地蔵寺:四国八十八箇所霊場 第五番札所

投稿日:

c020724-2019-12-19-07-07.jpeg

四国八十八箇所霊場の第五番札所、「無尽山 荘厳院 地蔵寺」(むじんざん しょうごんいん じぞうじ)です。

c020725-2019-12-19-07-07.jpeg

山門をくぐると、見事な大銀杏が黄金色に色付いていました。

c020728-2019-12-19-07-07.jpeg

本尊は延命地蔵菩薩で、胎内仏として勝軍地蔵菩薩が収められているそうです。

c020727-2019-12-19-07-07.jpeg

本尊真言「おん かかかびさんまえい そわか」
ご詠歌「六道の 能化の地蔵 大菩薩 導き給え この世のちの世」

c020738-2019-12-19-07-07.jpeg

寺伝では、弘仁12年(821年)に嵯峨天皇の勅願により、空海が勝軍地蔵菩薩を自ら刻み、本尊として開創したと云います。

c020726-2019-12-19-07-07.jpeg

更に宇多天皇の頃、浄函上人が熊野権現の託宣によって霊木に2尺7寸(約80cm)の延命地蔵尊を刻み、大師が刻んだ地蔵菩薩を胎内に納めたと伝わります。

c020731-2019-12-19-07-07.jpeg

本堂左手、不動堂の裏側に石段があり、少しのぼったところに奥の院があります。

c020737-2019-12-19-07-07.jpeg

ここにコの字型の堂と回廊があり、

c020732-2019-12-19-07-07.jpeg

五百羅漢が安置されています。

c020734-2019-12-19-07-07.jpeg

とはいえ、大正4年参拝者の失火で罹災しており、その数は200ほどになってしまったとのこと。

c020735-2019-12-19-07-07.jpeg

やや滑稽にも見える喜怒哀楽の表情の羅漢は、一種異様な雰囲気を放っていました。

c020739-2019-12-19-07-07.jpeg

05-2019-12-19-07-07.jpg05b-2019-12-19-07-07.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください