鈴鹿明神社:八雲ニ散ル花 愛瀰詩ノ王篇 番外

投稿日:

4191118-2021-05-4-07-35.jpg

欽明天皇の御代、伊勢の鈴鹿から座間に遷ってきた鈴鹿神は、持参した財宝もあって豊かに暮らしていた。
その頃、勝坂にいた有鹿の蛇神はこの財宝を横取りしようと鈴鹿の森に潜み機会を狙っていた。
これに諏訪明神と弁財天が鈴鹿神に加勢し、三神がそれぞれ大蛇に変身して有鹿神と戦った。
争い敗れた有鹿神は上郷へ追い払われ、それ以来、勝坂へ帰ることができなくなったと云う。

– 『座間古説』 –

c1d-2021-05-4-07-35.jpg

4191107-2021-05-4-07-35.jpg

縄文時代中期の大規模集落「勝坂縄文遺跡」の谷側に美しい田園がありました。

4191111-2021-05-4-07-35.jpg

非常に貴重な動植物の宝庫のようで、鳩川・縄文の谷戸の会の方々が大切に守ってあるそうです。

4191109-2021-05-4-07-35.jpg

それにしても滔々と湛えた豊かな清水、

4191085-2021-05-4-07-35.jpg

その水源がこの奥にあります。

4191086-2021-05-4-07-35.jpg

そう、再びやってきました、「有鹿神社奥宮」。

4191087-2021-05-4-07-35.jpg

今回の目的は、前回失念していた御神体「有鹿窟」です。

4191089-2021-05-4-07-35.jpg

奥宮一帯を潤す水の出どころがここ、

4191092-2021-05-4-07-35.jpg

有鹿窟となります。

4191096-2021-05-4-07-35.jpg

窟と呼ぶにはささやかですが、小さな穴からは清らかな水がこんこんと溢れ流れています。

4191094-2021-05-4-07-35.jpg

有鹿神社の例祭「水引祭」(みずひきまつり)では、4月8日に本宮よりこの有鹿窟へ霊石が運び込まれ、6月14日に還御するのだそうです。

4191099-2021-05-4-07-35.jpg

この水が鳩川に流れ、その水は相模国の田園を潤してきました。

4191100-2021-05-4-07-35.jpg

まさに命の源である有鹿窟は御神体として、古くから大切に祀られてきたのです。

4191105-2021-05-4-07-35.jpg

見れば他の場所でも水が湧き流れています。

4191103-2021-05-4-07-35.jpg

この丘の上には縄文時代中期の大規模集落があったのですが、そこに住んでいたのは、祭祀に関連した有力豪族であったことが想像されます。

4191106-2021-05-4-07-35.jpg

c1d-2021-05-4-07-35.jpg

4191128-2021-05-4-07-35.jpg

さて、有鹿の本宮と奥宮のちょうど中間あたり、座間市に「鈴鹿明神社」(すずかみょうじんしゃ)が鎮座しています。

4191127-2021-05-4-07-35.jpg

祭神は「伊邪那岐命」(いざなぎのみこと)と「素戔鳴尊」(すさのをのみこと)の二柱。

4191129-2021-05-4-07-35.jpg

このうち素戔鳴尊は、当地で疫病が流行った際に鎮まることを祈って京都祇園の八坂神社より勧請されたとのことです。

4191130-2021-05-4-07-35.jpg

入り口側にはサイノカミが掘られた石祠があります。
ここも出雲系なのでしょうか。

4191125-2021-05-4-07-35.jpg

ところが当社には「竜神いじめ」という雨乞い神事が行われていたと伝えられていました。
神職が雨乞いの祈りを捧げた後、氏子たちが御神酒を頂き、さらに底に竜を彫った敷石がある弁天池の水を汲み出すことによって水を干された竜神に雨を降らせるという神事でしたが、詳細な資料は現存していないということです。

4191133-2021-05-4-07-35.jpg

その竜の敷石が今も沈んでいるというのは厳島神社の池だと云います。

4191126-2021-05-4-07-35.jpg

確かに出雲族は龍神信仰を持っていましたが、彼らがその神をいじめる祭りを果たして行うだろうか。

e5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a-1-2021-05-4-07-35.jpg

また、『座間古説』や当社の由緒として、有鹿神社と争った説話縁起「有鹿と鈴鹿の神争い」の話が存在しています。
伊勢神宮のある鈴鹿からやってきた鈴鹿神はたくさんの財宝を持っていて、それを有鹿神が奪い取ろうとして敗れたという内容です。
それによって有鹿神は奥宮のある勝坂へ帰ることができなくなり、仕方なく追い払われた上郷(海老名)の総鎮守となったという話です。

4191113-2021-05-4-07-35.jpg

この話を調べれば調べるほどに、違和感を感じてしまいます。
相模国に古くから定住していた一族は有鹿族のほうであったと、これは容易に想像つきます。
そこへある時、鈴鹿族が移住してきた。

4191120-2021-05-4-07-35.jpg

有鹿神社の由緒書『有鹿神社略記』によると、祭神の有鹿比古命は太陽神の男神であり、有鹿比女命は水神の女神であるとされています。
御神体が湧出する清水であることから、農耕と生命の守護神である側面を窺わせます。
また、その姿は蛇であるとも伝えられ、全てが出雲族の信仰に合致しています。
故に有鹿神社が寒川神社の元宮であるという可能性にも納得するものです。

4191116-2021-05-4-07-35.jpg

これに対し鈴鹿明神社の創建年代は不明ですが、神争いによると欽明天皇の御代(539~571年)には当地に鈴鹿族が移住していたことを物語ります。
また鈴鹿明神の祭礼では、神輿が毎年6月7日に鈴鹿の森を出て大川原(相模川原)へ「浜降り」をし、14日まで宮川家前で休息してその後に還御するそうです。
この宮川家というのは鈴鹿明神が当地に移住する際、伊勢の宮川から付き添ってきた人々の子孫だという話です。
宮川家の名の由来となる伊勢宮川は豊受大神宮(外宮)の禊川であり、かつては「豊宮川」と呼ばれていたそうです。
豊受大神宮は本来、豊家の月読神を祀っていましたが、今は豊玉姫の娘「豊姫」(豊鍬入姫)を豊受大神として祀っています。

4191124-2021-05-4-07-35.jpg

鈴鹿にある椿大神社は、大和入りした物部イクメに裏切られて逃げた豊姫が匿われた社であり、そこでイクメの刺客に暗殺された場所でもあります。
豊姫を受け入れた椿大神社の宇治土公家は、三輪山の登美・賀茂家の分家にあたり、やはり出雲系の豪族でした。
宇治土公家はサルタ彦を祭祀する家柄でしたが、豊姫の死を悼み、敷地内で彼女を天鈿女(アメノウズメ)として祭祀することにしました。

4191121-2021-05-4-07-35.jpg

つまり当地に移住してきた鈴鹿族とは、豊族を従えた宇治土公家の末裔であるというふうに考えることができます。
しかし僕が抱く違和感は、「竜神いじめ」の神事に加え、肝心のサルタ彦祭祀の痕跡が当社神域に窺えないことにあります。
彼らが宇治土公家であるなら、その主神を真っ先に祀らぬはずがありません。
唯一出雲を連想させるものは、参道入り口にあったサイノカミの石塔くらいのものでした。

4191115-2021-05-4-07-35.jpg

有鹿神社の「水引祭」(みずひきまつり)では、4月8日に本宮より奥宮傍の「有鹿窟」へ霊石を運び、6月14日に還御します。
これは「有鹿さまの水もらい」とも呼ばれる神事で、霊石が「有鹿窟」に安置されている約2ヶ月間はかつて、鳩川の水の利用権が海老名周辺の人々に優先され、座間郷の人々が利用できなかったと云われています。
これに対し、鈴鹿明神の祭礼では、神輿が6月7日に鈴鹿の森を出て、同じく14日に還御します。
この際、有鹿の神は鈴鹿の神輿の引き上げるのを待ってからその後を通るのが習わしであったそうですが、有鹿の氏子を困らせるため、鈴鹿の神輿の出発をわざと遅らせる事もあったと伝えられています。

4191122-2021-05-4-07-35.jpg

このように神争い以降も争いが続いた双方ですが、享保の頃から有鹿神社の水引祭の神輿が勝坂に向かうのに際して、河原宿の南で鈴鹿明神の神輿が出迎えて先導するようになり、勝坂にて祭を共にするよう和合したそうですが、これも明治初期に鈴鹿の氏子が離れると、有鹿と合同の神輿渡御は行われなくなったと云うことです。

4191131-2021-05-4-07-35.jpg

c1d-2021-05-4-07-35.jpg

4191134-2021-05-4-07-35.jpg

有鹿神社の程近く、住宅街の一角に「三王三柱神社」があります。

4191135-2021-05-4-07-35.jpg

そこに「有鹿の井戸」と呼ばれる遺跡がありました。

4191137-2021-05-4-07-35.jpg

この辺りの鳩川用水から中新田と河原口に分流する地点が袋状だったので、「有鹿袋」とも呼ばれていました。

4191138-2021-05-4-07-35.jpg

また、有鹿の池より出現した神体石をここで洗ったという伝承から、「有鹿姫の化粧井戸」とも伝えられていました。

4191139-2021-05-4-07-35.jpg

4件のコメント 追加

  1. 8まん より:

    こんばんは。CHIRICOさん。旅から戻りました。
    今回、私が訪れたのは岡山県の牛窓神社、御朱印は頂けなかった(時間に間に合わず)縣主神社。
    そして移動して佐賀県は陶山神社、有田焼の御朱印帳を頒布するあちこちが有田焼だらけの神社。長崎は唐津神社。福岡は紅葉八幡宮。(AR御朱印が有名) 山口は松陰神社。島根にて再訪、出雲大社、日御碕神社。長野にて再訪、諏訪四社。にて埼玉に帰りました。
    車で一人で向かったため、帰って来てから寝込んでました。(笑)
    今回は地域の居酒屋で地酒というのは諦めました。リスクは出来るだけ避けようかと。
    有田焼の街にて、ぐい呑み位は購入しようと、ご年配の夫婦のお店に入って冷汗を掻く。「ぐい呑み高っ。」この周辺の有田焼の街は人気が無く閑散としていて、ご夫婦ともお話したのですが、コロナの影響で陶器市も出来ない上、人も来ない。本当に死活問題なんだとか。情にほだされてそこそこする値段のものを購入。きちんと箱があって、但し書きのついた由緒正しい焼き物。・・・旅の路銀が・・・。有田焼の価値が分からないけど使い勝手の良いものを購入してるし、ちょっとでも有田焼の業界に貢献出来るのならそれで良しと。
    本来ならもう少し九州を堪能してから帰るつもりだったのですが予算面で帰宅が早まりました。
    そうそう、CHIRICOさん、諏訪四社参りの授与品が変更になってます。なんと時節柄のマスク。また、奉賛金も募集していて、3000円からだと梶の葉紋の帽子。8000円からだとネクタイ。今まで、出雲さんと阿蘇さんに奉賛金納めてみましたが返礼品が出たのは初めてだったのでちょっとびっくり。

    んで、帰宅して早々にオイル交換やら何やら。車のメンテ済ませて、今日まで引き籠りました。気分的には疲労感でいっぱいで明日からの仕事に大きな支障があるのですが、久しぶりの神社巡りと御朱印巡りで、憑き物は取れてる感じなんで頑張ります。明日から。
    旅の報告でした。(笑)

    今回はコロナによって色々な所が本当に打撃を受けているなと実感しました。一年も経っているのにPCR検査を国民に徹底出来るようにしておけば、
    ここまでの状況悪化を出すこともなかったろうに。オリンピックなんて諦めてしまえばコロナにもう少し対応できるだろうに。
    ちとぼやきます。
    CHIRICOさん、変異コロナは大事になりそうですよ。この国でも。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      8まんさん、すごい長旅でしたね、お疲れ様です。
      リフレッシュできたようでなによりです。

      この国は国民に過酷な努力を強いていながら、いまだ毎日2000人の外国人を受け入れているのです。
      そりゃ変異株も猛威を振るいますよ。
      僕らの努力は何なのでしょうね。

      でも混乱してパニックになるのは思う壺。
      違和感の裏には人の思惑が隠されているものですが、このコロナの大狂乱は違和感の総合デパートです。
      冷静に、気長に根気強く向き合っていくほかありません。

      いいね

  2. CoccoCan より:

    文字通り「清水」ですね。日本の土地の豊かさと繊細さを感じます。

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      コメントありがとうございます♪
      神奈川の街中に、古代から滔々と溢れ続ける清水、まったく素晴らしいの一言でした。
      近代化の中で消えゆく史跡も多いのでしょうが、少しでも多く、このような場所が残り続けてほしいと願います。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください