三峯神社・中編:八雲ニ散ル花 出雲屋敷篇 番外

投稿日:

a070590-2020-11-5-09-00.jpeg

講のシールがベタベタ貼られた鳥居には、「奥宮」の扁額が掲げられています。
ここからショートカットして奥宮への入口へと向かいます。

a070591-2020-11-5-09-00.jpeg

駐車場のそばを通り過ぎ、更に社殿と反対の方向にずいずい進んでいくと見えてきました。
奥宮参道入口です。

a070592-2020-11-5-09-00.jpeg

舗装された、歩きやすい道が続きます。

a070596-2020-11-5-09-00.jpeg

杉並木も心地よい。

a070594-2020-11-5-09-00.jpeg

これは楽勝だな、そんな気持ちにもなっていました。

a070597-2020-11-5-09-00.jpeg

すると白い鳥居が、そんな僕の気の緩みを蔑むように立っています。

a070602-2020-11-5-09-00.jpeg

そこから明らかに道の様子が違います。

a070599-2020-11-5-09-00.jpeg

しかもこれ、森のくまさん案件です。

a070600-2020-11-5-09-00.jpeg

登山中に熊の親子に襲われる事案が発生!

a070601-2020-11-5-09-00.jpeg

こんな山と思ってもご注意を!
おいら一人旅ですよ。
家の人にはどこ行くか言っていないよ。

a070729-2020-11-5-09-00.jpeg

とりあえず、武器を手に取りダンジョンへ向かいます。
・・・CHIRICOは木の杖を手に入れた!

a070603-2020-11-5-09-00.jpeg

杖があると山道は断然歩きやすいです。
熊野の道案内、ヤタガラスの三本足の一本は木の杖だったと思っています。

a070604-2020-11-5-09-00.jpeg

旅先ではいろんな動物に遭遇します。
雪で膝まで埋まった時、目の前をイノシシの親子が通り過ぎて行ったこともありました。

a070605-2020-11-5-09-00.jpeg

が、まだ熊には出会ったことがありません。
というか熊に出会った時が僕のライフもゲームオーバーでしょう。

a070608-2020-11-5-09-00.jpeg

一応常に熊よけの鈴は持っていますが、それだけでは心もとない時は、iPhoneの最大音量で音楽を流すことにしています。

a070609-2020-11-5-09-00.jpeg

てか地味に根っこに足取られまくりです。
木の根道、おそるべし。

a070610-2020-11-5-09-00.jpeg

最初の鳥居から15分ほどが経過。
二つ目の鳥居に着きました。

a070612-2020-11-5-09-00.jpeg

奥宮は妙法ケ岳(標高1329m)の山頂に鎮座しており、参拝は片道約2.5kmの登山となります。

a070613-2020-11-5-09-00.jpeg

何か意味ありげなピラミッドがありました。

a070615-2020-11-5-09-00.jpeg

奥宮は毎年5月3日が山開き、10月9日には山閉の祭事がおこなわれます。

a070617-2020-11-5-09-00.jpeg

山閉の後でも登山は可能ですが、10月7日のこの日はギリギリ山閉前だったので意を決して登山しています。

a070618-2020-11-5-09-00.jpeg

この二つ目の鳥居から先の道が、本当にきつい。

a070728-2020-11-5-09-00.jpeg

途中、ちょっとだけダンノダイラのような平地があったのが救いでした。

a070727-2020-11-5-09-00.jpeg

c1d-2020-11-5-09-00.jpg

a070620-2020-11-5-09-00.jpeg

奥宮までの登山は一般に90分ほどと記されています。

a070622-2020-11-5-09-00.jpeg

しかし健脚な人は60分ほどで登る人もいるようで、まずはその60分を目指して登っていきます。

a070623-2020-11-5-09-00.jpeg

と大きな岩が目につきました。

a070624-2020-11-5-09-00.jpeg

手前にロープが張ってあり、いかにも立ち入りを禁じる雰囲気。

a070629-2020-11-5-09-00.jpeg

これはちょっと、アレなんじゃないですかね、祭祀跡ですよ。

a070626-2020-11-5-09-00.jpeg

登山の途中にこんな岩軍団みちゃったら祀っちゃうでしょ、ふつう。

a070628-2020-11-5-09-00.jpeg

ストーンサークルっぽい感じもしますけどね。

a070630-2020-11-5-09-00.jpeg

と岩群に興奮していたら、緩やかな道になっていました。

a070632-2020-11-5-09-00.jpeg

緩やかではありますが、道が細く、滑落しそうでちょっとビビります。

a070634-2020-11-5-09-00.jpeg

少し歩いたら見えてきました、

a070637-2020-11-5-09-00.jpeg

3つ目の鳥居です。
この鳥居は白いです。

a070638-2020-11-5-09-00.jpeg

そこからは小さなアップダウンが続きますが、

a070639-2020-11-5-09-00.jpeg

足元に石も増えて、やはり歩きにくい。

a070641-2020-11-5-09-00.jpeg

なんか地面から生えている石や

a070642-2020-11-5-09-00.jpeg

でっかい岩もあります。

a070643-2020-11-5-09-00.jpeg

歩きます。

a070644-2020-11-5-09-00.jpeg

岩です。

a070645-2020-11-5-09-00.jpeg

歩きます。

a070647-2020-11-5-09-00.jpeg

岩です。

a070651-2020-11-5-09-00.jpeg

張り出た岩です。

a070653-2020-11-5-09-00.jpeg

どれもこれも磐座に見えてきます。

a070654-2020-11-5-09-00.jpeg

台風や雷でぶち折れた巨木も目立ちます。

a070657-2020-11-5-09-00.jpeg

木の根道トラップも健在。

a070658-2020-11-5-09-00.jpeg

これなんか、いかにも祭祀してそう。

a070661-2020-11-5-09-00.jpeg

まだまだ道は続きます。

a070662-2020-11-5-09-00.jpeg

木の根道は木の根を踏んで歩くと楽ですが、木を傷めてしまうのでなるだけ根を避けて歩きます。

a070663-2020-11-5-09-00.jpeg

大きな峰が見えてきましたが、奥宮はここではありません。
この先にある峰になります。

a070664-2020-11-5-09-00.jpeg

と、ありました、四の鳥居。
小ぶりな鳥居ですが、古びた木が侘びて神々しい。

a070666-2020-11-5-09-00.jpeg

赤い奥宮の文字も尊いです。

a070667-2020-11-5-09-00.jpeg

この四の鳥居を過ぎたら、奥宮まではあと少しだと聞いています。

a070668-2020-11-5-09-00.jpeg

頑張ります。

a070669-2020-11-5-09-00.jpeg

頑張ります。

a070670-2020-11-5-09-00.jpeg

これまた唐突に鉄の階段がありました。

a070722-2020-11-5-09-00.jpeg

ここでこれまで僕の足を助けてくれた杖をジェットソン。

a070671-2020-11-5-09-00.jpeg

登って、

a070672-2020-11-5-09-00.jpeg

降りていきます。

a070674-2020-11-5-09-00.jpeg

階段を降りていると、左手に巨大な磐座を発見!

a070678-2020-11-5-09-00.jpeg

これは間違いなく磐座でしょう。

a070679-2020-11-5-09-00.jpeg

大きな磐座がこれで、反対側の斜面を見ると

a070720-2020-11-5-09-00.jpeg

棒状のこんな岩を発見!
こんなん見つけたら、大彦も豊彦もにんまり、サイノカミを祀ろうってものです。

a070677-2020-11-5-09-00.jpeg

三峯神社ってやっぱり出雲系の匂いがプンプンします。

a070683-2020-11-5-09-00.jpeg

妄想を膨らませつつ歩いていくと、見えました、最終ステージ。

a070685-2020-11-5-09-00.jpeg

登ります。

a070686-2020-11-5-09-00.jpeg

最後は鎖場。
よじ登って、

a070691-2020-11-5-09-00.jpeg

到着~っ!
ここまで約60分、だいたい目標通りのタイムです。

a070689-2020-11-5-09-00.jpeg

展望台っぽい台からは

a070690-2020-11-5-09-00.jpeg

地蔵峠や霧藻ヶ峯、白岩山、雲取山が続く尾根を見渡す絶景が見れるはずですが、雲がかかっています。

a070693-2020-11-5-09-00.jpeg

狭い山頂部にこじんまりと祀られた三峯神社奥宮。

a070692-2020-11-5-09-00.jpeg

その社の前にもお犬さまが鎮座していました。

a070696-2020-11-5-09-00.jpeg

日本武尊が東夷平定の帰りに三峯に伊弉諾尊・伊弉册尊を祀った時、道案内をつとめたのというのがオオカミだったと伝えられます。
その忠実さと勇猛さによって三峯神社の神使(眷属)となりました。

a070697-2020-11-5-09-00.jpeg

社記によると、享保12年9月13日の夜、日光法印が山上の庵室で静座していると、山中から狼が群がって境内に充ちてきたのだと云います。
法印は、これを神託と感じて猪鹿・火盗除けとして山犬の神札を貸し出したところ霊験があったとされます。

a070701-2020-11-5-09-00.jpeg

これらをもって、御眷属信仰・山犬信仰が、三峯講の働きもあって三峰信仰の中心となっていきました。

a070703-2020-11-5-09-00.jpeg

この眷属(山犬)は1匹で50戸まで守護すると言われています。
文化14年(1817年)12月14日に各地に貸し出された眷属が4000匹となり、また文政8年(1825年)12月2日には5000匹となり、それぞれ山犬信仰の広まりを祝う式が行われたそうです。

a070706-2020-11-5-09-00.jpeg

明治後期の文献と思われる「御眷属拝借心得書」には、「御眷属を受け家へ帰られたならば、早速仮宮へ祀られ注連縄を張り、御神酒・洗米を土器に盛り献饌し、不潔の者の立ち入らぬようにされたい」と記してあります。

a070694-2020-11-5-09-00.jpeg

奥宮の左端に秩父宮殿下御登山記念碑があります。

a070698-2020-11-5-09-00.jpeg

その奥へちょっと足を踏み入れると、

a070708-2020-11-5-09-00.jpeg

木の根が絡みついた岩が突き出ています。

a070715-2020-11-5-09-00.jpeg

岩先へゆっくり歩み出ると、

a070717-2020-11-5-09-00.jpeg

超☆絶☆景!

a070716-2020-11-5-09-00.jpeg

左から右へと続く尾根の先には、三峯神社の建物がわずかに見えています。

a070712-2020-11-5-09-00.jpeg

しかしこの岩の先は紛うことなき断崖絶壁。
柵もなければ安全ネットもありません。

a070711-2020-11-5-09-00.jpeg

景色に見とれて足を踏み外せば命は無いので、早々に引き返しました。

a070699-2020-11-5-09-00.jpeg

そして下山し、改めて御本社参拝です。

a070725-2020-11-5-09-00.jpeg

2613e4b889e5b3afe7a59ee7a4bee5a5a5e5aeae-2020-11-5-09-00.jpg

2件のコメント 追加

  1. 8まん より:

    CHIRICOさんお疲れさまでした。健脚時間で奥宮とは流石です。私の時はもう少し掛かりました。
    秩父といわず山奥地は本来、人の行き来する場でなく山に住む動物の居場所、こちら側の配慮が必要なんだろなと。
    ちなみに熊ではないですが三重の伊射波神社に向かう途中で野生の猪に遭遇したことがあります。
    その時は男三人だったので、猪は私達の横を抜けて行きましたがまさに猪突猛進。ヒヤリとしました。一人だったら襲われてたかもしれません。
    CHIRICOさんも無事でなによりです。(笑)

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      たしかに、あの世界は僕らのものでは無いと思われますね。
      お客としての配慮は大切です。
      それを忘れなければ、暖かく迎えてもらえるものです。

      なるほど、伊射波神社はまだ未参拝ですが、そんなところにあるのですね。
      伊勢もまだまだ訪ねたい場所がたくさん残っていて、数回は予定を組まなくてはなりません。
      千葉方面も来年早々には行きたいのですが。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください