太宰府天満宮・或日

投稿日:

p4300280-2020-05-12-10-28.jpeg

氏神様へのいつものご挨拶と、コロナ終息を願い太宰府へ。

p4300282-2020-05-12-10-28.jpeg

あの賑やかだった参道もシャッター通りとなり、ただただ閑散としていました。

p4300281-2020-05-12-10-28.jpeg

音が消えた太宰府天満宮。

p4300283-2020-05-12-10-28.jpeg

騒々しい人で溢れていた時は心底うんざりしていましたが、賑わいのない参道はこの神社には似合わない。

p4300285-2020-05-12-10-28.jpeg

c1d-2020-05-12-10-28.jpg

p4300284-2020-05-12-10-28.jpeg

物心ついた時から、僕の人生と共にあった神社。

p4300288-2020-05-12-10-28.jpeg

数え切れないほど足を運んだ境内は、

p4300291-2020-05-12-10-28.jpeg

いつ見ても美しい。

p4300292-2020-05-12-10-28.jpeg

しかし何故、今日の天満宮はこれほど切なく感じるのか。

p4300289-2020-05-12-10-28.jpeg

新緑の葉が眼に眩しい。

p4300293-2020-05-12-10-28.jpeg

過去・現在・未来の橋を、

p4300294-2020-05-12-10-28.jpeg

振り向かず、立ち止まらず、つまずかず、

p4300295-2020-05-12-10-28.jpeg

その先へ向かって歩みます。

p4300296-2020-05-12-10-28.jpeg

僕が生まれた時から、ずっと繰り返してきた事。

p4300297-2020-05-12-10-28.jpeg

アフターコロナの世界は、生活の変容を迫られるというけど、

p4300298-2020-05-12-10-28.jpeg

僕の真ん中は変わらない。

p4300299-2020-05-12-10-28.jpeg

粛々とひたむきに、

p4300300-2020-05-12-10-28.jpeg

ただただまっすぐ歩むだけ。

p4300301-2020-05-12-10-28.jpeg

こんにちは、神様。
これまでもありがとう。

p4300304-2020-05-12-10-28.jpeg

またこれからも、歩んでまいります。

p4300305-2020-05-12-10-28.jpeg

2件のコメント 追加

  1. Yopioid より:

    ここまで人が居ないと、お日様がいくら照らしても寒々しい感じがしますが、よく考えたら神様もちょっと退屈してて、一対一で、むしろお願いもよく聞き届けてくださったのではないでしょうか。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      このご時世ですから長居はしませんでしたが、それでもいつもより貴重な時間を過ごせたのは間違いないです。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください