佐嘉神社

投稿日:

5250628-2020-06-2-11-00.jpeg

佐賀県佐賀市にある「佐嘉神社」(さがじんじゃ)を訪ねました。

5250685-2020-06-2-11-00.jpeg

正門入り口には大砲などが置かれており、一般の神社とは違う趣です。

5250686-2020-06-2-11-00.jpeg

それは江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつであるのが理由。

p5250687-2020-06-2-11-00.jpeg

祭神の佐賀藩10代藩主「鍋島直正」は、藩政改革を行い、大隈重信・江藤新平らの人材を育成した人物です。

5250629-2020-06-2-11-00.jpeg

また同じく祭神である11代藩主「鍋島直大」は、戊辰戦争で官軍として戦い、明治2年には版籍奉還を申し出でました。

5250630-2020-06-2-11-00.jpeg

c1d-2020-06-2-11-00.jpg

5250634-2020-06-2-11-00.jpeg

神門をくぐると箱庭のような神域が広がります。

5250631-2020-06-2-11-00.jpeg

直正の歿後の明治6年(1873年)、直正の威徳を賛え、鍋島家の祖先を祀る松原神社に南殿を造営し、直正が祀られることになりました。

5250632-2020-06-2-11-00.jpeg

昭和4年(1929年)、別格官幣社として佐嘉神社の創建が決定し、昭和8年(1933年)に社殿造営、その後松原神社の直正の霊を遷座しました。

5250635-2020-06-2-11-00.jpeg

昭和23年(1948年)に松原神社南殿に祀られていた直大の霊を当社に合祀し、今の祭神となっています。

5250636-2020-06-2-11-00.jpeg

c1d-2020-06-2-11-00.jpg

5250667-2020-06-2-11-00.jpeg

ところで、佐嘉神社境内には八つの神社があり、この八社を巡りをすると大願が叶うと云われています。

5250666-2020-06-2-11-00.jpeg

その一番社である佐嘉神社の東側にそれぞれの社が立ち並んでいます。

5250638-2020-06-2-11-00.jpeg

佐嘉神社の東門を出てすぐ隣にあるのが二番社の「松根社」です。

5250639-2020-06-2-11-00.jpeg

幼い頃から礼儀作法や学問、また書や絵画、和歌、雅楽の才能に優れた「古川松根」を祭神としています。

5250640-2020-06-2-11-00.jpeg

その隣には八番社の「松原梛木社」。
梛の葉は葉脈が縦に入っていて引張ってもなかなか切れないことから、縁結びのご利益があると云われます。

5250642-2020-06-2-11-00.jpeg

c1d-2020-06-2-11-00.jpg

5250661-2020-06-2-11-00.jpeg

四番社の「佐嘉荒神社」は火之大神と竃之大神を祀り、

5250675-2020-06-2-11-00.jpeg

台所・厨房などの災難除けのご利益があるそうです。

5250676-2020-06-2-11-00.jpeg

こちらの狛犬は侘びた趣があります。

5250662-2020-06-2-11-00.jpeg

五番社の「松原恵比須社」は台座に金鉱石が用いられた恵比寿像が祀られています。
佐賀には700体余りの恵比寿神像が祀られているそうですが、当像は宝くじ当選の守り神「あたり恵比寿」として人気を集めています。

5250663-2020-06-2-11-00.jpeg

六番社の「松原稲荷神社」。

5250664-2020-06-2-11-00.jpeg

日本人の主食である稲の豊かな実りを守る神として家内安全・商売繁盛のご利益があると云われます。

5250671-2020-06-2-11-00.jpeg

外堀に面して鎮座するのが

5250669-2020-06-2-11-00.jpeg

七番社の「松原河童社」。
水害から子ども達を守りたいという願いから建てられました。

5250679-2020-06-2-11-00.jpeg

その昔、松原川には「兵主部」(ひょうすべ)という河童が棲んでおり、子どもを川に引きずり水難に遭わせていたと伝えられます。

5250678-2020-06-2-11-00.jpeg

当時城主だった鍋島直茂は兵主部を捕えて戒め、子どもを守ることを約束させました。

5250680-2020-06-2-11-00.jpeg

以来、兵主部は木像に姿を変え、約230年前から約束を守り続けているのだそうです。

5250674-2020-06-2-11-00.jpeg

松原河童社の向かい側には、樹齢約620年とされる「松原の大楠」が屹立しています。

5250673-2020-06-2-11-00.jpeg

その奥にはひっそりと陶磁製の鳥居が置かれていました。

5250672-2020-06-2-11-00.jpeg

c1d-2020-06-2-11-00.jpg

5250644-2020-06-2-11-00.jpeg

さて三番社の「松原神社」です。

5250645-2020-06-2-11-00.jpeg

由緒によると、本来当地に鎮座していた主たる神社がこちらとなります。

5250647-2020-06-2-11-00.jpeg

祭神は「鍋島直茂命」「鍋島清久命」「彦鶴姫命」「鍋島勝茂命」「龍造寺隆信命」「龍造寺政家命」「龍造寺高房命」。

5250646-2020-06-2-11-00.jpeg

昭和36年に佐嘉神社と運営を一本化されています。

5250649-2020-06-2-11-00.jpeg

安永元年(1772年)、鍋島家の始祖「鍋島直茂」を祀る神社として創建されました。

5250648-2020-06-2-11-00.jpeg

文化14年(1817年)に直茂の祖父「清久」、直茂の正室「彦鶴姫」が合祀されています。
明治5年には初代藩主「勝茂」を合祀し、この時「松原神社」に改称されています。

5250684-2020-06-2-11-00.jpeg

明治6年(1873年)、元からあった本殿の北と南に新たに神殿を造営し、南殿に10代藩主鍋島直正を、

5250682-2020-06-2-11-00.jpeg

北殿に鍋島氏以前に佐賀を治めていた龍造寺家の隆信・政家・高房を祀りました。

5250683-2020-06-2-11-00.jpeg

元からあった本殿は、これ以降「中殿」と称されるようになります。

5250655-2020-06-2-11-00.jpeg

昭和8年に佐嘉神社が造営され、南殿の鍋島直正の霊が遷座され、その後大正12年(1912年)に南殿に合祀されていたの鍋島直大の霊も佐嘉神社に遷座され、南殿は廃止されることになりました。

5250656-2020-06-2-11-00.jpeg

昭和38年、松原神社本殿を改築し、中殿・北殿を一つにして今の松原社の形態になっています。

5250651-2020-06-2-11-00.jpeg

松原社の右側に立て札があります。

5250657-2020-06-2-11-00.jpeg

それによるとこの屋根組みは江戸中期頃の作で、日本建築と西洋建築の技術合作であるということです。

5250659-2020-06-2-11-00.jpeg

なるほど!とは思いましたが、建築は素人なのでよく分かりませんでした。
見る人が見たらすごいのでしょうね。

5250660-2020-06-2-11-00.jpeg

0317e4bd90e8b380e7a59ee7a4be-2020-06-2-11-00.jpg

2件のコメント 追加

  1. Bentornato! Welcome Chirico 🙋🏼‍♀️

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      Di recente, ho esaurito il materiale (^^)
      Voglio viaggiare velocemente!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください