舟津神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 10

大彦は近江から敦賀へ行き、そのあと八田という所に着き、舟場より舟に乗って東進した。 そこで老翁の教えを受け、さらに安伊奴彦の手引きで深江という所に到った。 そこに舟を着けたので、舟津という。 またそこの山に上ると、以前に…