参)出雲王家と古代氏族 系図:八雲ニ散ル花 付録

投稿日:

keizu-2020-07-18-09-00.jpeg

八雲ニ散ル花」シリーズが完結したのに合わせて、出雲王家と古代氏族の系図をまとめてみました。
何しろ複雑でしたので、十分ミスもあると思われますし、書ききれていない部分も多分にあります。
この系図は古代東出雲王家「富家」の伝承と、その他の資料をもとに、個人的探求の資料として作成した ものであり、史実や歴史的研究を決定づけるものではありません。 正確性に欠ける内容も多く、個人的参考以上の目的での利用を禁止します。
また、2次利用を固く禁じるものとします。

当資料は万世一系を否定するものではありません。
個人的な意見になりますが、様々な資料、現地取材を経て、大和初代天村雲帝より連綿と受け継がれる血統を確信するに至りました。
私は万世一系を支持します。

上記をご理解、ご了承いただける方は、PDFよりご参照ください。

尚、追加や変更した方が良いご提案がございましたら、ぜひコメントください。
可能な限り修正し、より充実した系図にしていきたいと願っております。

※2018.5.30:今上天皇までの系図を加えました。
※2019.2.20:建御名方系図・菅原氏・藤原氏系図を追加しました。
※2020.7.18:物部氏・豊氏系図の追加と若干の修正を加えました。

https://omouhana.files.wordpress.com/2020/07/keizu12-2020-07-18-09-00.pdf

c1d-2018-05-25-21-18.jpg

また、「世界の歴史まっぷ」さんから、旧国名の地図をお借りしました。
https://www.sekainorekisi.com

e59bbde79c8ce5afbee785a7e8a1a81024-2018-05-25-21-18.png

12件のコメント 追加

  1. momoji より:

    はじめまして、
    島根のももじと申します。
    いつも楽しく拝見しております。

    母方は出雲国風土記に載る宮を
    代々守る宮司家で、遡ればおそらく和邇族だと思います。
    色々と訳があって、ずっと自分のルーツ探しをしてきました。

    こちらの系図を拝見して、思わず気が遠くなるほど感激致しました。
    おそらく先祖も喜んでいることと思います(σ*´∀`)

    わたしのブログにリンクを貼らせていただきたいのですが、
    大丈夫でしょうか?
    普段は趣味のビーチコーミング記事を載せております↓

    https://ameblo.jp/momojiro858/

    ご縁に感謝いたします☆

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      こんにちはももじ様。
      ようこそお越しくださいました♪

      古代出雲王家の伝承本では、磯城・大和王朝の最後の大王「彦道主」帝が、奈良の和邇の地に都を移したので和邇家と呼ばれるようになったとあります。
      物部勢力に圧された彦道主帝はその後、丹波から伯耆國方面に移られたようです。
      しかし出雲族はもともと龍神信仰がありましたので、海人族としての和邇族は、もともとから伯耆國あたりに住まう出雲族だったのではないでしょうか。
      出雲族の前身であるインドのドラヴィダ族は、ヘビとワニの体を併せ持つナーガという神を信仰していました。
      日本にはワニはいませんでしたから、フカをワニと称して畏れ崇め、和邇神を祀る民を和邇族と称したのでしょう。
      因幡の素兎に出てくる、ずる賢いうさぎには宇佐族の、お人好しで騙されやすいサメには出雲族の特徴がよく表されています。

      僕は大の出雲好きですが、富王家伝承を紐解いてブログにしていると、一部の宮司家様には大変失礼な内容を公表しているのではないかと思っています。
      しかしある程度の無礼を承知で考察していくことでしか、見えてこないものもあります。
      僕の系図で、喜んでいただけるのであれば、それも報われるものです。

      リンクいただけるとのこと、ありがとうございます。
      ビーチコーミングの記事、拝見しましたが、ゴミ拾いもなされているとのことで頭が下がります。
      海岸を訪れた時の、最近のゴミの有様を見て悲しくなります。
      他にも積極的に、前向きにゴミ拾いをなさっている方を何人か知っていますが、そうした方々にこそ神様は、きっと素敵な贈り物を届けてくれるのでしょうね。
      僕もせっかく各地に出かけるのなら、少しでもゴミを拾って、これまで見せていただいた美しい風景への恩返しをしたいと思います。
      素敵な記事、ありがとうございました!

      いいね

      1. momoji より:

        CHIRICOさん、
        ありがとうございます(*^^*)
        ブログ読んで下さって
        とても嬉しいです☆

        和邇について、色々と教えていただきありがたいです(о´∀`о)

        そして、歴史に対する姿勢に
        共感いたします。

        たとえ同じ時代を生きていたとしても、そこに10人居たら、10通りの物語が存在しているわけで、

        どれが正解か、不正解かでは計り知れない世界が、そこに在るのだと思います。

        CHIRICOさんが、ご自身の物語を真摯に紡がれていることが、
        私や他の人にとっても心強い励みとなります。
        世の中には色んな意見があるのでしょうが、迷わず進んでいって下さい、島根から応援しております。

        ちなみに以前、祖母家の神社にお詣りしてくださった時の記事からこちらのブログを知りました。
        来てくださってありがとうございました(*^^*)

        いいね: 1人

        1. CHIRICO より:

          こんにちは、もみじ様。
          応援ありがとうございます!
          島根の神社もずいぶんたくさん参拝させていただきました。
          当ブログの性質上、写真をたくさん撮らせていただいておりまして、もちろん失礼のないよう撮影禁止の場所、禁足地へは最大の配慮をしておりますが、それでも不敬があるのではないかと気がかりもございます。
          こうして、社家の方も私のブログへ訪れていただく可能性もあり、改めて気が引き締まる思いです。

          私は物心ついた時から、近所の神社が遊び場で、社殿の裏山などは格好の冒険の場所でした。
          20代後半に一年だけ、広島の三次に住んだことがあり、その時から島根・出雲は大好きな場所になりました。
          こうして島根の各社を参拝させていただいて、その気持ちはますます深まります。
          そんな島根の神社にゆかりのあるもみじさんが羨ましく、また応援いただけることがとても嬉しいです。

          和邇氏については、あまり多くの情報を持っていませんが、奈良の春日大社に「榎本神社」という神社があり、元々春日大社の場所で祀られていた神様だそうですが、タケミカヅチに社地を騙し取られたという伝承が残されているようです。
          この榎本神社を祀っていたのは和邇氏であり、榎本とは航海に欠かせない道しるべである北斗七星の柄杓の柄の元を指すという解釈もあるそうです。
          興味深いですね。

          https://omouhana.com/2018/05/13/春日大社%E3%80%80後編:記紀ニ偲フ%E3%80%8002/

          もみじ様、そして祖母様と島根でご縁があったのかと思うと、これもまた感慨深いですね。
          ありがとうございます。

          いいね

  2. Yopioid より:

    すごい!!力作ですね。出雲と大和のあけぼのの巻末図をやっと頭に入れたところです。最近出雲と蘇我王国を読み始めました。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      もうね、何度意識が飛びかけたことかね、そんな感じです。
      後から新たな系図が手に入ったとして、どこの隙間に入れ込むのかの戦いでもありました。
      しかもこの系図を作成しているアプリが途中でサポート終了してしまい、開かなくなるのが怖くて、OSのバージョンアップできないでいます。
      一度プリントアウトしましたが、A4で48まい分に拡大してやっと読めるレベルだったくらいに、渾身の作です笑

      いいね: 1人

      1. CHIRICO より:

        出雲と蘇我王国、冒頭の告白のところはじんときます。
        あけぼのより、更にエキサイティングな内容ですよ。
        楽しんでください!

        いいね

  3. くろ より:

    読みたいです!最大拡大でも読み取れません!

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      くろさん、こんにちは。
      すみません、なにしろ膨大な情報量で、一枚にまとめるのが無理というものですね。
      PC環境にもよるようですが、一度ダウンロードしていただいて、Acrobatreader等のアプリで閲覧いただくと、かなり拡大できるようです。
      Webからの閲覧では、拡大に制限があるようですね。
      あくまで、僕個人の確認用として作成していますので、ご了承ください。

      いいね

  4. zabi8 より:

    系図の作成ありがとうございます。
    ダウンロードして拝見しましたが、文字が潰れて読めません。
    参照アプリや、解像度の問題でしょうか?

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      こんにちは、ZABI8様。
      系図に関しましては、内容をかなりぶち込んでいますので、ごちゃごちゃしてしまっています。
      Macで、Xmindというソフトを使用して作成していますが、ソフトは開発が打ち切られている現状です。
      ソフトからPDF出力して作成していますが、環境によっては見れない可能性はあるのかもしれません。
      後ほど調整可能のようでしたら、チャレンジしてみます。
      あくまで自分の整理用として作成しておりますので、ご覧いただけない場合はご了承ください。

      いいね

      1. CHIRICO より:

        ZABI8様
        フォントをヒラギノに変更し、BOLDをかけてた部分を解除してみました。
        どうぞご確認ください。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください