櫻井神社 2021旧正月参拝と今後のご報告

投稿日:

2050002-2021-02-21-10-50.jpg

コロナ禍の旧正月でも、春は忘れていない。

2050005-2021-02-21-10-50.jpg

近年は恋人たちのデートスポットとしても有名な糸島。
そこに鎮座する櫻井神社を参拝しました。

2050008-2021-02-21-10-50.jpg

参道も趣があり、立派な石の太鼓橋を渡ることもできます。

2050006-2021-02-21-10-50.jpg

横から見るとこんな感じ。

2050009-2021-02-21-10-50.jpg

緊急事態宣言下で翼を封じられている僕ではありますが、すでにネタは50個ほど用意しておりまして、ブログの更新には差し障りはないのですが、

2050010-2021-02-21-10-50.jpg

旅してぇ~!

2050014-2021-02-21-10-50.jpg

なんだか世の中が変な方向に向かっているので、あと何回旅ができるのか心配しています。
もはや行きたいところの全てをコンプリートすることは、諦めかけています。
優先順位をつけて、行かなければならない場所から旅をする。

2050012-2021-02-21-10-50.jpg

いつ見ても立派な楼門。

2050016-2021-02-21-10-50.jpg

そういえば櫻井神社も、古くは「興止妃神社」(よどひめじんじゃ)と呼ばれていました。
伊都国は邪馬台国・豊玉女王の支配下でしたので、当然といえば当然か。

2050019-2021-02-21-10-50.jpg

楼門横には猿田彦社が鎮座します。

2050021-2021-02-21-10-50.jpg

参道にサルタ彦を祀る神社は多数ありますが、

2050020-2021-02-21-10-50.jpg

サイノカミまであるのはガチ勢です。
ガチの出雲勢。
豊玉姫に出雲の血が流れていたことの証ともいえます。

2050022-2021-02-21-10-50.jpg

さて、これからの更新スケジュールとして、「愛瀰詩ノ王篇」シリーズを完結させます。
が、当シリーズの後半は謎多き「ミシャクジ奇祭」に関わる内容であり、少々手こずっています。やれやれ。

2050017-2021-02-21-10-50.jpg

その後は「龍宮ノ末裔篇」へ続き、「土雲歌譚篇」となります。
たぶん今年の前半はこの辺りで力尽きそう。

2050018-2021-02-21-10-50.jpg

だがしかし!その前にやらねばならぬことがあるのです。
そう、執筆です。
一応、大筋のストーリーはできています。
あとはこれを、本の体になるように肉付けしていく作業になりますが、まだまだ時間がかかりそうです。

2050024-2021-02-21-10-50.jpg

身に余る光栄にして、ありがたき幸せ。
苦しくも幸せな時間を今、僕は過ごしています。
しばらくはブログの更新は滞りがちで、Facebookやネットの巡回などもおざなりになるでしょう。
申し訳ありません。

2050023-2021-02-21-10-50.jpg

私が頂いた幸運は、富氏が書かれた大元出版の書籍を、より多くの人に興味を持ってもらえるようなものを書き上げることで、ご恩返ししようと思っています。
ご恩返しになれるかどうか。
とにかく精一杯書いてみます。
春までに。

2050011-2021-02-21-10-50.jpg

櫻井神社社殿の向い、

2050028-2021-02-21-10-50.jpg

そこには伊勢神宮から下賜された廃材で建てられた「櫻井大神宮」が鎮座します。

2050029-2021-02-21-10-50.jpg

まことに幽玄な参道。

2050031-2021-02-21-10-50.jpg

本殿の手前に、なにやら鳥居のようなものがありました。

2050033-2021-02-21-10-50.jpg

これは初めて気が付きました。

2050032-2021-02-21-10-50.jpg

令和の御世に記念されてできたもののよう。
「大神宮古殿地標示之門」とあります。

2050034-2021-02-21-10-50.jpg

元はこの先に大神宮が鎮座していたのでしょうか。

2050039-2021-02-21-10-50.jpg

確かに、並々ならぬ神気が宿っているような、気がしなくもない、かも。

2050035-2021-02-21-10-50.jpg

伊勢の内宮と外宮を併せ持つ、という櫻井大神宮。

2050038-2021-02-21-10-50.jpg

その祭神の真の御姿が、出雲の太陽の女神と豊玉姫の娘・豊姫であると知れば、この興止妃神社と呼ばれた社に二柱の神が祀られているのは、感慨深く感じられるものです。

2050037-2021-02-21-10-50.jpg

失われた古代日本史の麗しさ、その導きとなるような書籍を書かんとする決意を申し奉って来たのでした。

2050026-2021-02-21-10-50.jpg

8件のコメント 追加

  1. nakagawa より:

    櫻井神社いいですね。
    私も御本を楽しみにさせていただいてます。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      訪れるたびに、良いところだなとしみじみ思いますね。
      本は広く、大元出版の世界への入り口になると良いなぁと思いながら書いております。
      が、なにせ本など初めてのことで、とにかく苦戦中です😅
      nakagawaさんのお眼鏡に叶うよう、がんばります!

      いいね: 1人

  2. 8まん より:

    こちらもサイン入りで一冊お願いします。
    陰ながら応援させて頂きます。がんばれー。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      あざまーす!
      猪突猛進、猪突猛進!

      いいね

  3. Yopioid より:

    サイン入りで一冊お願いします!頑張ってください。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      おおーあざまーす!
      ついでに涙とよだれで汚れた原稿用紙もおまけで付けときまーす😀

      いいね: 1人

  4. CoccoCan より:

    旅したいですね。写真を辿っていくと心が凪いで行くのを感じます。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      近くに良いところも沢山あるんですけどね、やっぱり旅した〜い!!です^ ^
      最近はなんか、黒田鉄山さんという達人の居合い斬りの動画を見て、心を凪させています😀

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください