大日寺:四国八十八箇所霊場 第十三番札所

投稿日:

c030954-2020-01-14-09-20.jpeg

鮎喰川を渡った平地にある四国八十八箇所霊場の第十三番札所「大栗山 花蔵院 大日寺」(おおぐりざん けぞういん だいにちじ)です。
本尊は十一面観音。
本尊真言「おん まか きゃろにきゃ そわか」
ご詠歌「阿波の国 一の宮とや ゆうだすき かけてたのめや この世後の世」

c030956-2020-01-14-09-20.jpeg

寺伝によれば、弘仁6年(815年)に空海がこの付近にある「大師が森」で護摩修行をしていると大日如来が現れてこの地が霊地であるから一寺を建立せよと告げたとあります。
そこでその大日如来の姿を刻み、堂宇を建立して本尊として安置し「大日寺」と称したというのですが、なぜかもともとこの寺にあった大日如来像は脇仏となり、十一面観音像が本尊として祀られています。

c030958-2020-01-14-09-20.jpeg

当地はかつて、阿波の総鎮守であった一の宮神社だったそうで、その別当寺として大日寺は同じ境内にありました。
この一の宮の本地仏は行基菩薩作の十一面観音像とされており、明治の神仏分離令により大日寺は独立し、その行基作の十一面観音像を本尊としていると云うことのようです。

c030957-2020-01-14-09-20.jpeg

さてさて、僕が四国遍路に関して、急速に情熱を失った大きな理由の一つに、当寺の現状があります。
それは僕が、ネットで当寺の『韓国人に乗っ取られた寺』という噂を見知ったからです。

c030959-2020-01-14-09-20.jpeg

大日寺の前住職は、現住職の金昴先(キムミョウソン)が韓国の伝統舞踊家として1995年に訪日した際、大日寺に宿泊したのが縁で結婚、一人息子の弘昴(こうみょう)氏を授かったのだそうです。
前住職死亡後、金昴先さんは韓国国籍、韓国名を名乗りつつ当寺の新住職を特例で認められています。
ネットの情報によるとこれに檀家さん達は反発、全檀家が引き上げ、今はお遍路さんに寄付をねだる有様だということです。

c030962-2020-01-14-09-20.jpeg

駐車場には奇怪なプレハブが建っていますが、現住職は関西韓国芸術文化団体総連合会の支会長を勤めているということらしく、四国の伝統文化である「阿波踊り」にも韓国から大量にダンサーを呼び寄せ、韓国の衣装であるチマチョゴリを着せて参加させたのだとか。
他にも巨大新興宗教との関わりも示唆され、「日本は私たちの土地である。日本及び対馬は私達の祖先たちが開拓し、支配した私達の土地である」と主張するFBのグループに参加している等々。
検索していると真偽はともかく、これでもかという情報が表示され、気分が悪くなって途中でやめました。

c030960-2020-01-14-09-20.jpeg

c1d-2020-01-14-09-20.jpg

c030961-2020-01-14-09-20.jpeg

現在は札所から外す遍路さんもいるという話ですが、大日寺を道挟んで渡ったところには、先述の一の宮神社が鎮座していますので、こちらを参拝するのも良いかもしれません。

c030948-2020-01-14-09-20.jpeg

やや寂れた感はありますが、往時の神威が多少なりと残されています。

c030949-2020-01-14-09-20.jpeg

大日寺で朱印をいただいた限りでは、おそらく件の女住職さんが対応されたのですが、流暢な筆さばきで墨書きされました。
半島系の人はこっそり、ハングル文字などを忍ばせることをよくしたりしますが、見た感じそのようには見えません。

c030950-2020-01-14-09-20.jpeg

住職の様子も境内の様子も、噂で聞いていたよりもおとなしめで、普通の札所と同じように思えました。

c030951-2020-01-14-09-20.jpeg

金昴先さんが真面目に訪れる遍路者たちの姿に、真っ当な札所の住職として歩まれることを決意されたのだとしたら幸いです。
が、結局のところ僕にはどうだっていい話。
社殿が焼かれようが、不心得者に穢されようが、そんなことは矮小で浅はかな人間のすることに過ぎません。
太古から降り積もった聖域はそこに一切の人工物が無くとも、1mmも価値が揺らぐことはない。
僕はただ、そこに坐す大いなるものに頭を垂れるのです。

c030953-2020-01-14-09-20.jpeg

13b-2020-01-14-09-20.jpg13-2020-01-14-09-20.jpg

2件のコメント 追加

  1. 原田 より:

    個人の考えなので別にいいですけど
    情報が間違っていますね。13番札所の前
    住職の評判は悪くなかったと思います。
    参拝に行った時、偶然に大日寺の前住職のお葬式を見ましたが、人柄がわかるぐらいの立派なお葬式でした。人々に尊敬された住職だと聞いておりますが、、

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      こんにちは、原田様。
      ご指摘ありがとうございます。
      なるほど、確かにネットの情報を鵜呑みにして故人を悪く言うのは配慮に欠けるというものです。
      早いうちに内容の訂正をさせていただきます。
      しかしながら、寺院に限らず神社でも、日本人の信仰心を利用して侵食を企てる向きがあるようで、極めて憂慮しております。

      これは私の私見、というかそれこそ個人的な思い込みということになるのでしょうが、
      例えば古来からある日本人原始の信仰に、何かしらの思惑を忍び込ませようとした場合、そこには生理的に気持ちの悪い、如何ともしがたい違和感を感じることが多々あります。
      大日寺で言えば、山門の先にある合掌の像です。
      あれがいつの頃からそこに置かれてあるのか知りませんが、あの聖域において、強烈に違和感を僕に感じさせるのです。
      お向かいの一の宮神社などとても清々しく素晴らしいのに、それが個人的には残念です。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください