寒川神社:八雲ニ散ル花 東ノ国篇 16

投稿日:

2170277-2020-05-10-18-00.jpeg

大彦は北陸道を通り信濃国で没し、当時はすでに更級郡の布制神社に祭られていた。
かれは越前国足羽郡に子孫を残したが、子孫・足羽臣は阿須波の神を祭る足羽神社の社家となった。
足羽氏は信濃にも移住し、諏訪大社上社の社家になっている。
また諏訪大社の神氏の一部が相模国に移り、寒川神社を建て祭祀をつかさどったと言う。
神氏の後裔に阿倍氏と足羽氏があって、久奴国の領域に浅羽氏の地盤があった。

ー 大元出版 谷日佐彦 著『事代主の伊豆建国』 ー

c1d-2020-05-10-18-00.jpg

2170259-2020-05-10-18-00.jpeg

神奈川県高座郡寒川町宮山に鎮座する、相模國一之宮「寒川神社」(さむかわじんじゃ)を訪ねました。
神奈川県内の神社では、初詣の参拝者数が鎌倉市の鶴岡八幡宮に次いで2番目に多いのだそうです。

2170248-2020-05-10-18-00.jpeg

寒川神社本殿参拝に先立って、末社の宮山神社を奉拝しました。

2170250-2020-05-10-18-00.jpeg

宮山神社は寒川神社境内の西方に位置し、宮山地区にあった琴平社・八劔社・雷社・若宮八幡社・祢岐志社・稲荷社・三峰社の7社を合祀した神社です。

2170252-2020-05-10-18-00.jpeg

祭神は大物主・須佐之男神・建御雷之男神・大雀命・聖神・宇迦之御魂命・伊邪那岐命・伊邪那美命の8柱。

2170253-2020-05-10-18-00.jpeg

白豆腐を供えて祈ると母乳に恵まれるそうで、安産・子安の信仰が窺えます。

2170254-2020-05-10-18-00.jpeg

また境内には大東亜戦争終結20年を機に建立された平和塔「和光」が置かれていました。

c1d-2020-05-10-18-00.jpg

2170263-2020-05-10-18-00.jpeg

参道入口へ戻り、改めて寒川神社参拝へと進みます。

2170264-2020-05-10-18-00.jpeg

この神社は「ご来光の道」といわれるレイライン上に鎮座し、春分・秋分・夏至・冬至の時に太陽が神社の真上を通ると云われています。

2170271-2020-05-10-18-00.jpeg

また寒川神社から見た時、夏至の日は丹沢の大山に、春分・秋分の日は富士山に、冬至の日は箱根の神山に陽が沈むそうで、太陽信仰を持つ一族が当地を聖域とした可能性が濃厚です。

2170273-2020-05-10-18-00.jpeg

心地よい参道の先に、立派な神門がありました。

2170275-2020-05-10-18-00.jpeg

社伝によると、創建時期は不詳であるが極めて古いとされ、約1600年前の雄略天皇の御代には既に朝廷より幣帛の奉勅があったとされ、延喜式神名帳には相模国唯一の国幣大社として朝廷の名神大社に列格されていたそうです。

2170279-2020-05-10-18-00.jpeg

神門の手前に神馬舎がありましたが、

2170280-2020-05-10-18-00.jpeg

見目麗しい神馬の手綱を引くのはなんと、

2170281-2020-05-10-18-00.jpeg

白毛の神猿でした。

2170272-2020-05-10-18-00.jpeg

c1d-2020-05-10-18-00.jpg

2170276-2020-05-10-18-00.jpeg

身を正して神門をくぐると、

2170282-2020-05-10-18-00.jpeg

とても見事な社殿がありました。

2170283-2020-05-10-18-00.jpeg

当社の祭神は、「寒川比古命」(さむかわひこのみこと)と「寒川比女命」(さむかわひめのみこと)の2柱で、「寒川大明神」と総称されています。

2170284-2020-05-10-18-00.jpeg

この神は記紀に記載がなく、詳細は不明とされ、「大水上命」(おおみなかみのかみ)の御子、八幡神、菊理媛命、澤女神、素盞嗚命と稲田姫、大己貴尊であるなどと諸説考察されています。

2170285-2020-05-10-18-00.jpeg

古代出雲王家の子孫「富家」の伝承本、大元出版系の書籍にもほとんど記されることは無いのですが、唯一、谷日佐彦著の『事代主の伊豆建国』にその記述を見つけました。
それによると、「諏訪大社の神氏の一部が相模国に移り、寒川神社を建て祭祀をつかさどった」と記されています。

2170286-2020-05-10-18-00.jpeg

大彦が越前国足羽郡に残した子孫に足羽氏がおり、足羽の一族は信濃にも移住し、諏訪大社上社の社家になっていると云います。
諏訪大社の神氏(みわし)といえば年少の現人神「大祝」(おおほうり)を務めた氏族です。
一般にはタケミナカタの子孫であるとされていますが、僕はその考察で大彦の子孫であった可能性を示唆したところです。

2170291-2020-05-10-18-00.jpeg

拝殿の右手には寒川神社のドラゴンボール「渾天儀」のレプリカがあります。
これは天体の位置や星を観測するための器具だと云われています。

2170288-2020-05-10-18-00.jpeg

寒川神社は、全国で唯一の八方除祈願の神社として信仰厚く、日本で最も昇殿祈祷者が多い神社としても知られています。

mg_40202-2020-05-10-18-00.jpeg

古代出雲族のサイノカミ信仰で、幸姫は「ヤチマタヒメ」とも呼ばれていました。
「チマタ」とは八方に道が伸びる分かれ道を意味しており、子孫繁栄の中心である母神を表現した呼び名でした。

2170289-2020-05-10-18-00.jpeg

つまり当社における八方除祈願とは、大彦の子孫が当地に至り、サイノカミを祀った名残ではなかろうかと推察するに至るのです。

2170287-2020-05-10-18-00.jpeg

c1d-2020-05-10-18-00.jpg

img-map23-thm-2020-05-10-18-00.jpg

寒川神社本殿の裏手には、「神嶽山神苑」(かんたけやましんえん)という神苑が広がります。
入苑料は無料なのですが、本殿で祈祷を受けた者に限り拝観できるという条件があります。
当然ながら僕も本殿祈祷を受けたのですが、あいにく神苑は休苑中で伺うことが叶いませんでした。
なので写真は寒川神社公式サイト様より拝借しております。

img-map18-thm-2020-05-10-18-00-1.jpg

寒川神社の起源と深い関係がある「難波の小池」(なんばのこいけ)を中心に、裏山の神嶽山(かんたけやま)を主とした神苑です。
元は禁足地であったが、2009年に「神嶽山神苑」として整備されたそうです。

img-map19-thm-2020-05-10-18-00-1.jpg

寒川神社が建立された当時は海水準が高く、この辺りは直接相模湾に面していたと考えられています。
また近辺には縄文時代の祭祀跡や遺跡も数多く発掘されており、大彦の時代よりはるか前から住まう民族がいたことを示しています。

2170293-2020-05-10-18-00.jpeg

神苑に入る事叶わず、外周をぶらり歩いていると、ひっそりと一角に道祖神が祀られていました。
それを見て、ニヤリと笑みを漏らしたものです。

2170294-2020-05-10-18-00.jpeg

2406e5af92e5b79de7a59ee7a4be-2020-05-10-18-00.jpg

2件のコメント 追加

  1. KYO より:

    相模國一之宮にも行かれたんですね☺️
    最近のことは判りませんが、以前は特に車の御守りはこちらで、という人が多かったように思います。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      こんにちは、KYOさん。
      この鎌倉旅の最大の目的地が寒川神社でした。
      鶴岡八幡宮や江ノ島のような華やかさは無いものの、どっしりと落ち着いた良い雰囲気の神社でした。
      八方除け故に交通安全なのでしょうかね。
      福岡では宗像大社が有名です。
      裏の神苑に行けなかったのが心残りです。
      コロナが落ち着いたら、また訪ねたいです。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください