生島足島神社:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇 01

母「沼川姫」の葬儀を終えたタケミナカタは、母のお気に入りだった翡翠の砂利浜に立ち、日の沈む海を眺めていた。 彼は、異母兄弟のクヒシカタが葛城に移り開拓し始めたとの知らせを受けていた。 「儂もこうしてはおれんな」 タケミナ…

ヒスイ海岸で拾った石

これこそ糸魚川の翡翠原石だと、信じて持ち帰ったコイツ。 糸魚川市にあるヒスイ海岸では、頑張ればヒスイの原石を拾うことができるという話です。 頑張ってみました。 これぞ、と思ったひとつ。 しかしこれではよく分かりません。 …

奴奈川神社:八雲ニ散ル花 蝦夷ノ王篇 00

「のう、姫よ、儂はどうにも其方を好いてしもうたようじゃ。朝から晩まで、姫のことばかり考えておる。 出雲は少しばかりここより遠いが、どうじゃ、儂の元に嫁いでくれんか。」 その遠いという距離を、この男は足繁く通ってくる。 勾…