赤岩神社

投稿日:

8030626-2021-08-11-07-15.jpg

創立年月不詳、往古より大神山神社の摂社にして赤磐権現と号す。最も幽邃にて赤岩壁立つ間に鎮座地あるを以て此の社号あり、明治元年赤岩神社と改称せらる。

– 鳥取県神社誌より

c1d-2021-08-11-07-15.jpg

8030595-2021-08-11-07-15.jpg

蒜山の茅部神社からの帰り道、ちょっと面白そうなところがあったので足を伸ばしました。
鳥取県西伯郡伯耆町に鎮座する「赤岩神社」(あかいわじんじゃ)、そこは磐座を拝める神社でした。

8030598-2021-08-11-07-15.jpg

神社は非常にわかりにくい場所にありました。
車を乗り入れるのも一苦労。

8030599-2021-08-11-07-15.jpg

ここは大山の大神山神社の摂社、なので出雲系の神社となります。

8030602-2021-08-11-07-15.jpg

味わいのある天然石の手水の奥に

8030601-2021-08-11-07-15.jpg

いくつかの道祖神があってほっこりします。

8030603-2021-08-11-07-15.jpg

もうね、この辺から磐座感が半端ないですよ。
まるで祭壇のような巨石。いつ頃から転がっているんでしょうね。

8030667-2021-08-11-07-15.jpg

そして岩を虐げるように根を絡ませる、逞しい樹木。

8030604-2021-08-11-07-15.jpg

素朴な神門の前には

8030668-2021-08-11-07-15.jpg

狐と狛犬が仲良く並んでいます。

8030669-2021-08-11-07-15.jpg

この狐はあれですね、茅部神社にあったやつと同じです。
やっぱり狐ですかね。狼ではないですかね。

8030605-2021-08-11-07-15.jpg

神門は遥拝殿を兼ねているようで、

8030610-2021-08-11-07-15.jpg

それもそのはず、その先は氣が遠くなるような階段が続いているのです。

8030613-2021-08-11-07-15.jpg

しかしその階段の両端にもゴツゴツと巨大な岩が無造作に転がっていて、僕をワクワクさせます。

8030612-2021-08-11-07-15.jpg

年季を感じさせる階段は、中程でうねっています。

8030615-2021-08-11-07-15.jpg

階段も岩も苔がびっしり。

8030614-2021-08-11-07-15.jpg

杜の樹勢も良く、水の氣が豊富なのを感じます。

8030616-2021-08-11-07-15.jpg

せわしなく左右をキョロキョロしながら登っていると、いつの間にか社殿が見えていました。

8030617-2021-08-11-07-15.jpg

ジャジャンジャンジャジャン

8030619-2021-08-11-07-15.jpg

ジャジャンジャンジャジャン

8030623-2021-08-11-07-15.jpg

チャララ~ン
どうよ、この秘境感!
なにこの石の砦、すごすぎ~ぃ♪

8030629-2021-08-11-07-15.jpg

赤岩神社の名に恥じぬ、赤岩を背負って建つ社殿。
祭神は「天津彦火瓊瓊杵尊」「大山祇命」「木花開耶比売尊」「速須佐之男神」「稲田比売神」、なんでやねん。
物部の神はいらんやろがい。

8030627-2021-08-11-07-15.jpg

社殿には見事な龍の彫り物、おそらく本来の祭神は大山祇=クナト神でしょう、たぶん。
いや、ちがうな。
当社のまことの祭神は稲田比売=幸姫(さいひめ)なのです、きっと。

8030631-2021-08-11-07-15.jpg

社殿は一見、赤い岩を背負うように建っていると見せかけて、

8030638-2021-08-11-07-15.jpg

奥の窪地を隠しています。

8030637-2021-08-11-07-15.jpg

これはアレですよ、天の岩戸、サイノカミノの女神です。

8030632-2021-08-11-07-15.jpg

伯耆富士とも呼ばれる大山がクナト神ならば、ここが対となる女神岩なのでしょう。
その神秘を隠すように社殿が建てられています。

8030634-2021-08-11-07-15.jpg

それにしてもこぼれ落ちてきそうな赤い巨岩。

8030635-2021-08-11-07-15.jpg

赤い色はこの社殿の周囲のみで、少し離れると普通の岩色に近づきます。

8030639-2021-08-11-07-15.jpg

これは岩の中の鉄分が滲み出て錆びた色なのでしょうか?
ならば製鉄民族の御神体となるのも頷けます。

8030640-2021-08-11-07-15.jpg

お隣の南部町には、大国主命を絶命せしめた焼ける岩を祀った、似た名前の「赤猪岩神社」(あかいいわじんじゃ)が鎮座していますが、

8030633-2021-08-11-07-15.jpg

しかしこちらの磐座の方が伝承にぴったりです。
向こうは完全にドルメンですし、むしろこの赤岩が元ネタなのでは?

8030646-2021-08-11-07-15.jpg

焼け燃え猛る磐座に、畏怖の念を覚えます。

8030659-2021-08-11-07-15.jpg

長居は無用と磐座を後にしかけて振り返ってみれば、

8030641-2021-08-11-07-15.jpg

ええ~っ、なにこれなにこれ!

8030643-2021-08-11-07-15.jpg

そこそこの質量の岩の柱が立っていますよ、クララが立ってるよ。

8030644-2021-08-11-07-15.jpg

頭には木が1本、

8030661-2021-08-11-07-15.jpg

胴はひび割れ、

8030653-2021-08-11-07-15.jpg

足元は小さな石が支えるのみ。

8030648-2021-08-11-07-15.jpg

でもクララは立っている、すんごい不思議。

8030660-2021-08-11-07-15.jpg

自然と岩が割れ剥がれてこのようになっているのか、倒れていた岩を人力で立てたのか、不思議~ぃなこの岩はそのうち倒れてしまうかもしれません。
クララに逢いたければ、早めに参拝した方が良いでしょう。

8030630-2021-08-11-07-15.jpg

三徳山三佛寺の投入堂はパートナーが見つからず断念。
茅部神社の天の岩戸は遥拝施設立ち入り禁止で断念。
断念続きの今回の旅でしたが、ここに来てすごいものを見せてもらいました。
やっぱ旅って面白い。

8030666-2021-08-11-07-15.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください