十楽寺:四国八十八箇所霊場 第七番札所

投稿日:

c020750-2020-01-6-19-07.jpeg

四国八十八箇所霊場の第七番札所、「光明山 蓮華院 十楽寺」(こうみょうざん れんげいん じゅうらくじ)です。

c020759-2020-01-6-19-07.jpeg

本尊は阿弥陀如来坐像、脇侍は観音菩薩立像と勢至菩薩立像で3躰とも鎌倉期の作と伝えられます。
本尊真言「おん あみりた ていぜい からうん」
ご詠歌「人間の 八苦を早く 離れなば 到らんかたは 九品十楽」

c020758-2020-01-6-19-07.jpeg

遍照殿の額がかけられた中門は中に入ることができ、上層に登っていくと愛染明王が鎮座しています。

c020755-2020-01-6-19-07.jpeg

寺伝によれば、弘法大師・空海がこの地に逗留した際に阿弥陀如来を感得し、楠にその像を刻み本尊として祀ったとされます。

c020754-2020-01-6-19-07.jpeg

が、例によって天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火によりすべてが焼失。
幸運にも、本尊・脇仏・舎利仏など大切なものは住職真然と弟子が運び出し大門ケ原に安置することができたのだそうです。
ただ弟子は矢に射られ亡くなったようで、なんとも無念な話です。

c020756-2020-01-6-19-07.jpeg

07b-2020-01-6-19-07.jpg07-2020-01-6-19-07.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください