賣沼神社:八雲ニ散ル花 八上恋歌篇 03

騒々しいのは嫌いだわ。 夏を惜しむ蝉の高鳴りも、姫さま、姫さまと騒ぐ家の人たちも。 小川のせせらぎに足を漬けて、私はのどかな曳田の空を眺めていた。 「姫さまー」 また呼んでる。分かっているわよ、あの人が来ているんでしょ。…