早吸日女神社:八雲ニ散ル花 海祇ノ比賣巫女篇 異聞

投稿日:

7200538-2020-07-29-16-02.jpeg

紀元前667年、「神日本磐余彦尊」(かむやまといわれひこのみこと)は東征の途中、速吸の瀬戸に至った。
その流れはあまりに激しく、荒々しかった。
尊が立ち往生していると、その土地の海女の姉妹「黒砂」(いさご)と「真砂」(まさご)の二神は尊に告げて、海底に棲まう大蛸の元へと向かった。
海女の姉妹は潮の流れを鎮めるため、海底で大蛸が護る神剣を取り上げ、急ぎ浮上し尊へ奉献した。
神日本磐余彦尊は自らこの神剣をを御神体として、祓戸の神「速吸日女」を奉り建国を請願した。
すると潮の流れも鎮り、尊の一行は無事、速吸の瀬戸を通過することができたのだという。

c1d-2020-07-29-16-02.jpg

7200566-2020-07-29-16-02.jpeg

身の締まった関サバ・関アジで有名な大分の東端「佐賀関」へと車を走らせました。
それは旨い刺身を食べるためでなく、とある神社を訪ねるためです。

7200516-2020-07-29-16-02.jpeg

その神社は「早吸日女神社」(はやすいひめじんじゃ)。
はやすひめ、速吸日女とも表記・呼称される神社です。

7200517-2020-07-29-16-02.jpeg

のどかな港町にその神社はありました。
神門はどことなく龍宮を感じさせます。

7200519-2020-07-29-16-02.jpeg

参道を歩いていくと、

7200520-2020-07-29-16-02.jpeg

左手の池の中に「市杵嶋姫神」を祀る厳島社、

7200561-2020-07-29-16-02.jpeg

右手には少し境内が広がり、同じく池の中に「天照皇大神」を祀る神明社が鎮座します。

7200560-2020-07-29-16-02.jpeg

亀の石碑があり、

7200559-2020-07-29-16-02.jpeg

護国神社と

7200558-2020-07-29-16-02.jpeg

「菅原道真」を祀る天満社が立ち並び、

7200557-2020-07-29-16-02.jpeg

奥の杜に稲荷社が鎮座していました。

7200562-2020-07-29-16-02.jpeg

c1d-2020-07-29-16-02.jpg

7200524-2020-07-29-16-02.jpeg

再び参道を進みます。

7200528-2020-07-29-16-02.jpeg

正面に見える社殿が本社かと思いきや、こちらは伊邪那伎社(いざなぎしゃ)でした。
祭神の「伊邪那伎神」が禊をしたのが速吸の瀬戸であると言い伝えられ、その時落とした神剣を速水の大蛸が守っているとされていました。

7200527-2020-07-29-16-02.jpeg

伊邪那伎社の辺りにも境内社群があり、左から御供殿、真ん中左が生土社、右が相殿社、一番右が木本社です。
生土社は「埴安神」、相殿社は「健磐龍神」と「武内宿祢神」を祀り、木本社は「椎根津彦神」を祀るといいます。
椎根津彦(しいねつひこ)、この聞きなれない神は『日本書紀』に記され、『古事記』では「槁根津日子」(さおねつひこ)と記され、または「珍彦」(うずひこ)と呼ばれる人物です。
丹後半島の「籠神社」(このじんじゃ)には「別名・珍彦・椎根津彦・神知津彦  籠宮主祭神天孫彦火明命第四代 海部宮司家四代目の祖 神武東征の途次、明石海峡(速吸門)に亀に乗って現れ、神武天皇を先導して浪速、河内、大和へと進み、幾多の献策に依り大和建国の第一の功労者として、神武天皇から倭宿禰(やまとすくね)の称号を賜る。外に大倭国造、倭直とも云う。」とあるそうです。
記紀では神武天皇の道行を先導した人物とされますが、富王家の伝承では珍彦は海家の子孫であり、第一次物部東征において物部五瀬に毒矢を射たと伝えられています。

7200526-2020-07-29-16-02.jpeg

こちらの境内社には左から「大年神・御年神」を祀る歳神社、「醍醐天皇」を祀る天然社、そして海女の姉妹「黒砂神」「真砂神」を祀る若御子社となっています。
地元の伝承によれば、「神武天皇東征の途中、速吸の瀬戸で黒砂・真砂の姉妹が海底の大蛸からとりあげた神剣を天皇に奉献すると、天皇が自ら神剣を御神体とし早吸の神と奉斎した。神剣を献したのち黒砂・真砂の姉妹の海女は息絶えた」とあるそうです。
なぜ姉妹は息絶えてしまったのか。
海流に呑まれたか、力尽きたか、大蛸の呪いをうけたのか。
しかし真実は別のところにあるように思えてなりません。

7200529-2020-07-29-16-02.jpeg

参道正面から逸れるようにカーブを描いて進んだところに本宮があります。

7200530-2020-07-29-16-02.jpeg

とても風格のある社殿。

7200552-2020-07-29-16-02.jpeg

屋根には龍宮のような三重塔や

7200554-2020-07-29-16-02.jpeg

亀に乗った浦島の像があります。

7200553-2020-07-29-16-02.jpeg

まるでこの聖域こそが龍宮であると言わんばかりです。

7200534-2020-07-29-16-02.jpeg

当社の祭神は「八十枉津日神」(やそまがつひのかみ)、「大直日神」(おおなほびのかみ)、「底筒男神」(そこつつおのかみ)「中筒男神」(なかつつのおのかみ)「表筒男神」(うはつつのおのかみ)の「住吉三神」、「大地海原諸神」(おほとこうなはらもろもろのかみ)以上です。
以上、そう、なぜか「黒砂神」「真砂神」の海女姉妹はおろか、「早吸日女神」の名も無いのです。

7200535-2020-07-29-16-02.jpeg

拝殿の中には、他の神社では見られない、変わったものがたくさん貼り付けてあります。

7200536-2020-07-29-16-02.jpeg

長い間神剣を守護していた大蛸は神社の眷族とされており、仕える神職は一切口にしないと云います。
参拝者は心願成就を書き入れた蛸の絵を奉納し、一定期間蛸を食べない「タコ絶ち祈願」が今も行われているそうで、これはその奉納絵馬ということになります。

7200540-2020-07-29-16-02.jpeg

ところで、早吸日女は存在しない人物なのか?
いえ、見つけました、『ホツマツタヱ』(秀真伝)の中に。。。

7200542-2020-07-29-16-02.jpeg

カタカムナ、竹内文書、そしてホツマツタヱ。
記紀とは異なる記述内容であるが故に多くの歴史研究者から偽書と認定され、またこれぞ真の歴史であると根強い信奉者がいるそれらの文書。
富家伝承も似たようなものだろという声が聞こえてきそうですが、いや、全く違います。
オカルト、超常現象、超神秘などを一切排除して、リアルな歴史として紡がれる富王家の伝承に対して、結局前者は記紀の神話幻想の世界から逸脱できていないのです。
それらの中から真実を拾い上げようとする行為は、ドロドロの汚水の中に、肩まで腕を突っ込み、指先で真実の小石をまさぐり拾い上げるようなもの。

7200537-2020-07-29-16-02.jpeg

しかし他に手がかりがない以上、ホツマツタヱに腕を突っ込むしかありません。
ホツマツタヱは早吸日女についてこう語ります。
「アカツチの娘。 
ソサノヲがマナヰのアサヒ宮で見初め、求婚するも叶わず。 
失意のソサノヲは次第にイサワ大内宮の北の局(モチコ・ハヤコ)に出入りするようになる。 
そのソサノヲとの因縁からヤマタノオロチの犠牲となる。」

7200531-2020-07-29-16-02.jpeg

赤土命の娘で、スサノオが求婚するも叶わず、そのスサノオとの因縁からヤマタノオロチの犠牲になったと。
ここでいうスサノオとはスサノオ族、つまり物部族のことだと考えられます。

e38282e381aee381aee381b8e38299e381a8e38186e3819be38184e381aee382b3e38392e3829ae383bc-2020-07-29-16-02.jpg

物部族が速吸の瀬戸を通過したのは、第二次物部東征の時でした。
第一次物部東征時は、鹿児島の佐多岬から出航し、四国南側を進軍しています。
大和での政権獲得を画策する「物部イニエ王」(10代 崇神帝)は、薩摩の「阿多津姫」(木花咲耶姫)を后に迎え、宮崎の西都に至って都萬王国を築きます。
阿多津姫は宮崎で皇子「イクメ」(11代 垂仁帝)を産みますが、そのまま早世してしまいました。

7200532-2020-07-29-16-02.jpeg

第一次物部東征軍が大和入りしたにも関わらず、そのまま磯城・大和王朝に取り込まれてしまったのは、星神信仰の物部族には、大和の太陽の女神を祀る姫巫女の信仰力に対抗することができなかった、とイニエ王は考えました。
当時の政治は、政を行う王と、祭を行う巫女の存在が不可欠でした。
そして民衆は王よりも、神秘的な巫女に絶大な信奉を寄せていたのです。
そこでイニエ王が考えたのは、当時九州はおろか、四国・中国地区の一部にまで影響力を持った絶大な人気を誇る巫女、魏志に邪馬台国の卑弥呼と記された宇佐王国の「豊玉女王」と同盟を組むことでした。

p7200539-2020-07-29-16-02.jpeg

都萬王国から宇佐王国へ海路を進んだ時に差し掛かるのが速吸の瀬戸です。
そこにいたであろう戸畔(女首長)の早吸日女。
ホツマツタヱが伝えることを推察すると、イニエ軍から和睦・同盟を持ちかけられたがこれを拒否、その因縁で殺されたとみるべきでしょうか。

7200548-2020-07-29-16-02.jpeg

ホツマツタヱで早吸日女の父とされる「赤土」に関して同書によると、彼の政庁宮「赤土宮」は別名で「うさのみやゐ」(宇佐の宮居)であると記しています。
つまり早吸日女は宇佐王家の宮家であった可能性が濃厚です。

7200544-2020-07-29-16-02.jpeg

早吸日女神社本殿の裏に回ると、御神水が溢れており、背後の杜は深い神気に包まれていました。

7200545-2020-07-29-16-02.jpeg

神剣を献したのち息絶えたという黒砂・真砂の海女姉妹、彼女たちと早吸日女を同一とみると、当初イニエ王に恭順することを拒んだが、後に宮家に伝わる神剣を献じて恭順、しかしその後暗殺された、という推察もできるのではないでしょうか。

7200546-2020-07-29-16-02.jpeg

そして記紀制作にあたり、宇佐王国と豊玉女王の存在を歴史から消したかった思惑と、神武東征を正当化するための思惑とが相まり、藤原家による全国の徹底した祭神書き換えが為された時、当社祭神から早吸日女の名は消え、祓戸系の神の名が記されるようになったのではないか、と思い至るのです。

c1d-2020-07-29-16-02.jpg

p7200543-2020-07-29-16-02.jpeg

本殿の屋根を飾る千木は、縦削ぎと横削ぎが交互に並んだ珍しいものでした。
よくみると、境内社の千木も、全てそうなっています。
富家が伝えるところでは、千木の縦削ぎが出雲系、横削ぎが物部・海部系なのだそうです。

7200549-2020-07-29-16-02.jpeg

拝殿の正面にある神楽殿を見てみると、

7200551-2020-07-29-16-02.jpeg

サルタ彦を思わせる、大きな天狗の面が置いてあります。

7200556-2020-07-29-16-02.jpeg

宇佐王国・豊家は、徐福と市杵嶋姫夫婦の子孫の血を受けているというのが僕の考えですが、更に言うなら、どちらかといえば物部系の血よりも出雲系の血が濃い一族ではないかと思っています。
攻撃的な一面はありながら、どこか人が良い、実直な印象がとても出雲的です。
帰り際、神門をくぐろうとして隅に見つけた、小さな恵美子社が、とても印象的でした。

7200563-2020-07-29-16-02.jpeg

2513e697a9e590b8e697a5e5a5b3e7a59ee7a4be-2020-07-29-16-02-1.jpg

4件のコメント 追加

  1. Yopioid より:

    瀬戸内の住人ゆえ、タコ刺しのおいしさと、タコテンとビールを不可欠の聖餐とする広島人としては、反省しきりです。タコが多幸で縁起物らしいです。タコ8も出雲ラッキーナンバーですね。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      淡路島に行った時の、生のタコを鉄板でぺったんこに焼く姿焼きがめちゃくちゃ美味しかったです。
      関門海峡近辺には、激流で鍛えられた幻の関門だこなるものがあるそうです。
      超美味という噂ですが、僕はまだ出会っていません。

      いいね: 1人

      1. Yopioid より:

        激流の地域のタイを捌くと、背骨にイボがあります。骨折の跡らしいですよ!

        いいね: 1人

        1. CHIRICO より:

          魚の人生も大変ですね!!
          でも背骨骨折しても泳いでいけるとは。

          いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください