別府弁天池

投稿日:

b041150-2020-07-24-07-27.jpeg

例年の酷暑に気分だけでも涼を、と小ネタ的な記事をアップします。
山口県美祢市秋芳町にある「別府弁天池」です。

b041121-2020-07-24-07-27.jpeg

秋芳町といえば「秋芳洞」をはじめとする鍾乳洞が有名ですが、カルスト大地特有の景色も見応えがあります。

b041122-2020-07-24-07-27.jpeg

まるで羊が群れなすような石灰岩の数々。

b041124-2020-07-24-07-27.jpeg

古代の祭祀跡のような雰囲気さえ漂わせています。

b041127-2020-07-24-07-27.jpeg

c1d-2020-07-24-07-27.jpg

b041131-2020-07-24-07-27.jpeg

そんなカルスト大地の片隅に鎮座する厳島神社にある湧水池が「別府弁天池」(べっぷべんてんいけ)です。

b041138-2020-07-24-07-27.jpeg

池から湧き出でる地下水は昭和60年(1985年)に名水百選に選定されました。

b041140-2020-07-24-07-27.jpeg

当地の伝承によると、そのむかし堅田の長林という林を開墾するために日夜努力していた当地の長者おりました。

b041141-2020-07-24-07-27.jpeg

長者はある時、夢に現れた老翁に2つの鎌を託され、林を切り開くように言われます。
そこで言われた通りに開墾していましたが、水がなくて困っていました。

b041147-2020-07-24-07-27.jpeg

そうしたところ、諏訪明神より「これより北にある弁財天を勧請して祭りをすれば、必ず神の恵みがある」とのお告げがあり、早速に社を建立し祭を催すことに。

b041142-2020-07-24-07-27.jpeg

するとその夜、わかに水が湧き出し、実に清らかな池になったのです。

b041134-2020-07-24-07-27.jpeg

以来、毎年秋にはこの神与の水に感謝の気持ちをこめ、念仏踊りが奉納されているのだそうです。

b041148-2020-07-24-07-27.jpeg

水温14. 5℃、カルシウム含有量が20PPmで人間の味覚にあう良水は、毎秒約168リットル湧出し続けています。

b041129-2020-07-24-07-27.jpeg

この水は地域の方々の飲み水等の生活水でもある為、手や足を池の水に浸ける行為は禁止されています。

b041149-2020-07-24-07-27.jpeg

しかし光が差し込み、コバルトブルーからエメラルドグリーンにグラデーションを描く奇跡の水は、眺めているだけでも心に涼を届けてくれるのでした。

b041136-2020-07-24-07-27.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください