b041301-2019-11-12-11-00.jpeg

反響する足音。

b041296-2019-11-12-11-00.jpeg

素敵な場所であり、人に教えてあげたい欲求に襲われながら、あまり多くの人に詰め掛けて欲しくない、とも思ってしまいました。
スゴログさん、僕がこの場所を知るきっかけを与えてくれて、ありがとうございます!

b041290-2019-11-12-11-00.jpeg

c1d-2019-11-12-11-00.jpg

b041298-2019-11-12-11-00.jpeg

4つ目の洞門はとても小さいです。

b041306-2019-11-12-11-00.jpeg

他に人用の小さなトンネルもありました。

一番長かった2番目の洞門の動画を撮ってみました。

動画でも美しさが伝わってきます。

b041313-2019-11-12-11-00.jpeg

東赤谷連続洞門を名残惜しみつつも後にすると、「景勝清水」という場所がありました。

b041317-2019-11-12-11-00.jpeg

戦国時代末期に上杉景勝が新発田氏を攻略するため、その支援者である芦名氏の赤谷城を攻略しようとした時のこと。
陣場山の東斜面の一角を、上杉景勝が水を探して槍であちこち突っついたら清水が湧き出てきたと云われています。

b041314-2019-11-12-11-00.jpeg

現在の景勝清水はその原水から、ここまで引いたもの。

b041316-2019-11-12-11-00.jpeg

景勝が自ら1万騎の大軍を率いて攻撃したところ、城兵は赤谷城に立て籠り、わずか一日で落城、小田切盛昭以下800人の城兵は全滅したと云うことです。

b041310-2019-11-12-11-00.jpeg

景勝清水向かいの路傍からの景色が、また素晴らしいものでした。

b041311-2019-11-12-11-00.jpeg

今年の秋は、急激な気温の低下で、標高のある山頂の紅葉と麓の紅葉が一気に色づいて、奇跡的な美しさを見せていると先日のニュースで流れていました。
私たちの世界は間違いなく終焉に向かっていますが、あなたが美しいならまあいいか、とふと思った次第です。

b041312-2019-11-12-11-00.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください