サイノカミ賛歌

闇を祓う朝日に礼拝するように 天からこぼれる雫に手を伸ばすように たわわに実った黄金の穂を慈しむように 無信心で無作法で無礼な僕のような人間に 類まれな夢のような奇跡の時間を与えたまう神に 僕はいったいどれほどの感謝を申…